演劇界の野田秀樹さんの新型コロナウイルス御意見も貧困問題

演劇と新型コロナウイルス

演劇人野田秀樹さんの、苦悩の意見書はどういう内容?

新型コロナウイルス対策で、あらゆるイベントが中止になっています。

総理大臣の一声で、日本の幼稚園と小中高校を3月頭で終了し、長い春休みが始まったことと少し関係するでしょうね。

スポーツイベントでは、選手と関係者だけの無観客試合がいくつか行われました。大相撲もそうです。

人が集まるのを禁止?

そこに、プロ演劇界の野田秀樹さんが意見したのです。こういう内容です。

「感染症の専門家と協議して、対策を十全に施す前提で言う」。

「予定される公演は実施されるべき」。

「ひとたび劇場を閉鎖した場合、再開が困難になるおそれがあり、演劇の死を意味」。

「劇場閉鎖の悪しき前例をつくってはならない」。

「身勝手な芸術家たちという風評が出回ることを危惧する」。

「公演収入で生計をたてる多くの舞台関係者にも思いを向けるよう願う」。

ネットで、激しく批判されました。

国民からバッシングされた、イベント継続の焦点はどこ

批判の多くは、こうです。

「コロナで死ぬかも知れないのに、劇の舞台だけはやりたいなんて、身勝手な意見」。

このもっともらしい意見には、ある立場が抜けています。

何だろう

演劇関係者の貧困化です。劇をやめたら一部の俳優や、舞台づくりの作業者は飢え死にへと向かうのです。月給じゃないから、休めば収入が消えます。

企業のパートタイムやアルバイトなどの従業員も、演劇関係者と同じ立場ですね。

そういう人は増えている?

この問題は今の日本で起きている、次の二つの変化が焦点です。

平成の30年間に、国民はしだいに貯蓄を減らし、生活費の準備がもうない。

非正規雇用の促進で、時給や日給や出来高で収入を得る者が増えている。

それを言えばよかった?

「公演収入で生計をたてる」が一番言いたかったことなのです。

そう言いたいところを「演劇は観客とともに作品をつくる、その場限りの芸術である」という前置きを持ってきたから、かっこうのバッシング対象にされました。

欧米と違い日本には、芸術がわからなくて嫌いな人が多いからです。

収入がある人が叩く?

批判する人には、日本国内に起きている怖い変化にも触れて欲しかったのです。

ウイルスに耐えられない日本へ、構造を変えていた

平成の主流となった経済的信条は、次の二つのスローガンでした。

「国の借金をなくそう」。この思想はフェイクです。

「株主の利益を最大に」。この思想はレントシーキングです。

どんな政策がとられた?

政府財政出動を、なるべく切り詰めてきました。国民の手に貨幣を与えない方針です。

法人税を下げて、消費税を上げてきました。国民所得をマネーゲーマーへ献上します。

正規雇用を減らして、非正規雇用を増やしました。労働賃金のカットです。

国民ビンボー化作戦ね?

その結果、お金がなくて微生物の攻撃にキリキリ舞いする日本人の姿です。

貧困で動けない日本のトロさを、世界はバッシングしています。日本は隣国から受動的にやられているのに、悪事の張本人として論じられるありさまです。

もし世界中が自己責任論がモットーなら、「日本人全員死んでね」になっちゃうわけですから。イメージダウンで、世界中からゴミみたいに差別されたりしませんかー。

日本はウイルス発生源じゃないし

ウイルスが発生した中国がけんめいに対応していると、感染してダラダラした日本へ世界のバッシングが向かってくる悲しい現実です。

ダイアモンドプリンセス号が横浜から欧米にまき散らしたみたいな、人聞きの悪い印象もつくられてしまっています。

日本はどうすべき?

お金を使えばよいのです。簡単な話です。

国内のお金は、各国が自主的に増やします。通貨発行権と呼びます。打ち出の小づちといえるデジタル貨幣プリンターです。国際的な制度がそうなっています。

ところが日本だけが、通貨発行を禁じる特殊な宗教にのめり込んでいます。

中国にその宗教はない?

ありません。人民元の通貨発行権を使って、お金を必要なだけキーボード操作で生んで投じている中国政府です。対比的に、行動が鈍すぎる日本に映るのです。

鈍いのではなく、お金がないのです。

なぜお金がないかは、宗教で発行を止めているから。

その宗教を世界は理解しません。外国にとっては、お金よりも命の方が大事だからです。日本は逆で、お金の方がどちらかといえば大事なのです。

日本だけが人命とお金のどっちをとるべきかで、お金に軍配をあげています。

人命の方が大事に決まっているし?

その考え方も、国家財政では実は実は間違いです。国がお金を多く出せば、人命と経済の両方ともが助かり、大事にされるからです。

「片方を助ければ、片方は失われる」の、ジレンマを前提にした時点で妄想です。人命と経済がシーソー関係にならず、両方同時に上がり下がりするのが、現代の財政方式です。

日本はお金の意味を勘違いしてる?

「お金は使えば消える」が日本の思想です。宝物だから使えば失うのだと怖がる人が多くいて。貨幣は発行元が増やしていく商品券なのに、知らない人が多すぎます。

世界で日本だけ、お金は使い捨てる価値でなく、持ち続ける価値なのです。使わずにためることでリッチになるという、日本に特有の奇妙な思想です。

「今ここでウイルスごときにお金を使うと、日本の借金はさらに子孫へのツケを増やし、日本は破綻する」という虚偽を、世界で日本国民だけがかたくなに信じています。

コロナ対策費が底をつく不安の声が多いし

国の借金という大衆向けのデマを信じる限り、夏が来るまで何もせずに待てば安あがりだという、不道徳な行動になりますからね。

でも国民一人一人のお金が底をつく?

多くの国民は自転車操業的に、時給で働くしかなくなっています。

銀行預金がないと、首を吊る場所や飛び込む電車の時刻、富士の樹海でもグーグルマップで探し始めることでしょう。

国民の自業自得なのか?

「働き方改革」と呼ぶ国策です。経済界が政府に陳情して進めたものです。

目的は国民の賃下げです。庶民のお金を減らし、(政治陳情を)無力化する政策です。

新しい法律がどれもこれも、日本国民の平均所得を下げる方向に設定されています。

日本では他にも何か間違っていない?

新型コロナウイルスの後には、もう何も起きないと思っていませんか。

世界を巻き込む事件は、この後にも順番待ちしていますよん。

記事→ 国の借金1100兆円は嘘だった

生活費を月給でもらう正規雇用を減らすほど、日本は不測の事態に対応できず崩壊します。事前に警告してくれたのが、新型コロナウイルス騒動です。
Photo: by Rio Lecatompessy on Unsplash