本や雑誌が売れない原因分析が常に的を外してフェイク情報になる

ドイツの書店

本や雑誌が売れない理由は、細かく分析しても無意味

売れない本や雑誌の敗因を語る、その馬鹿馬鹿しさについてのお話です。

そんなに馬鹿馬鹿しい?

いつも書店に並んでいた、売れ筋で君臨していた老舗雑誌が、次々と休刊となっていったのが、平成時代の特に21世紀からでした。

ファッション雑誌が消えて、音楽雑誌が消えて、写真雑誌が消えて、パソコン雑誌が消えて、アニメCG雑誌が消えて、美術雑誌が消えて、天文雑誌が消えて。

報道コメンテーターの論説は、まるきり的を外していました。

雑誌が売れなくなった原因は、分析しなくてもわかりきっています。路上テロが増えて、原子力発電所が爆発した原因と同一の平成大不況です。

読者が所得を減らし、家計を立て直すために買わなくなっただけの話です。お金の余裕がなくなり、出費を削減しただけ。定期購読をやめて、店頭での衝動買いもやめたから。

あるお客の購入冊数の変化

ある人はパソコン雑誌を年間48冊買い、つまり月刊誌を4冊ずつです。それに音楽雑誌を年間36冊買っていました。年に84冊ですが、他にもちょこちょこ雑誌やムックを買っていました。年に90冊くらい。

それが10年前の2010年には、年に1冊の特別増刊号だけに縮小していました。90分の1です。その後、ついに年間ゼロ冊になりました。これじゃ本屋さんはつぶれます。

デフレ不況による個人所得の減少が、雑誌が売れない理由です。それ以外の理由を探し出して細かく分析しても、話はそれています。教訓もアドバイスも無意味です。

内容がつまらなく感じてきたとの声も

そこは注意がいるんですよ。商品の価値が下がる現象は、お金の価値が上がる現象です。それを経済用語でデフレと呼ぶのです。商品がくだらなく思えるのはデフレです。

払うお金より価値が見合わない気がしてきて、より安いものを探し出す。それがまさしくデフレ不況という現象そのものです。

人間は貧乏になるほど、「この程度ならお金を出すほどではない」という範囲が広がるのです。お金が出せない範囲が増える現象を、貧困と呼ぶわけです。

手が届かない物は、つまらないと感じる。イソップのぶどうです。

出版社や編集部の能力不足に責任を求めたがる心理

なのに雑誌を語る評論は、ものすごい勘違い、勘違い、勘違いの連続でした。

「時代とのわずかなずれを、十分刷新できなかったから読者が離れたのだ」。

「テーマがマンネリになって、読者に飽きられた結果ではないか」。

「読者の知的要求に真に向き合った雑誌に、果たして仕上がっていただろうか」。

「新しい読者を開拓するには、若干力不足だったのかも知れない」。

納得しそう

違うでしょ。それらのアドバイスは無茶です。

「不況でも絶対に売れる本をつくれば、不況であれ絶対に売れるはずだ」式の、無意味な議論ですね。

買うお金がないのに雑誌を買う人は、かなり少ないのです。普通の人は、お金がないと買わないものなのです。

今は時代が悪すぎると?

政治が招いたデフレ不況の経済悪化、つまり所得減に加えて強制的な物価引き上げによる実質賃金の大幅減少、スタグフレーションに似た状態で、よりよい雑誌企画を考えても無意味な労役ですね。

お客の手元に先立つものがない、現金収入がないわけです。現に、お客は立ち読みだけは続けていたりします。内容のよさを知っているから。見放したのではなくて、買えない経済力に落ちたわけです。

世界で日本だけで特殊な異常事態が起きていて、それも平成のある日、時の内閣によって故意に選択されているというのに、そこを隠してはいけませんねえ。

環境の悪さを話に出さないいやらしさか

ドシャ降りの雨天でのレースになったことを伏せて、全体的なタイムの低調を嘆いたり、選手の努力不足を批判するのは、意地が悪い行為だと思いませんか。

シレッと晴天の無風での記録とくらべて、選手たちを叩くのはだめ。

世界有数の経済悪条件という特殊なTPOを、話から外すのはだめ。

不況でないかのように振る舞う、奇妙な国民の心理状態

平成時代には、こうした的を外したフェイク情報が山のように出ました。車が売れない理由でも同じ調子でした。

ボディーのカラー選択肢を増やすとか、インテリアを女性の感性にフィットさせるなどの工夫を促す論評などは、売れない理由と何の関係もありません。

映画もそうで、世につまらない映画が増えるにつれ、映画ファンが離れ始めたなどという、現実と異なる因果関係を語ってはいけないのです。

一眼レフカメラ離れもそうです。スマホがあるからではなく、電話として必要なスマホでいいやと妥協を強いられる財力の問題です。貧困の逃げ道がスマホなだけ。

もっと上に行く出費に耐えられない貧困化が、比較的裕福な層にさえ起きている社会事情を、中心的に語らないとウソです。

本当の理由は?

雑誌が売れなくなったのは、デフレ不況下の緊縮財政と消費税増税で、国民のこづかい銭が減ったからです。

車が売れなくなったのは、デフレ不況下の緊縮財政と消費税増税で、国民の貯金が減ったからです。

映画が売れなくなったのは、デフレ不況下の緊縮財政と消費税増税で、国民のサイフが軽くなったからです。

一眼レフカメラが売れなくなったのは、デフレ不況下の緊縮財政と消費税増税で、国民の活動資金が減ったからです。

全部同じ理由!

緊縮財政と消費税増税が真犯人で、サイフが軽いのです。余裕がないから買わないのに、商品の魅力が落ちた分析で片づけるのは、国民の神経を逆なでしていますね。

漫画コミックが売れない理由を、当世若者気質で分析しても無駄な空回りです。要は買う金がないから買わないだけの話です。それ以外に他の理由はありません。

国民もはっきり言わないといけませんね。「欲しいけど買えないのは、所得が減ったからなんだ」と。それを自分で抑圧して「欲しくないもん」「ネットを見て全部足りてるし」なんて格下生活で妥協するうちに、こんなになっちゃったあ。

どんなになったかのグラフ

30年の差は、日本企業がマヌケだからじゃないから(オレンジ色が日本)

この一覧は、国内産業が空洞化し、途上国化がすすむ途中にみえますよね。

そのテーマで本を出せば?

実は、逆の本がたくさん出ています。

「いい暮らしをしたい庶民の馬鹿な欲望のせいで、日本にお金は残っていない」。

「借金を子孫に残したくなければ、消費税率をどんどん上げるべし」。

「日本経済が落ちたのは、国民の労働の質が世界最悪だからだ」。

「若者はわがままで、高齢者は老害だから、日本の国力はここまで傾いた」。

と、財源論に帰依したフェイク本がざくざくあります。

経済書って正反対の説が併存してるから

28年続く不景気が政府の故意の逆走によるものだとは、多数派は気づきません。

「国の借金をなくそうと努力すればするほど、日本が壊れてきた」。

「政府が国債発行を増やしてばらまけば、また裕福に戻るだけの話」。

と正しい方向で書いても、国民の間違った心得と正反対だから売れません。

メジャーな出版社は、国民の誤解に迎合したフェイク経済本を出版して、日本の貧困化がより強まり、国が衰退するよう徹夜で励んできたわけです。

雑誌休刊の大半は、平成デフレ不況の買い控えが原因です。雑誌がつまらなく感じられるのは、商品価値が下がり貨幣価値が上がるデフレの病状です。
Photo: 日本女子経済119番