スマホで十分だから高級一眼カメラは売れない←分析が浅くね?

皆既日食

スマホカメラがあるから、高級一眼カメラはもう不要?

マスコミに多い、間違ったロジックの報道のひとつがこれです。

「スマートフォンカメラが発売されてから、高級カメラは売れなくなってきました」。

「スマホで十分だから、もう単体のカメラは不要な商品になった」という話です。

それよく聞くけど

オリンパスがカメラ事業を手放すという2020年6月25日のニュース報道でも、同じことを言っていました。この言い方が怪しいのは、天体望遠鏡が同じ状態だからです。

カメラでなく望遠鏡?

天体望遠鏡もまた、昭和時代にはよく売れていました。

ある程度の年齢以上の方は、天体望遠鏡と木製の三脚があった家庭が多かったのではないでしょうか。大きい持ち家の裕福な家庭だけでなく、小さな借家の母子家庭でも、立派な天体望遠鏡を意外に持っていたりしました。

宇宙開発時代と関係がある?

少年少女の興味の一角に、星空があったのです。「自分で望遠鏡を動かして、木星の月や土星の輪を見たい」とか。ちなみに顕微鏡はそれより前に売れました。

そしてやはりスマホの時代に、天体望遠鏡はめっきり売れなくなっていました。

平成初旬までの購買意欲は、平成中旬以降にはみられません。ビフォーコロナの頃には、天体望遠鏡を買う家庭はすっかり減っていました。

天体望遠鏡が売れないのは、国民の所得が減ったから

初めに平成時代中旬に始まる、大規模な所得減がありました。

国民が手にするお金が減っているのは、1997年の緊縮財政と消費税増税によって、民間の給料や報酬が下がり続けているからです。

昔は売れたのに今は売れない商品の多くは、生活必需品以外です。買い控えのかたちで、じわじわと生活苦が押し寄せています。

別に世界の潮流じゃなくて、日本だけに限った政策の逆走が原因のほぼ全てです。

バブル後の政策決定ミスで、今も惰性中です。

消費税を上げた今は、これよりもっとひどい

望遠鏡はスマホの機能と競合しないし

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラは、国民の低所得化によって皆が買えなくなってきているのです。高いから手が届きません。

高級カメラや高級腕時計はスマホの機能で部分的にカバーできるので、「スマホで十分だから不要になった」の言い方に駆け込みたくなりますが、因果関係は逆ですよ。

カメラが売れなくなる方が先だったわけ?

その証拠にスマホがない頃から、高級カメラを買う人は減っていました。

ミノルタは2003年にコニカと合体して、業績回復せず、カメラからの撤退は2006年でしたね。スマートフォンのヒットと一般化は2007年です。起きた順が逆ですよん。

スマホより単独カメラの方がきれい?

略式の携帯カメラとは違う、趣味性の高いディープなビジュアルの世界ですから。それでカメラ女子なんていうデジタル一眼レフカメラブームが、2000年代にあったのです。

でも消費税5パーセントが徐々に効いてきて、所得がさらに減って撤退者も続出して。

日本国民が消費税増税に賛成したのは、財源論を信じる勘違いのせいです。

消費税の増税という勘違いで日本が壊れていったグラフ

スマホ時代に売れない物は多い?

スマホの発達に歩を合わせるように、何もかもが売れなくなっています。ゴルフクラブやヴィンテージワインや大塚家具もそうですよね。ガラステーブルやホームアスレチック設備だとかも。遊ぶもの、プラモデルや手品道具なんかもそうだし。

スマホで商品を簡単に調べられるから、昔より手軽に何でも買える時代です。買う手続きが楽な時代に、逆にあらゆる物が売れなくなっていますよね。

スマホの頃に売れなくなった大物は、ピアノもそうですね。昭和時代の家庭には、ピアノか電子オルガンがよくありました。今はめっきり減っています。

高額なレジャー系は全滅か

ビール離れとビール風飲料ブームも、スマホと似た時期ですね。スマホがあるから風味を落としたくなった需要変化ではなく、国民の使えるお金が減った節約です。本物が買えなくなったので、イミテーションにのがれたわけ。

そんな調子で2020年6月19日の発刊を最後に、カメラ雑誌『アサヒカメラ』も長い歴史を閉じました。撮影する楽しみがスマホに引き継がれておらず、関係は切れています。

スマホ時代に国民は体験が狭くなり、教養や見識が落ちていますよ。言い換えれば、机上の論が大手を振るう時代です。聞いた話を伝えて、口先で回る日本です。

その机上の論のひとつが、財源論ですね。体験でなく、思い込みで回る時代です。

因果関係の決めつけは確かに多い

AとBが同時に起きると、Aが原因でBが起きたと結論しやすいのです。実は無関係や、逆の因果関係だったりもあります。

「スマホで全部足りるので物はいらない」の言い方には、ハイコストな趣味に手が出ない負け惜しみの気配がただよいます。イソップのぶどう。

ウナギの蒲焼きを買えず画像を見るだけとか、せめてもの慰めにスマホが回っています。「スマホで足りる」の裏には、疑似体験で済ませる貧困化が隠れています。

3ナンバー車をやめて、軽自動車に乗り換えたのも、スマホで足りるからなの?。

スマホにお金がかかるという理由は?

「スマホ価格や通信費用の負担で、カメラや天体望遠鏡やピアノを買うお金まではない、という競合なのだ」という声もあるでしょう。

今その話をしているのです。

高級商品が買えない貧困化に、日本国民が追いやられた話をさっきからしています。

貧乏で買えなくなって、しわ寄せが起きる心理を説明しています。

スマホは商品キラーであるかにみえて、高級品が買えない貧困化が先にありきで、そのせいで減った体験を穴埋めする役です。

それで最近、子どもにスマホだけ渡して、知識や感覚が片寄って育つ不安が言われます。これは「ネットがあれば学校は不要だ」という90年代の議論の蒸し返しです。

マスコミはなぜ、貧困化で物が売れないと言わないの?

「日本は貧困化して、内需が落ち込んでいる」「だからカメラも売れない」。

この核心をマスコミが率直に言わない理由は、電波使用権が言われます。

新聞社と違い、テレビ放送局は自由参入できません。放送電波の周波数に物理的な限界があるからです。限られた周波数の割り当てを獲得する権利問題です。

許認可を決める政府機関は親権を持ち、放送界にニラミが利く理屈です。

放送局は報復の電波没収に戦々恐々?

電波の使用料問題です。世界各国ではオークションで電波使用料を決めています。しかし日本では、昔からの放送局が格安の電波使用料を払っています。

日本語Wikipediaによると、2013年のフジテレビ系は電波使用料が3億9920万円で、事業収入は3468億円。電波使用料は、収入のわずか868分の1です。つまりぼろ儲けです。

もし他国にならってオークション方式に変えたら、電波使用料はケタ違いに増えると考えられます。放送局の社員は、普通の会社の3倍などの高給取りは難しくなるでしょう。

日本もオークションにすべきなのか?

そうともいえず、放送局のお金の使い方しだいです。放送は洗脳装置だから、自由参入にすれば金持ちが侵略してくる理屈です。

たとえばアメリカのテレビ放送へ日本が進出すれば、核兵器反対キャンペーンや銃器販売規制提案を始めたりしますよね。だから外資の持ち株比率も法律があります。アメリカや中国は外資の排除がきつくて、日本はゆるゆるです。

政府側がとる電波使用料は、一種の税金です。格安の電波使用料で既得権益化しているのは、政府が国債発行して財政出動している意味になります。

公務員給与や持続化給付金と同様に、通貨発行権で円を新造して供給しています。アメリカやドイツの高速道路みたいに、中央政府がばらまき出費を行い、利用者の負担を減らしているかたちです。NHKなら受信料、民法ならCM枠の売価を下げられる理屈です。

テレビの政府批判がゆるんだ理由がそれか?

放送局は安い電波使用料を続けたいから、政府批判できない説はあるにはあります。

しかし経済に関しては、研究会などの自己研さんをしない不勉強が大きいでしょう。テレビ局全体の、基礎学力や教養低下の傾向はよく話題になります。

政府発表だとコロナ給付は貨幣発行なのに、マスコミは財源が枯渇する将来不安を言い、それも決まり文句だから、国債の知識がない素人感覚だと丸わかりです。

テレビと違いネットなら、最新の知識を持つ覆面ライターも排除されません。

テレビニュースは全局が同じ論調だし

それはテレビ各社の丸投げを下請けする外注業者が、同じ会社だからです。

掛け持ちで取材費を浮かせる貧困化の表れなのに、反日工作と決めつけられていますね。振り返れば、1930年代のマスコミにも日本を壊す目的はなく、日本をよくしたい良心で対米戦争をあおり立て、大空襲で焼け野原となったいきさつでしたから。

三ノ宮駅で終わる悲劇『火垂るの墓』のシーズンがまた来ましたよん。

放送局は何を言うべきか

「日本は28年間不景気で、23年間デフレ不況です」。

「同じ期間に、日本以外のあらゆる国はインフレ好況です」。

「緊縮財政と消費税増税で、日本だけが貧困化しました」。

「物が売れなくなり、日本経済は長い年月GDPが伸びていません」。

「所得減で内需が落ち込み、国内のカメラメーカーは次々と撤退しました」。

「スマートフォンカメラでつないで、カメラも買えない人が増えているのです」。

「コロナ給付を増やせば増やすほど、日本経済は右肩上がりに戻ります」。

「その原資は財務省証券で、後に国債と差し替え、償還時に借り換えするだけです」。

「日本に財政問題はなく、貨幣を減らしすぎている問題だけがあります」。

「それを示すグラフをご覧ください」。

また出すわけ?

放送で絶対に言わないから、テレビを捨ててネットで調べる人が増えていますね。

高給カメラが売れないのはデフレ不況だから。それをスマホで足りるから不要だと曲げた報道で、国民を貧困化になじませていく悪い流れがあります。
Photo: by John Daines on Unsplash