キャンピングカーと原価厨:付加価値好況とコスパ不況の戦い

キャンピングカー

原価厨は貧困化によって生まれる心理なのか

原価厨の「厨」とは、中二病というような言い方と同じで、原理を主義として物ごとを割り切って、「僕って世の正しいあり方がわかる人です」をアピールする意味です。

原価厨の思想は、次のような原理です。

「ラーメン店の商品の中味の麺は、スーパーなら20円台だ。他の具を全て合わせて100円にもならない。それを400円につり上げる悪徳な商法を糾弾すべきだ」。

思想だけではなくて、行動を起こす人がいるみたいですね。

誰もマジレスしないし

そんな発想に対して、真面目に説き伏せる人は少ないでしょう。原材料をかじって食べるわけでもなし、調理器具や人件費やテーブルとイスや冷暖房の機材と経費も含めれば、400円ではむしろ安いほどです。

現に日本の外食産業は世界的に法外に安く、欧米からもアジアからも来日した人から、安さに驚きの声があがります。どの国も外食産業は高いのです。

中国の友人に聞くと、母国では企業の社員は昼休みに帰り、昼食は家が普通だそう。

原価厨は無銭飲食願望?

クレーマーの一種ともいえる原価厨が増えた背景も、平成日本のデフレ不況と全国民の貧困化でしょう。支払いを免れる口実探しの社会背景は、貧困化です。

所持金の減少です。できれば踏み倒して逃げたい気持ちでしょうか。一部は「お客様は神様だ」心理の突出へ向かい、一部は原価厨へ向かうのでしょうか。

モンスタークレーマーがトピックになったのは、1999年でした。

キャンピングカーは費用対効果がない、という声の急増

ネット掲示板に時々出てくるマイナーな話題のひとつに、キャンピングカーがあります。キャンピングカーには根強い人気があり、不況下でも続く近所の店が気になります。

キャンピングカーは何種類もあり、ハイエースやキャラバンなどワンボックスカーのルーフを高くして簡易ベッドを入れたタイプ。また貨物トラックの荷台を、居住用のボックスに換装した最多のタイプ。そして自走しないで、SUV車で牽引するタイプもあります。

理想の逸品はアメリカ製フォード社のトラックをキャンピング仕様にした大型乗用車で、マイクロバスのような規模になっています。あこがれの理由に、6800ccガソリンか、7700ccディーゼルエンジンで、登り坂も快適な点もあります。

ところでキャンピングカーは、ネットですぐに論争になるのです。

コストが高すぎ

キャンピングカーよりも普通の乗用車で行き、現地の旅館に泊まればよく寝られ、低コストになるという意見です。一回の旅行にかかる出費は少ない方がいいという、コスパ重視の論法です。

「こんなにコスト高の車を買う人は、きっと頭が悪いね」と。

この言い方に同調する人が多いのは、日本がデフレ不況貧困化したせいです。

貧困化すると、趣味性の高い商品が嫌われ、実用性への執着が始まります。

キャンピングカーでキャンプして旅行する最大の目的は、旅行ではなくキャンピングカーを使うことです。全ての主導権を自分が持つ旅なのです。

どこに泊まるかを事前に決めて、旅館に予約を入れる旅とは違います。何月何日に何をするか、出発時刻さえ決めない旅です。時間に全く縛られない体験になります。

コスパで人生設計する、縮み志向のデフレマインド

キャンピングカーを持って旅することが、いかに無駄が多いかを説いて否定する、その背景にある現実はお金に困っている生活苦です。お金は使うと減る。使わないと残るから助かるという苦境が、人の性格をケチにします。

1円も使わない人が一番金持ちになれると思い込んだ、サバイバル思考でしょう。

現実には、キャンピングカーのユーザーが多いほど、暮らしにゆとりが大きい裕福な国になっています。そんな国では、キャンピングカー専用のキャンプ場が用意されています。日本にはその整備はなく、一度も先進国並みの裕福を体験していない国情がわかります。

ところが日本でも、近年キャンピングカーの需要が高まるきざしがあります。

何が起きた?

路上生活です。家賃が払えずに家を追い出された人が、家より安い車で生活するようになり、ベッドが欲しくてキャンピング仕様に改造するような流れです。

貧困化でキャンピングカーの需要が増える、困った流れです。

インフレ好況だと付加価値が求められ、デフレ不況だと費用対効果が求められます。コスパ重視は不景気のサインです。今は長期のデフレ不況です。
Photo: Siggy NowakによるPixabayからの画像