デフレはお金の価値が上がるの?:ひろゆき氏は誤解された?

モナリザはなぜフランスにある

ひろゆき氏にとって、日本のデフレ不況は好都合か?

2ちゃんねるの創始者ひろゆき氏は、ネット上では「お金と、国家経済、この二つを全く理解しない有名人の代表」みたいに言われます。

加えて、陰謀みたいに言う意見が時々現れます。

どういう陰謀?

「ひろゆき氏をはじめ、ひと財産を持つ著名人たちは、インフレだと自己資産が縮む」。

「逆にデフレで経済衰退すると、自己資産がふくらむ」。

「そこで彼らは、わざと間違った言説を流布する」。

間違った言説とは具体的に何?

「国は家庭と同じで、収入以上のお金を使うと、国庫は底をつき破産する」。

「国債を発行すると、国の借金が増えて返せず、日本経済は破綻する」。

「お金を増やすと、ハイパーインフレになり円は暴落する」。

それあの宗教のまんまじゃん?

「財源論」「日本財政破綻論」「ハイパーインフレ厨」の三宗派です。

これらフェイク三点セットを折あるごとに言い、自分らの資産を大きくしようと工作している疑惑が、ネット上に点々と出ています。

「デフレだと自己資産が輝くから、嘘を言って日本の経済を低迷させる魂胆だろ」というネット民の疑いです。老害扱いされているのです。

自己資産が輝くのはどういう理屈?

「インフレだと資産が収縮するから損、デフレだと膨張するから得」だそうです。

それは本当なの?

もっともらしい嘘です。

この嘘には際どい部分があります。

インフレとデフレとは何か、ここでマスターしておこう

まず、インフレかデフレかは、お金の量では決まりません。

ネットに書いてある情報の、ほぼ全てが間違っています。

国内のお金の量と、商品の量の関係で生じます。お金と商品の関係です。二つの過不足をくらべた時の相対的なギャップで、どちらかに分かれます。

インフレ = 商品量に対して、お金の量が多い(インフレギャップが発生)
デフレ  = 商品量に対して、お金の量が少ない(デフレギャップが発生)

需要(お金の量)と供給(商品の量)のどちらの規模が大きいかです。

ここを念押しする理由は、「お金を発行すればハイパーインフレで国は終わる」と、99パーセントの人が信じているからです。大金がハイパーインフレを起こすと、経済アナリストや大学教授も勘違いしています。

新型コロナ対策が手抜きで行き届かず、長引く原因の三本柱のひとつです。

貨幣発行すればハイパーインフレになる説は、程度を無視したフェイクです。

「ご飯を食べたら、内臓が破裂して死亡するぞ」。

「おかわりしたら、体重が二百キロに増えるぞ」。

「部屋を暖房すれば、町は火の海で灰になるぞ」。

日本人らしい、取り越し苦労の思い込みですね。

最重要は商品の供給能力だった?

お金をとんでもなく多く発行しても、商品もとんでもなく増産すれば、インフレ率は乱れずに先進文明国になるだけです。そんな相対的な法則です。

法則どおりの先進国がアメリカ合衆国で、中華人民共和国もアメリカにならいました。

失敗した国はある?

虚弱体質なのに健康ぶって、超インフレで壊れた国が、ジンバブエでした。

逆に、健康優良なのに病気ぶって、超デフレで壊れつつある国が、日本です。

100メートルを9秒台で走れるのに、走ればチームが破綻すると悩んで突然歩き始めて、最下位に落ちたのが日本。

最下位ってこれのこと?

具体的な商品の例は?

コロナ騒動の4月頃に、商品でインフレ傾向も、デフレ傾向も生じました。

インフレは、マスクやトイレットペーパーや小麦粉でした。買いたい人が多いのに商品が不足したので、レア化して価格が上がりました。

デフレは、アウター衣料でした。コロナ自粛で外出着を買う人が減り、すると店で余ってだぶつき、価格が下がりました。

お金の側からみると、インフレはお金の価値が下がり、デフレは上がるかたちです。

そうか、そこに着目したわけか!?

「デフレだとお金の価値が上がる」の活字に飛びついたのです。字ヅラを見て。

「デフレだと資産価値は上がるから、ひろゆき氏はデフレにしたいわけね」と、受け取る人が多いのです。1万円で服が3着のはずが、4着買えるから。

日本が貧困化して国が傾いて、いっそ滅亡すれば、持ち金が増えるかにみえます。

本当に資産家は得するの?

もちろん、現実はデフレだと損します。

実体経済はあべこべになり、ショックなほどです。

単純な言葉どおりにいかない?

前提が変われば、他の前提も変化します。たとえば詰め将棋の棋譜です。

駒を動かすと、ない場所に現れると同時に、あった場所から消えます。一動作で、変化が二つ起きるのです。時には相手の駒が消える三つ目と、持ち駒が増える四つ目も起きて。

ではインフレやデフレで、物価以外に何が変化するのでしょう。

インフレやデフレの想定で、見落としやすい変化は金利

国がインフレ好況になれば、金利が上がります。

すると、銀行預金の利息も上がりますよね。

利息が今より増える?

たとえばバブル時代の普通預金の利息は、最高で2パーセントでした。

100万円預けると、1年後に2万円の利息がつく計算です。

当時1億円を1年間預ければ、今と同じ利子税20.315パーセントを引いても、159万円の利息がもらえたのです(0.315パーは当時はなかった東日本の復興特別所得税)。

毎年車が一台買えちゃう!

2億円預ければ、利息だけで年収318万円です。ここに所得税はかからないし。

そんなにもらえておかしくない?

好景気とはそういうものです。

お金が世の中に十分あるのです。レア化していないから、ポンポン転がり込みます。

デフレ不況だけを知り、お金の奪い合いだけが頭の中にある40代半ば以下には、見当もつかない世界がインフレ好況です。お金の渡し合いになるのです。

今の令和時代なら利息はいくらに?

令和の今は、1億円預けて796円です。159万円の2000分の1です。

今ってそれほど貧乏なの?

好景気だとお金がヒョイヒョイと入って来るから、明るく楽しい毎日です。国民は機嫌がよくなり、仲もよくなります。

芸能人を自殺に追い込んで気分がスカッとするような、憎悪と分断と排他主義の令和時代とは、空気が大きく違ってくるわけですよん。

普通預金以外にも欲が出そうで

期日指定定期預金の3年もので、年率6パーセントです。時のインフレ率3.15パーセントを超えています。2億円なら1年後に956万円の利息です。働かずに暮らせます。

2億円の対物価の価値が国内でどうなろうが、額面2億円で利息を生みます。額面が2億円未満に下がりはしません。「インフレでお金の価値が下がる」は引っかけなのです。

当然銀行は大口客向けに、定期預金より高利回りの金融商品を豊富に出します。インフレ率より利息が低い普通預金に、2億円預けて終わる人はいないでしょう。

インフレは資産持ちには天国じゃん

「資産持ちはデフレが好都合」は、デフレ不況だけを知る人の思い込みです。

現実のインフレ好況は、お金持ちにも有利なのです。

それにしても極端すぎる

働かなくてよいとは言っても、インフレ好況では新しい物が次々生まれ、色々体験したくなります。お金持ちは会社オーナーになり、好きな分野に進出するでしょう。

令和だと、金儲け指南、事件のご意見番、ハッタリ発言の炎上商法ですよね。インフレ下だと、もっと建設的な実業が可能です。趣味も仕事も手が広がります。

ひろゆき氏がフランスの珍品を日本のオークションに出しても、インフレの方が高価格で競り落とされるでしょう。社会の空気は灰色でなく、バラ色に変わっています。

もしかして株価も上がる?

株価も、インフレ好況の方が上がるに決まっています。

インフレ好況だと、物価が2割上がれば、所得は3割上がるような法則です。

こんな当たり前すぎる原理があるのに、「インフレは物価が上がって、生活苦に陥るからごめんだ」と悲鳴をあげてみせる、嘘っぱちサイトがネットに山とあります。

悪意ではなく、活字だけを見た机上の空論が、伝言ゲームになっているのです。

でもインフレだと年金生活者に不利では?

初歩的な間違いがそれ。

「現役組はインフレの所得増で喜べても、一方で働かない高齢者は置き去りだ」。

「だから年金生活者はデフレを望み、現役組を妨害するのだ」。

この原理も嘘で、インフレ率に合わせて「物価スライド」と呼ぶ増額を日本も行います。穴だらけの年金とて、そこまでボロじゃないですから。

そもそも年金制度が傾いたのも、デフレ不況のせいですよ。ご存知でしたか?。

年金の破壊原因は少子高齢化ではなく、緊縮財政と消費税増税です。財源論で共食いした貧困化です。児童の7人に1人が貧困なのも、デフレ不況に転じたからです。

日本人は世界有数のデフレ脳ってわけ!

今の日本では、デフレ社会につきものの優生思想が流行中です。安楽死の法制化促進に、働けない者を削減したい民意が混入しています。

しかしそこまでコチコチのデフレ脳も、インフレに転じたらきれいに一掃されます。

カリスマたちが説く人生訓も、「お金を使い捨てて、社会に役立つべし」など、今とは180度逆へ向かいます。金の亡者は、庶民があこがれる人物像から外れます。

街の姿も変わる?

シャッター通りは開店し、学生街も復活し、定食のご飯おかわり無料が増えます。銀行の手数料は無料。銀行口座をつくればぬいぐるみをくれて。寂しい街の光景も一転して活気づきます。色々な珍品コレクターが現れ、文化が厚くなります。

仕事に疲れる人はいても、人生に疲れる人は減ります。飛び込むのは走る列車ではなく、温水プールに変わります。

今のデフレ貧困は国民の希望だったわけか

緊縮財政と消費税増税で逆走せず順走していたら、今タコ焼きは一個が2倍の50円で、大卒初任給は3倍の66万円だろうと想像できます。米中の55万円を超えたでしょう。

記事→ プライマリーバランス黒字化目標とは

記事→ 緊縮財政とは

デフレだとお金の価値が上がるというのは机上の論です。逆のインフレ好況ならお金がお金を生み、国民の性格は良くなり、人間らしく暮らせます。
Photo: by Jean Carlo Emer on Unsplash