国の借金1100兆円の嘘←なぜ貧困時代に急に増えたの??

傘がない

国の借金というフェイクが、まだ日本を逆走させている

「国の借金1100兆円」は、情報弱者向けのフェイク表現です。

そもそも1100兆円が少なすぎるから、経済が縮小しています。

が、ここでフェイクにつき合って「なぜ1100兆円に増えたか」を謎解きします。

ちょっとややこしい

700兆だった頃に900兆、1000兆と増えたら裕福になる理屈が、逆に貧困化しました。

「ふくらむことは悪だ」という、勘違いした立場に仮に立つと、膨張させた犯人が誰なのかが、むしろ不思議なのです。

1100兆円の正体は?

うち932兆円が国債発行分です。国民にお金をサーブした、通貨供給実績です。

政府の功績ですが、政府の帳簿上は赤字計上します。

赤字額が大きいほど、国民の所得が増えます。物がよく売れ、景気が上がり、経済が右肩上がりでGDPが増え、国民の資産は増え、潜在的失業率が減ります。「潜在」さえ。

赤字額が大きいほど経済大国で、お金にクリーン、国際的に注目され信頼され、発言力も大きく、イニシアティブをとれる有力国です。

932兆が1500兆、2000兆と増えると、日本は中国よりGDPが大きい経済大国へ再び戻ります。減らせば、ドイツ、イギリス、フランスのGDPを下回り、衰退の一途です。

帳簿の仕組みをもう少し詳しく?

自営業ならわかりますが、青色申告の貸借対照表の複式簿記に「通貨発行」なんて分類はありませんね。円を発行できる大企業や個人事業者は、誰もいませんから。

その簿記を、1990年代に大蔵省も採用しました。政府だけは円の発行ができ、毎年発行を続けています。しかし、簿記に負債でしか書き表せません。

政府赤字を増やせば、国民は黒字が増えるだけです。それで正常だし理想。

ところがある人が目をつけて、「やーい、やーい、借金してらー、みじめなバカ政府」と政府叩きを始めました。政治プロパガンダです。

市民グループとか野党ならやりそう

何と、最初は万年与党が言い出しました。自己批判したのです。

負債は仮の表現にすぎず、ふざけて返済するにせよ、政府が政府に返すギャグです。

だからお金を国民に与えたまま、永久に赤字を増やして放置するのが国際的な慣習です。他国はそうやるのに、日本ではチンプンカンプンなままです。

それで、「やーい、やーい、借金してらー、みじめなバカ政府」という勘違いの批判が、今も続いています。

政府が負債の赤字を増やし続ければ、普通に善行です。それを悪行とみなし逆走です。

借金ではないのに「国の借金」と呼ぶ報道は、イエロージャーナルの利得も加わります。政府は金に汚い集団だとする印象操作、悪いイメージづくりで発行部数が伸びます。

記事→ 蓮舫議員による国債発行批判

国民が簡単に引っかかるのはなぜ?

ひとつはフェイク報道の洗脳効果です。耳目に入った報道を受け売る、情報弱者のリアクション。「街にトラが逃げた」と聞けば、SNSで伝え合う反応と同じでしょう。

しかも消費税を上げたい立場があるのです。増税する機運づくりで、国の財政は危機だと嘘をつく必要があります。恐怖プロパガンダです。

具体的に消費税にどんな利益が?

企業が輸出還付金を受け、下請けの損失を含む益税が転がり込む利権です。

また株配当で報酬を受ける企業トップは、消費税増税を法人税減税と付け替えた税制で、庶民のお金で私腹を肥やすメリットが多大です。この輪に政府要人まで加わった疑惑が、週刊誌に暴露されました。

消費税が大企業へ流れる税制の見返りに、政府要人の子息が大企業へ入社できる縁故が、たびたび週刊誌ネタとなっています。

国民はカラクリ暴露に耳も貸さないが?

国民は国民で、お金の意味を全く勘違いしています。

典型が財源論で、納めた税金で国の支出をまかなう、無茶苦茶な論理です。

さらに自分が持つお金に、元の持ち主がいると思い込んでいます。

そこはどういう意味?

いつか全額をそろえて返さないと、貸し主から怒鳴り込まれたり、訴訟を起こされたり、銃で撃たれたりする恐れで、びくびくしたブルーな心境です。

お金をいつか全て、誰かに返す勘違いです。

日本人は「君たちは罪だ」と言われると、言われなき罪でも納得する傾向が強いのです。つけ入って手玉に取る側は、おもしろくてやめられません。

まずは、言われなき罪のグラフを見てみましょう。

1965年から2020年までの、国債発行のグラフを見る

932兆円の国債発行残高の、変化グラフを用意しました。財務省が公開している金額数字を使っています。

日本の国債発行の残高を示すグラフ(1965-2020年)

まずは何に着目すべき?

好景気の昭和より、不景気の平成の方が、国債発行が増えている不思議です。

次の疑問がよく言われます。

「国債を多く出した平成は、むしろ不況で所得が減って貧困化したぞ」。

「国債発行で経済はよくならず、反対に悪化してるだろ」。

「お金を増やせば、貧乏になる結論が出ている」。

確かに国債発行と貧困化が同時に起きてる

簡単な話です。因果をひっくり返した、あべこべの解釈です。

「大勢が傘を手にした日に限って、なぜ雨が降るのか?」の疑問と似ています。

「傘を手にしなければ、晴れたのに」式の勘違い結論が、経済界では横行します。

そのギャグ知ってる

昔から言われるこれもそうかも。

「バスケットボール選手は背が高い、君もバスケ部に入れば長身になるよ」。

国の借金こと政府負債は、なぜ平成10年から急増した?

グラフを見ると1998年(平成10年)から、赤字国債の増え方が増えています。

1997年までより、1998年以降のピンクがぐんぐん増えています。

国債のグラフをもう一度見ると

その頃に何かがあったの?

原因は前年、1997年の消費税増税でした。

3パーセントを5パーに上げたから、景気が順当に悪化してGDPが下がりました。そこで政府関係者は景気の落ち込みを防ごうと、国債を多めに発行してGDPを保ちました。

その様子がグラフから読み取れます。

ちょ、どういうやりくりなんだよ?

こういう順序でした。

出世の人事評価となる消費税増税を、都合で繰り返し行いました。

国民が持つお金が減るから、経済が右肩下がりになり、国が傾きます。

国が傾きすぎないように、国債を多めに発行して、減ったお金を補いました。

その補い方が足りないので、差し引きで貧困化したのです。

消費税を増税するたびに売買市場が壊れていく日本

それって頭おかしくない?

増税で冷やしてダウンしたから、国債発行で温めたわけです。

自傷しては治療薬を多く塗る、その自傷行為が消費税で、治療薬が国債発行です。

無意味なダイエットの後で、ドカ食いしているのです。

消費税増税と国債発行増大はマッチポンプ?

マッチで火をつけ火災を起こし、ポンプで放水し消火する。両方を一人で演じる行動を、マッチポンプと呼んでいます。

増税で貧困化させて、国債発行で貧困をゆるめる。確かにマッチポンプみたいです。

もし本気で国債発行を減らしたいなら、消費税を廃止すれば済みます。国税は原理的に国の財源とは違うのですから。

しかし結局、消費税の芝居につき合わされ、国民はキリキリ舞いです。知識がない国民はお金を富裕層に差し出しています。富裕層だけが政治献金するから、その謝礼です。

それで上げるばっかりで、下げない?

消費税は永久に上げるものと、てっきり思っている日本人は多いはず。

だから現にコロナ騒動で、ドイツやイギリス、中国や韓国も付加価値税を減税したのに、日本だけは絶対に下げるまいと念を押し、釘を刺す者がいました。下げないと決めてある税金とは、ブレーキ装置を外してある車みたいな異常な宗教的信念です。

つまり消費税増税が全てに優先し、生きる証しと化しています。消費税を上げるためだけに生を受け、人生を捧げる者が複数いるのです。

真面目で勤勉な日本人がこうなるのは、不要な消費税が直接原因だった

政治家も増税賛成と反対で分かれないか?

所得税は百パーセントはなくても、消費税は千パーセントでも可能です。青天井だから、永遠の政治目的にしやすい面があります。

旧ソ連で起きたレームダックと似た流れなので、想起する人もいるでしょう。

経済学者はクレームをつけないの?

そもそも、経済学の貨幣観がおかしくて、教科書さえ間違っています。元優秀な学生たちに限って間違った思想信条を振り回す不思議は、人格問題ではなく教育のせいです。

経済のプロが社会を壊し、別分野のアマチュアが修復する歴史が繰り返されます。

有名大学の経済学部の名誉教授の理論や財政アドバイスが間違いに満ちて、ネットに虚偽の論述が並ぶのは、日本を壊す悪意ではなく、叩き込んだ基礎が時代錯誤だからです。

時代錯誤な具体例を何かひとつ?

国債発行は本物の打ち出の小づちなのに、「世に打ち出の小づちは存在しないさ」の初心表明がそうです。独立国の政府だけは、現実に持っているのに。

日本さえ、コロナ給付金やマスク2枚で打ち出の小づちを降って、破綻フリーです。

具体的にどんな勘違い発言を続けているの?

円建て国債はドル借金だという勘違い、国民の貯金を借りた流用だという勘違い、政府がお金を使うと陰でお金を失って泣いている被害者がいるという勘違いです。

「お金を発行する」という概念を学び損ねていて、奪い合いする人生観なのです。

そのオールド老害の経済哲学は何と呼ぶ?

金本位制、実物貨幣、商品貨幣です。人命よりお金を重視する原則です。

現代は正しくは信用貨幣の時代で、お金は刷り放題で使い放題のチケットです。

イギリス、スイス、アメリカ、中国では、信用貨幣論は理解されています。

日本は全く理解されていない国です。

だから会社の給料も伸びないわけか

オールド経済学は世界でいつ終わった?

1973年です。

歌謡界では、山口百恵やキャンディーズがデビューした年でした。

世界のヒット音楽は、エルトン・ジョン 『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』、ローリング・ストーンズ『悲しみのアンジー』、ロバータ・フラック『 やさしく歌って』、ピンク・フロイド 『狂気』、ハービー・ハンコック 『ヘッド・ハンターズ』。

記事→ 日本の借金1100兆円は嘘?

国の借金1100兆円はフェイク表現で、通貨発行残高と呼ぶ政府実績です。1998年から数字が増え始め、無駄に騒いだ、その原因は消費税増税です。
Photo: by Alex Block on Unsplash