コンクリートから人へ→貧困とテロとブラックの国に変えてご苦労さん

脱ダム宣言の結果

コンクリートから人へ、平成日本のデフレ貧困化の象徴

「コンクリートから人へ」というスローガンがありましたね。平成時代を象徴する標語でした。その動機に、二つの全く違う思想がありました。

「これからは、重厚長大から軽薄短小へと変えるべきだ」。

「これからは、政界の利権構造をなくすべきだ」。

わかりやすい話だが?

起点は、バブル最終期に起きたコンピューターの進歩です。つまりWindows 95でした。

パソコンの普及で、デジタル作業がスマートな職業として台頭しました。事務作業の電子化が華やかな中、キーボード操作がかっこよく見えて、体を動かす労働は馬鹿にされていきます。

日本に限れば、その頃にバブルがはじけ、並行して景気が悪化していました。節約や経費削減に人々の関心が向きます。お金を使い惜しむブームです。

公共事業の削減か

建物だけ立派で中身がおろそかな箱物行政や、ダムや堤防などの巨大工事が、経費削減でやり玉にあがったのです。

「コンクリートはコストがかさむし、税金の無駄づかい」。

「土建なんて、3Kでダサい」。

「古い日本を脱ぎ捨てて、新しい世界を築くんだ」。

「これからはデスクトップの時代だ」。

ハイテク時代、経済低迷時代に、職業差別が混じったという、サービス業偏重でした。

政官財の癒着や利権をなくそうとした、平成の世直し

もうひとつは、政治家とカネの問題、政治資金規正法がらみでした。

建設省から国土交通省を支持母体とした国会議員は昔から多く、族議員たちが仕切る土建政治の体制があります。国民はそこに反発しました。

工事費が庁舎で500億円、鉄道や道路や吊り橋だと兆の単位になる大きさが、国民にとって不快だったのです。金額の大きさが怒りの対象です。

また、政官財の癒着構造と、なくならない汚職事件です。建設工事業者を決める口利きに始まり、民間業者が議員に金品を渡して都合してもらう贈収賄ですね。

さらには談合体質。談合とは入札の八百長です。官製談合もありました。

土建がらみの事件が多かったし

建設総合請負業者、ゼネコンを国民は憎むようになっていきました。日本には五強というスーパーゼネコンがありますね。竹中工務店、大林組、大成建設、清水建設、鹿島建設。これらは世界的にみても、難工事が可能な強豪です。海底トンネルとか。

やつらへ仕事を与えないようにして、利権の構造を元から断てば、清潔な政治に変わり、日本はクリーンな国へと生まれ変わるのだと、国民は未来を夢みたわけです。

土建などという前近代的で野蛮な業種を、日本からなくそうとして。

土建国家を批判する評論家が、すんげーカッコよく見えて。

それが結局、日本は何でこんなに貧困化して、店がつぶれて自殺者続出なのー。オレオレ詐欺やクレーム詐欺は流行し続けているし、スーパーのカゴを盗んだり、小学校の給食費も踏み倒す時代に、何で化けちゃったのー。

なんで?

理由は簡単です。コンクリートから人へ変えたからです。

なぜコンクリートの時代には、国民は幸せだったのか

「俺たちの税金を使いやがって」という憤慨は、勘違いでした。

もろに財源論の思想です。コンクリート代に税金が費やされる恨みは邪推です。

税金は単に、市場にだぶついた余剰貨幣の間引きです。集めて廃棄するお金です。

国の出費とやらに秘密があるのか?

無駄づかいの正体は、新たに貨幣を発行して、その貨幣で払うのです。

つまり、ゼネコンを受け皿にして国民の所得をじりじりと増やしていました。建設国債の新発行でお金は増えて、広く国民の財布や貯金をふくらませたのです。

お金は減らずに逆に増える?

道路や橋やトンネルやダムをつくればつくるほど、国全体が富裕になる仕組みです。何の不思議もなくて、みんなの妄想とは逆だったのです。

建設費はお金を発行するからです。お金は減るんじゃなくて、増えるんです。

建設国債と呼ぶタイプの通貨発行(マネー・クリエイションの政府特別版)です。

建設で大勢食わせていた?

ゼネコンはサブコンと呼ぶ中規模の業者からも作業者を集め、地場の零細業者にも応援を求めました。ジョイント・ヴェンチャー(JV)とは、その混成チームを指します。

中規模業者はバイトも大勢やとって、大学にもひんぱんにスタディー模型づくりや、データ資料入力のバイトを募集しました。

エジプトのピラミッドづくりみたいに、お金に困った若者は建設業へ駆け込めば、万引きや強盗をやらずに済む状態でした。

利権の問題はないの?

利権に関しても、国民は間違った理想を持っていました。

「コンクリートから人へ」を実現すれば、利権が「コンクリートを売る会社」から「人を売る会社」へ移るだけなのです。

そりゃそうか?

資材から人材へと、利権の分野が変わるだけ。

既得権者の顔ぶれが入れ替わるだけなのに、既得権が消えると考えた幼稚な発想です。

利権の解消や撲滅を第一とする思想は、いわば中二病です。

利権をなくす考え自体が、非現実的でした。人と人が出会った瞬間から、利権は発生していますから。

利権は絶対になくせない?

誰でも引っ越しの手伝いを頼む時に、職場の友人に声をかけますね。見知らぬ他人に声をかけません。こうした人のつながりが利権の原点です。

「土建をやめろ、堤防も道路もつくるな、無駄をなくせ」と国民は言いました。

そうではなく、国民はこう言うべきだったのです。

「堤防や道路づくりで節約するな、トンネル内崩落は許さん、地元業者も使え、地域にも金を行き渡らせろ」。利権の分散です。なくそうとせずに、大勢で分け合う。

でもそれだとコストが高いし

そこが国民の最大の間違いでした。

「俺たちが納めた血税を無駄に使いやがって」と財源論への信仰で被害意識を持った失敗です。国税を完全に誤解しつつ、日本を破壊する方向へ熱心に運動してしまいました。

その結果、理屈どおりの結末を手に入れました。

平成も令和も経済がさっぱり伸びなくなり、高齢者も障がい者も邪険に扱われて、若者は年輩から仕事を教えられず、搾取されるだけ、女性差別は以前より激しくなるし、やたら殺されて山中に埋められているし、子供も街で見かけなくなったとさ。

イソップ物語かよ
コンクリートから人へという新思想で、日本経済は大きく縮みました。この思想は、財源論や利権論や重厚長大軽視など衰退要素が盛りだくさんです。
Photo: by Héctor Emilio Gonzalez on Unsplash