ガースー総理大臣をマスコミや国民が批判←なぜお金の話が出ない

名刺交換

マスコミが日本経済を論じると、なぜ間違う?

日本経済を落とし、貧困化させた原因は、緊縮財政と消費税増税です。

故意にお金を減らす政策で、コロナ対策費は不足、国民の生活費も不足

お金の総量を減らせば、一人分の所得も減ります。

説明するのも情けない、簡単な原理ね

「ガースー総理大臣は失格だ」のネット記事がこれ。

コロナの感染拡大は止める必要がある。しかし経済を崩壊させるわけにはいかない。同時に国民の生活を守らなければならない。

そこに明確な「正解」はない。それは誰もがわかっている。

だから、国のトップは多種多様な意見に耳を傾け、最善策を探り、決断を下し、結果に責任を負う覚悟が必要である。

コロナと経済の間でゆれる、総理の立場を説明したわけね

「明確な正解はない」は嘘で、積極財政と消費税廃止が明確な正解です。中国やアメリカやカナダやEU国、韓国も現にやっています。

出口戦略はわかりきっています。

日本の明確な正解は、他国が昨年からやったばらまき

「コロナを退治しろ」と「経済を守れ」は、通貨発行すれば一石二鳥です。

・ お金を発行して医療にばらまけば、コロナ退治の費用ができる
・ お金を発行して国民にばらまけば、そのお金で商品が買われる
・ お金を発行して企業にばらまけば、クビにせずに雇用を守れる

実は日本政府も通貨発行して、その一石二鳥を始めました。

1年前の各種のコロナ給付金で、皆が助かったあれか?

アメリカはコロナ禍で、二大政党ともやり続けています。

・ 自国通貨の廃棄分を減らすよう減税する(トランプ)
・ 自国通貨を大量発行して国民にばらまく(トランプ+バイデン)
・ 商品需給バランス調整で富裕層のみ増税(バイデン)
アメリカ以外はどう?

EU国でもユーロをばらまき続け、インフレ率を上げています。カナダなどは成功後に、長期国債の金利上げなどテーパリング(経済振興策の縮小)も始めたようで。

2020年に国際通貨基金(IMF)は「各国は通貨を最大限発行せよ」と勧告しました。

・ 貧困化優先を終了して、人命優先に切り換えよ
・ 新自由主義経済を終えて、ケインズ理論に戻せ

日本だけ国際社会をガン無視して、お金を出さないのはなぜ?

国民が妨害します。

国民が景気回復を妨害する、どこまでが悪意か?

ネットで国民の声を拾いました。

Aさんの質問

国は誰に金を借りているんですか?
通貨発行権がある国家なのに借金なんてことはないと思うのですが?
お聞かせください。

Bさんの回答

国じゃなくて政府
政府は民間銀行から借金してる
国債の1割は外国が持ってる
外国の持つ国債が返せなくなると財政破綻になり、円はゴミになる

Bさんの回答はどうなの?
政府は民間銀行から借金してる → 虚偽

政府は通貨発行権を持つので、自国通貨をよそから借りません。

母親が母乳を出す時、よそからミルクを借りないのと同じ。

記事→ 蓮舫さんも知らなかったお金の発行手順

国債の1割は外国が持ってる → 関係ない話

記事→ 国債の代金は返す返さない?

外国の持つ国債が返せなくなると財政破綻になり、円はゴミになる → 意味不明

この一文の意味を、皆さん正確に理解できますか。

記事→ 日本財政破綻論

Bさんは国の借金を返すわけ?

Bさんは日本政府が日本円を発行する時、韓国から日本円を借りるつもり。

後で韓国に返せず、韓国に叱られ破綻する主張です。

佐藤さんは、ホラー氏から佐藤名刺を100枚借りるつもり。

佐藤さんは鈴木さんや田中さんに配った後、100枚をホラー氏に返せず破綻。

自分の名刺を他人から借りて返すやつなんて、いるの?

日本語の「発行」の英訳が、「rental」のつもり。

そんな人が国を仕切ればどうなるか

Bさんて冷たくない?

Aさんタイプは「国民も企業も金欠で倒れるから、政府はお金を出せ」と訴えます。

近所の料理店や、飲み屋がつぶれた現状もあるし

1997年から、お金の使い道はたまっています。

・ ガードレールのない通学路で児童が事故死
・ 長雨の土砂崩れで住民が生き埋め
・ 橋やトンネルの崩落で全員死亡
・ コロナワクチン後に急死して遺族の生活困窮
・ 土地や不動産が海外に投げ売られる資産喪失
・ 外国に領土を攻められ奪われる自治権

しかしBさんタイプは、冷や水をあびせるだけ。

毎年ひどくなる住民の窮乏や国力低下には触れない。

尊大で意地が悪く、思いやりがなく、冷淡で薄情で、社会性や共感性がない。

人間らしい言葉がなく、サイコパスかロボットみたい。

「おまえら貧乏人と違い、俺は優秀だから困らない」と言い出したり。

違和感はそれか!

日本経済が正常に戻ると困るかのように、SOSをはねつけるだけ。

経済低落を続けさせようと必死。

国民が亡くなり、企業が倒産や廃業すれば好都合であるかのように。

「景気を上げさせてたまるか」のオーラです。

社会を幸福にさせまいと、同じ国の人でないかのごとく。

Bさんはこれを続けさせたい?

Aさんの質問に答えると?
国は誰に金を借りているんですか?

誰にも借りません。

通貨発行権がある国家なのに借金なんてことはないと思うのですが?

そう。借金だと本気で言い出す人は、まともじゃない。

記事→ 政府がお金を借りる誤った解釈を暴く

マスコミも国民も、総理批判がずれてる?

総理の罪は、「緊縮財政」「消費税」「新自由主義」「グローバリズム」です。

マスコミと国民は、ガースー総理にこう言うべきです。

「大減税して円を多くばらまき、コロナと経済を同時に解決したまえ」。

「中国やアメリカやEU国と同じことをやって、遅れを取り戻したまえ」。

「IMFを無視せず、勧告どおり通貨を発行したまえ」。

それをなぜ言えない?

ばらまくお金は僕らの自腹だと、日本人だけが信じているからです。

お金を刷れば僕らが賠償するのだと、大勢が妄想しているからです。

円を発行すれば、同額を国民が税で払うと勘違いしているからです。

政府が出す肉料理は、僕たちの身を切った人肉を使うというおびえ。

記事→ 財源論とは

公金は個人負担だと、みんなが信じてる?

それで国民は、「コロナ解決」も「生活支援」もやめて欲しいわけです。

企業や人が倒れても、お金を使って解決しないよう、犠牲を肯定します。

お金の動きを止めて、金庫の一万円札が減らないように政府に望むわけ。

だから国民が最も怒るのは、国会議員や五輪関係者の楽しい飲食会です。

そこかよ

記事→ 財政破綻を防ごうとした男の事件がこれ

コロナの経済困窮者を助けるお金は、政府が国民から奪い取ったお金だと、大勢が勘違いしています。政府と困窮者の両方を憎む者が増えています。
Photo: by Van Tay Media on Unsplash