バブルの好景気はみんなが無理してお金を使えば続いたのか?

エアロビクス

日本はバブル時代の後に、正常に軟着陸できなかったの

女子高生らしきがラジオ番組で言った、あの言葉をもう一度思い出します。

「みんながお金を使えば、ぐるぐる回って景気がよくなるのに・・・」。

これに従って、バブルが終わろうとした1995年にみんながお金を使っていたら、高景気を維持できたのでしょうか。その後も、バブル時代の温かさを保てたのでしょうか。

それ知りたかった

実は無理です。理由は二つあります。

ひとつは、使えるお金が先に減っていたからです。

物理的に無理でした。

もうひとつは、人間は思考と感情を持つからです。

心理的に無理でした。

国民はなぜバブル後、一転してお金を使わなくなったの

企業が賃金を減らしたからです。これが先だったのです。

すると賃金を減らされた社員やバイト君は、消費する側に回った時に節約して、物をあまり買わなくなりました。すると回り回って、売る側である会社も、賃下げ企業を含めてますます儲からなくなりました。さらなる賃下げに進みます。

能力主義や成果主義などでカモフラージュしようとして、日本経済は転落しました。

「みんながお金を使えば」という警鐘は、企業が賃金支払いの消費を減らした発端も含めて、戒めになっています。

企業はなぜ賃金を減らしたの?

不動産バブルがはじけたからです。具体的には、銀行が資金回収を始めたからです。

あの80年代バブルは、全国の土地を地上げして、実際の価値よりも高い土地価格につり上げて、転売で儲ける不動産過熱でした。その異常好景気に並行して起きた、適正インフレの実体経済は、思ったほどは踊り狂っていませんでした。

実体経済は、普通に先進国相当になっただけでした。

建物敷地と建物本体が踊り狂って、変に値上がりする好景気だったのです。

それが値下がりに転じた?

銀行は融資の抵当としていた土地を急いで処分しようと、融資金を顧客の社長たちから回収したのです。貸しはがしと、借り換え中止です。

融資が返済されると、GDPになっていた貨幣は消えます。つまり貨幣の削減です。それで企業の会計がきつくなり、社長さんたちは社員の賃金を下げたわけです。

賃金が下がっても、あえて物を買い続けなかったのか

賃金が下がりながらも、出費を維持した人はいました。その人は毎月余剰の、銀行預金の増え方が減るわけです。貯蓄ペースの鈍化です。

しかし日本は福祉が中途半端なので、将来の人生設計を悲観した国民が多くいました。銀行預金の積み立てを優先して、商品の買い控えに向かいました。サイフを閉じました。

日本の福祉は上級国民優先だし

全国民に生涯高い年金を与える北欧国とは、人権意識が全く違う日本です。年金が多くもらえる人と少ない人に、階級を分けているのが日本です。

将来不安という要因が、日本人を常に小さい気持ちにさせたのです。

買い控えが真っ先に表れたのが、エアロビクススタジオとパフォーマンス広場などのレクリエーション系で、書籍や音楽ソフトもガタ落ちになりました。

お金の価値が上がった?

商品が価格破壊し、お金の貴重度が上がる、典型的なデフレ現象です。

民間の力、自由な市場原理ではデフレは解決不能だと、28年も続けばわかります。

経済学は頼れない?

今世界を動かしている主流派経済学は、新自由主義経済と呼ぶ種類です。新自由主義経済には、実はデフレという概念がないのです。インフレ金満の国向けの経済学です。

やけども凍傷も、どちらも氷で冷やすとしか教科書に書かれていない状態です。経済学はこのように現実と合っていないせいで、他の学問からも格下にみられています。ノーベル財団と関係ない、ノーベル経済学賞もそうです。

経済学には二種類あるのです。日本は今ミスマッチです。

評論番組も占いごっこだし

新自由主義経済は鼻が高い世界で、市場原理だけで経済は完結すると豪語や自負する思想信条です。これは現代の世界を覆う、宗教に似たものです。

そしてこの宗教では、デフレは必ずスパイラルする運命です。なぜなら、デフレの流れを断ち切る唯一の存在である政府を排除して、貨幣を発行させないことで、民力だけで自立したい原理主義があるのです。

新自由主義は、政府を悪役として利用する傾向があります。

貨幣発行すりゃ解決と知った上で?

国債発行をやらせたくないという、経済関係者の私情が混線しています。

だからネットにも「お金を使わず消費をしない買い物客が一番悪い、そいつらが日本経済を壊した」という思想主張がひんぱんに書き込まれています。

その思想主張は間違いで、所得が増えたのに使わない者の批判は正当でも、所得が減ったから使わない者の批判は、新自由主義の悪い冗談なのです。

異次元金融緩和がそうで、社長さんが融資を受け放題にできる準備でした。しかし政府に買い物させないトリックで、GDPを増やすことなくポーズに終わりました。

社長さんが融資を受けなかった理由は、世界で日本だけがデフレ不況だからです。新自由主義の教科書には書いていないデフレに、日本がなっているから。

日本の間違いを正せるのは外国人?

長い年月逆走して、唯一デフレ国を長く続けている日本は、外国人から理解されません。似た境遇の国がないからです。強いていえばドイツ人かも知れません。

反対向きに独走する日本

バブルの後に、国民があえて消費を維持することは不可能でした。賃下げが先に始まり、可処分所得と呼ぶ自由に使えるお金が減っていたからです。
Photo: manseok KimによるPixabayからの画像