日本の税金は外国よりも高い低い?どうすればわかる?

税金の高い低いを、外国とくらべるってどうなの?

日本の消費税や所得税の税率を、外国とくらべることが非常に多いですね。

間違った発想です。

正しい判断はどうする?

日本の去年と今年で、景気が上がったか下がったかをくらべます。

何かにたとえると?

たとえば、エアコンで室温を何度にするか。

その日の、外国の設定温度と同じにしても無意味です。

「何度なら自分たちに何が起きるか」で判断するのが適切です。

外国とくらべるのは、道理を知らない行動

外国とくらべたくなるのは、室温にチンプンカンプンな場合です。

何を目安にすべきかわからないと、よそを模倣することに。

模倣したい国を探してもだめか?

靴を選ぶ時もそうです。

他人がはいている靴と同じサイズを買わず、自分の足に合うサイズを買うのです。

試しに足を入れて、店内を歩いてみます。自分の足で。

この知恵がないと、靴が自分に合わず苦痛なはず。

自国だけを観察して、自国の税率をどう決める?

税金は景気の冷却が目的であり、インフレ率、物価上昇率の推移で決めます。

インフレ率が低すぎれば減税し、高すぎれば増税します。こまめに変えるものです。

・ インフレ率 = 需要(通貨量)が、供給(商品量)よりどれだけ多いか
・ 具体的には → デマンドプル型インフレ率が、2~4%より低いか高いか

今の日本をGDPデフレーターでみると、インフレ率0%未満です。

つまり日本は、間接税ゼロかマイナスが正解です。

税金のとりすぎで冷え切った?

低体温症の害が出ています。児童の7人に1人が貧困状態にあるなど。

コロナ後に加え、ロシアのウクライナ侵攻で石油高騰し、狂乱物価にも見舞われて。

記事→ お菓子の量が減るのはインフレなの?

外国を模倣すべき場合はないの?

アメリカは国税の売上税がなく好況、日本は消費税を守り続けて不況で、あべこべ。

アメリカ政府は税金は財源でないと知り、日本は財源扱いで重税を続け、あべこべ。

ドイツなどEU国、中国も韓国もコロナ減税し、日本のみコロナ増税して、あべこべ。

天災で他国は復興国債を発行するが、日本は東日本大震災で復興増税し、あべこべ。

日本は国際社会とは逆に増税を続けて通貨削減し、故意に経済を破壊し、あべこべ。

国際社会とあべこべの日本はあっぱれ!

「政権が乗っ取られ、日本を破壊する政策ばかりだ」の噂は、どうも本当みたい。

国の財源は国債(政府貨幣)で、税金は景気を冷やすクーラーの機能です。日本は冬なのにクーラーを強くかけて、震えながら凍傷を進めています。
Photo: by Bianca Ackermann on Unsplash