日本政府が国民を貧困化させて逆走するそのココロは

鉄道模型

日本の貨幣発行と税収は、どちらの金額が大きいのか

日本国政府の年間支出は240兆円です。政府が民間に支払っているお金です。

そのうち、国債発行して増やすお金の正味は90兆円です。そして税収は60兆円です。

90兆円のお金を新発行して、一方で60兆円を国民から回収しています。

30兆円の赤字?

そもそも、なぜこんな「出しながら引っ込める」「送り込みつつ抜き取る」「行って帰って」のお金回しをやるのでしょうか。

目的は、物価がみだりに上がり続け、貨幣価値が下がり続ける過剰インフレーションを食い止めるためです。インフレーションとは、貨幣が多くて商品が少ないという、アンバランスな需給の状態です。

その手のアンバランスを理想のプラス数パーセントに保つには、商品の量にくらべて貨幣を与えすぎるオーバーマネーをやめればよいのです。貨幣の削減です。

過剰な消費ブームを冷やす役が国税です。人々が物を買うのを妨害する役が国税です。

妨害が目的なの?

消費を妨害する副作用がある話ではなく、妨害が目的です。

それはよいとして、なぜ今の日本でお金の発行額は、税収を上回る設定なのでしょうか。政府がお金を90兆円生むのだったら、同じ金額の90兆円を徴税すれば、プラマイゼロで均衡すると考えませんか。

なぜ少なめの60兆円しか徴税しないのでしょう。

90兆引く60兆の30兆は何なの?

実は余分に発行したお金は経済成長になるのです。だから税収とお金の発行を均衡させたら、国は経済成長せずに滅ぶわけです。

日本は幸い今、均衡していません。税収の1.5倍も新しいお金を生み続けています。ところがそんなに貨幣を増やしても、貧困化が止まらず進んでいるのですよね。ということはつまりぃー。

差が30兆ではお金不足?

今の日本政府は、お金の発行が少なすぎるのです。日本病はこれです。

差が30兆ではだめで、50兆や70兆と差を広げれば、国の斜陽は止まります。

金額を恐れたらだめ?

90兆の数字を見て、「多すぎてあぶねー」は心の叫びです。実際には「少なすぎてあぶねー」が起きています。具体的には、末端の国民が飢えています。ユニセフが言う、「日本の児童は7人に1人が貧困」もそれです。

貧困化を自己責任とうまく言いくるめて、ここまできています。「7人に1人なんてどうでもいいでしょ」「貧困者は税金ドロボーだから消えてね」くらいに軽く考えて。

どの商品も高くて買いたくないのは、単に金がないから

今、「過剰な消費ブーム」は起きていませんね。むしろ正反対に節約ブームですよね。ということは今は貨幣不足です。

物を買うお金を人々が持っていません。だから買い物を控えています。それがデフレ。

具体的には、鉄道模型買いますか?。楽器のシンセサイザー買いますか?。自家製ビールのキットを買いますか?。赤道儀架台の屈折式天体望遠鏡を買いますか?。

これらはいずれも、好景気の時には売れまくりました。製造が追いつかないほど。

全然信じられない

今買わないのは、いらないからです。いらないとは、買う金がない点に注意がいります。買えるけどいらないのではなく、買えない。買う経済余裕がない。だからいらない。

人の行動が萎縮しています。缶ジュース代の節約で水筒が売れる時代だから、自家製ビールのキットどころでなく。サイフのひもを固く締める時は、必ずサイフが軽いのです。

90兆の発行だと全然だめ?

この状態だと、新造貨幣90兆円を110兆や130兆に増やすのが正解です。あるいは、税収60兆を40兆や20兆に減らすのも正解です。賢い政治家なら、両方やって貨幣の量を効率よく増やすでしょう。遅れると国民が亡くなるからです。

「人権もわかるが、お金の方が貴重でしょ」の国民性は終わりにして。

なのに平成時代に、政治家たちが貨幣を増やさず、逆に減らしたのはなぜでしょう。そのせいで無駄に亡くなった人が増えたのに。なぜ人命軽視に舵を切ったのでしょう。

日本国政府は、なぜ国を滅ぼす方向へ行動するのか

それは、国民からの圧力です。

貨幣を新造して使うと、国民は怒るのです。

どんなふうに?

「お金は使えば減るから、もう使うな」。

「使えばなくなるのは、消しゴムと同じだ」。

「使わずにとっておけば、お金持ちになれる」。

あるいは減税しても、国民は怒ります。

「家庭と同じように、やがて破産するぞ」。

「誰だって税金は納めたくないが、ここががまんのしどころだ」。

「税をのがれたい反社会勢力は、国民の敵だから叩きつぶせ」。

このように国民は、国を治める道理に逆らって、あべこべの指示を国会議員に出すから、国会議員は困ってしまいます。

一応民主主義だし

国民は乗っている舟に穴をあけるよう言うのです。それだと沈むよと政治家が言っても、聞き入れない相手ならどうなるか。

「放っておけば沈むと報道キャスターたちも口をそろえているし、何もしないよりは穴をあけようよ」という声、声、声。

舟の穴とは、消費税増税です。

一部議員は、お金を増やせば解決するのにと思いながらも、お金を減らして貧困化させる方向へ行動しないと痛い目にあいます。具体的には選挙で落選します。

国会議員が日本を傾け、貧困化を強める理由は、国民に耳を貸すからです。国民は政府に支出するなと言い、貨幣の総量が減少して貧困化しました。
Photo: by John Matychuk on Unsplash