日本経済と国民性キャラ=権威主義や事大主義も関係あるの?

日本人の弱点

先進国で日本だけ、経済がもろに落ちているのはなぜ

日本経済が悪化し続けている原因となった、日本人の特殊なキャラのお話です。

国内の評論家や各界の著名人やご意見番が、日本人のココがだめだとよく語ります。

それに対して愛国者は、日本の悪口を言う者は出て行け、祖国へ帰れと怒る。平成日本に広まった思想対立、国民の分断です。

それも内戦?

今のデフレ不況で起きた精神的歪みは、日本人だけの弱点ではないでしょう。ヒトという生き物の弱点なので、あげつらっても解決しません。

カニの横歩きみたいに、誰もが同じことしかできません。しかし日本人には、ある弱点が目立っています。

それは何?

自分なりに考えない点です。

個人レベルで調べてチェックすることを、あまりやりません。

何でも受け売りってこと?

自己主張するのも、されるのも嫌いですね。いくら何でも主張が乏しすぎです。これだと世論に染まりやすいはずです。世論操作に乗せられやすい欠点です。

香港人や台湾人よりは、日本国民をまとめてだますのは簡単でしょう。

これは熱しやすく冷めやすい性格としても、言われてきました。全員がダンゴ状になって殺到するパニック現象が、簡単に起きています。

上が決めたことは正解だと考え、ついて行く道徳規範

たとえばこういう説があります。

「平成後半の日本政府は、日本を壊す愚策ばかり続けている。これはユダヤ金融やフリーメーソンの工作に、政府が取り込まれてあやつられているからだ」。

その説が個人の新たな主張?

ところが、この説は反政府であるかにみえて、上が下を動かすパターンは変わりません。上のまた上に上司がいるとして、上意下達(じょういかたつ)の伝統どおりです。

「上が決めたらしかたないだろ」「下は黙っているしかないな」「やっぱ上は絶対だな」を追認する方向で、陰謀論がつくり込まれています。

「上の上が決めたなら絶対だから、あきらめましょう」と、申し合わせるみたいに。

さりげない敗北宣言?

「自分たちで考えて行動しても、何も変わらない」。

「反対しても無駄なほど、上ががっちりと決めているからね」。

「自分には何もできない仕組みだから、僕のせいじゃないからね」。

こうした、従来の無気力状態を続けたがっていますよね。

何も考えずに上に服従する口実を、新たに設けていますね。自身がノータッチで済むよう弁解理由をうまく見つけて、めんどうを回避したがっている表明を含む陰謀論です。

強者の支配を避けるよりも、支配を受けたい願望があって、自分を支配する陰謀をどんな仕様に設計するかのガイドラインなのです。

上の意思に逆らわない道徳と、自分なりに考えない態度は、同じ現象の両面です。あきらめましょというオチを、陰謀の中に入れ込もうとしています。

国民の不戦敗へと持ち込みたいわけです。

具体的に何が起きてる?

日本の弁論でよく飛び出す殺し文句は、次の言い方です。

「もし間違っているとすれば、国がやるわけがないでしょ」。

「国がやっているということは、正しいってことでしょ」。

「なのに間違っていると言い出す人は、馬鹿だってことです」。

なるほどそうくるか

これが正誤の証明法として、説得力を持つのが日本です。

「上がやるならしかたない」と「上は正しいことをやる」が混線しています。

そして、上の決定を自分なりに考え直すことを、互いに禁止し合っています。

上を天上の人として、神扱いする習慣です。

世界各国もそうなの?

香港や台湾では、こんな態度へは批判がすぐ出てきて議論になるでしょう。大衆の扇動に警戒する声は、日本みたいな隠れた超マイナーではありませんし。

日本だと、上がやることが変だぞと誰かが言えば、内容そっちのけでこう叱られます。

「上に物申すなら、上より偉くなってからにしろ」。

「大臣でもない平民に、大臣に意見する資格はないだろ」。

ありそう

だから日本では、お上に盾突く者はヒーローになれず、イメージ悪いですよね。身のほど知らずのガキ扱いですよね。「大人になれよ」と。受け売りタイプが大人の意味で。

権力服従の、権威主義、事大主義が日本に根強いのですよ。

国が国民に死ぬよう指示すれば、多くの国民が一応従って死んでいくような、そんな予感が日本にだけはあるのです。香港や台湾にはなくて。

日本で今何を考えるのが、経済を上向かせる一歩か

今の日本経済がインフレデフレかの判断で、実は大勢が引っかかっています。果たしてどちらなのでしょうかと、それさえ決めきれない国民が多いのです。

それを自分なりに判断することで、話が前に進んでいくかも知れません。

景気の判断方法は?

物価だけに注目してもわかりません。スタグフレーションと呼ぶ、ちぐはぐな狂乱物価になる経済崩壊現象もありますから。

適正なインフレは、物価が1割上がって、所得が2割上がるタイプです。

簡単な見分け方は

お金をどんどん使って物を買いまくり経済活動が燃えさかり、子どもが増えているなら、インフレだとわかります。その時は、経済政策を放置します。

逆に、お金を節約して物を買うのを控えて、経済活動が低迷し、子どもが減っていれば、デフレだとわかります。その時は、国民の余剰金を増やすために減税します。

国民が、そう上に願い出るのです。ヒナみたいに、口をあけて待つのではなくて。

国民は減税を上に願ったことがない?

一般国民は国会議員に消費税を減税しろと言ったことは、実は一度もないのです。

黙ってついて行くか、同調して同化する以外にやっていません。

なぜ言わない?

たぶんこの信念です。

「もし間違っているとすれば、国がやるわけがないでしょ」。

「国がやっているということは、正しいってことでしょ」。

「なのに間違っていると言い出す人は、馬鹿だってことです」。

馬鹿にされたくないからです。

自分で考えない日本人だとは、昔から指摘されてきました。上級国民の判断が常に正しく、その指導に従えば守られる意識が国民に根強いからです。
Photo: by Chris Barbalis on Unsplash