相模原障害者施設殺傷事件は自己責任論プラスあの共通認識

秋葉原の事件

テロの連鎖が日本を襲った、平成でも特異な19人刺殺

障がい者19人を刺殺した『相模原障害者施設殺傷事件』は、テロの一種です。

貧困化が起こした事件です。

しかし、貧困なんて日本のどこにあるのかと笑う人もいます。

それは自分の周囲の話ですね。マクロ経済では貧困化で社会全体が病んでいきます。ひとつがテロ攻撃です。勝ち組も巻き込まれます。

日本にテロはない印象も

テロの連鎖の発端は2001年の事件でした。大阪の池田小学校の教室を、ナイフ男が襲撃したあれです。もう18年になります。容疑者は「殺せるだけ殺そうと思った」「もっと殺せた」と言い残して、最後まで気丈だったとか。殺し足りなかった悔いを述べて。

「そんなゆがんだ気持ちは理解できないね」と言っても、素直に考えれば富の偏在が生み出したねたみに決まっています。

何で小学校を?

高偏差値の私立小学校へ行ける児童に対する敗北感で、相手を自分より下げるにはやるしかなかったと、歪んだなりの切実さです。本気でした。

あの頃は消費税増税で景気が急落したデフレ不況下で、賃下げとリストラがブームでした。そこで幅をきかせた勝ち組の強みは、ひとつは学歴でした。

個人の周囲にあんな悪人はいなくても、日本全体のマクロだと次々と現れます。事件後にインターネット接続パソコンも普及し、掲示板に「悪いことだとは自分もわかりますが、犯人の思いきった行動に勇気をもらいました」の告白が何人かに書かれました。

秋葉原は違うパターン?

多くが覚えている2008年の『秋葉原通り魔事件』は、トラックで人にぶつかる刃物男でした。特殊警棒を持つ警察官とチャンバラになった、舞台劇ふうの一瞬がありました。目撃した周囲の人が撮影しました。

報道の中には、デフレ不況の暗い空気で若い世代が気落ちし、ついに狂って社会報復した説明もあったかも知れません。でも社会が悪いと言えば無責任だから、社会不適応な個人の性格での解説が多かったようです。自己責任論みたいな。

9.11の首謀とされるオサマ・ビン・ラーディンみたいな人物はまだでも、記録的な殺人事件が目立ち始めました。ついに日本の犯罪史上第一位の死亡者数が、今年2019年(令和元年)の『京都アニメーション放火事件』でした。36人死亡。

過去の最多の事件は、81年前の1938年(昭和13年)の『津山事件』の30人です。徴兵失格で差別的扱いを受けた秀才の負け組が、後ろめたさの裏返しで爆発した事例でした。

ハンディキャップ撲滅テロは、現代日本に特有の事件

そして日本のデフレ貧困化の縮図が、2016年の『相模原障害者施設殺傷事件』でした。19人を刺殺した容疑者の意図が時流に合いすぎて、事件に向き合えない人が続出したのです。

簡単に言えば、日本にいらない人間を片づける義憤でした。国の役に立ちたいと行動した元反社系の男です。容疑者は同施設の元職員でした。

その日本にいらない人間とは、お金をかせげず、働けない人間です。納税しない人。

それは新聞やテレビでは言えないし

平成以降の日本で、お金儲けがうまいカリスマ論客が目立っています。

敗者が滅ぶグローバル社会の正当性を唱えています。自分はがんばって上へ行けたから、皆も後に続くべきだと。できない者は淘汰されろと。その自信がカリスマ性です。教義をあおぐファンも多いようで。

彼らが唱える淘汰の公平性で育った子どもは、優生思想に傾きやすいと思えませんか。

優生思想って何?

優生思想とは適者生存の原理主義で、不要な人間を消せという理想追求です。政治プログラムになったのが、ナチスによるユダヤ教信者のせん滅作戦でした。

ナチスが重視したのは、劣った属性を国から断つことでした。障がい者を人員削減して、優れた人が通る道をあけさせ、よりよい未来を子孫に残すユートピア指向です。

「劣った人は優れた人の足を引っ張らないでね」は、日本語のネットの常とう句でした。彼らは、所得が多いほど税率が上がる累進課税を敵視して、望みは国民全員から一律に同額を納税させる人頭税です。格差の極大化が願望です。

相模原19人刺殺と同じ目的意識であり、弱者の消滅がその本心です。

強い者だけで社会を管理するカースト制度が、格差社会のゴールとしてあります。

そもそも格差の拡大って、劣った者を切り捨てる優生思想どおりですよね。

「財源論」が人権侵害にお墨付きを与えた平成時代

世界の国家財政の原則では、介護コストの増大はどう解決するのでしょうか。

財政を圧迫する時は、所得減で所得税が減っています。デフレ不況ですね。

簡単な話です。貨幣プリンターで自国通貨を発行して、介護業界へ補助金を投入すれば収まるだけです。バラマキとも呼ばれる、市中の貨幣量アップ作戦です。

でも日本だけがやらせない?

日本は削減ブームです。出費をゼロにすればお金が減らないから裕福になると、本気で考える人がやたら多い。出費を減らせ減らせと主張します。小学生の口にも言わせて。

総量一定のお金を奪い合う、その思想が財源論です。国民が献上した国税を国家予算の財源として、そこから介護費を捻出すると、てっきり誤解した人が日本に多すぎます。

財源論は、介護や養護を切り捨てれば、税金が助かる思想です。

代わりに他分野へお金を回せる計算です。これは倫理問題以前に、物理的な間違いです。しかしとにかく、多くの日本国民は財源論を頭から信じ込んでいます。

弱者に死ねとは言わなくても、弱者の数が減れば皆が助かると、ひそかに願う国民がものすごく多いわけです。財源論は優生思想につながる民意です。

本当は何が正解?

本当は、貨幣プリンターで財政出動すれば解決です。税金は支払うお金ではないし。

国会議員と財務省が国債を発行して、三菱UFJや三井住友やみずほなどの銀行が買えば、お金が新造されます。財政困難は消えます。奥の手ではなく、普段からやることです。

容疑者はそれを知らずに殺した?

容疑者は、国がお金をいくらでも発行できるとは、知らなかったのです。予算が増えても円を発行すれば簡単に済む、世界の統治法を知らなかった。

各国が打ち出の小づちを持つ、当たり前の国際的な制度を知らなかった。

若すぎたので、国がお金を使えば枯渇するデマに、まんまと引っかかりました。

そのデマが財源論?

容疑者は「日本にはもうお金が残り少ないから、何とかしなくちゃ」と良心を発揮。

「そうだ、予算を食いつぶす者を口減らししよう」。

「不要な人間をなくして、国民の負担を軽くしてやる」。

「子孫へ回す借金のツケを僕が縮小する」。

「僕が日本を救う」。

「誰かがやらないと、国民の負担が増えてお金が底をつく。明るい未来のために、収入を生める者に道をあけるよう、税金ドロボーには消えてもらおう」。

「生きる権利は、お金をかせげる人にはあり、かせげない人にはない」。

「なぜなら、財源の負担になるだけだから」。

あまりに筋が通っているし

「お金不足で財政破綻が近づいた日本で、勝ち組が負け組の面倒をみるのは限界だから。負け組にはあの世へ行ってもらおう」。

「自分を犠牲にしてもやり遂げる。汚れ役でいい。死刑でもいい」。

容疑者の供述内容は、「彼らは生きている価値がなく、見ているだけで不幸だ」でした。無駄に無責任に生かされてかわいそうだと。

容疑者は総理大臣あての手紙を衆議院議長に渡すために、政府へ出向いていました。建設的で行動力があるタイプです。

なぜそこまで他人を不幸と思う?

「国の借金」という平成のデマが、日本人の頭に叩き込まれているのです。共食いの殺し合いが、すでに始まっているわけです。優生思想へ必ず向かいます。

彼は国民の味方として行動しました。敵ではなく味方として。

世間は彼の良心に向き合えず、精神障害にしたがるはず。しかし彼は、日本経済を救おうとした手柄をみんなに認めて欲しいはず。その希望を言い出せずに、照れています。

記事→ 相模原19の死刑判決で、最大の謎とされた「心の闇」

相模原事件の核心は、ありもしない日本財政の危機に踊り、正義感から弱者狩りを行った優生思想でした。虚構の財政健全化を手伝った義憤でした。
Photo: Judith ScharnowskiによるPixabayからの画像