漫画家コハラモトシさんの直筆サイン入りコミックが古本屋で見つかる

古本屋

自分のサイン入り漫画を古本屋で見つけた漫画家の落胆

これもまた、デフレ不況が庶民の暮らしを壊していくエピソードのひとつです。

コハラモトシさんという漫画家が、お客が買ってくれた自分の漫画コミックに、絵とサインを書いてあげたそうです。後日古本屋さんに寄ったコハラさんは、その時の本を店内で見つけて、がっかりして買い取った話題がありました。

自分の大事な作品にサインを入れて渡したのに、相手は二束三文で手放したように思えたからでしょうね。漫画は楽な仕事ではないし。

でもこれって、遺品が整理されて流出したのかも知れませんね。蚤の市にお宝が混じっているケースによくあります。夫の遺品を整理屋さんにまかせたかも知れず。

この話題に集まってきたネット意見の中に、一番大事な話は抜けていました。

よくある意見は?

二つに大別できるでしょう。

「特別な記念品だから、売ってしまうのはよくないね」。

「売るのは自由なのに、何の権利で売るなと言うのですか」。

低い確率ですが、もしサインをもらった本人が売り払ったなら、深刻に受け止めるべきは次の問題です。

「人々にお宝を手放させる貧困化に、人々はノーと言わないのですか」。

上級国民さえが、徐々に貧困化し始めている点に注意

日本は23年もデフレ不況なのに、政府の緊縮財政と消費税増税という逆走を23年続けています。これは凍傷で紫色に変わった足を、氷で冷やし続ける行動です。

すぐに温めろと言う声はあっても、阻止する力が強くて貧困化が止まりません。

他の国が「クレージー」とあきれる逆走なのに、日本人たちは大まじめに日本つぶしにいそしんでいる最中です。この貧困の果てに、日本再生があると勘違いしながら。

デフレスパイラルが慢性化して、GDPは伸びず所得が減れば、お宝グッズを持ち続けるのも困難です。生活保護だと、金目の物を全て売り払うよう役所から指図されます。

後で復活できないし

貧困化といえば、学も芸もない負け組かと軽く思われるかも知れませんが、近年は医者や弁護士や銀行マンにも貧困傾向が目立つのです。

昔はけっこうな収入があった特殊技能の歯科技工士なんて、今どきは袋張りの内職に似てきているとか。歯につける金属インレイの製作費も一個何百円だとか。個人の資質の問題ではなく、日本全体のデフレ不況が原因です。

日本で儲かっている職業といえば、株投資や起業など金儲け方法を教えるカリスマ指南塾くらいでしょう。自分は株で儲けず、儲け方の本で儲ける人もけっこういて。

「漫画をどうしようが所有者の勝手だ」の次元ではなく、日本国民の深刻な貧乏状態を論じて欲しい気がしますね。その先に産業の崩壊と、国際地位の下落がありますから。

美術館に展示中の歴史名画さえ、手放すハメになる恐れ

お宝を手放させる貧困問題は、個人のサイン入りコミック本だけではないのです。

たとえば公立美術館にある歴史名画名作なども、館の財力で保管しきれなくなれば、手放すことになるかも知れません。

先進美術館構想(リーディング・ミュージアム構想)には、新自由主義経済の規制緩和と構造改革の一環として、日本の文化財をインフレ好況の国へ転売して手数料を儲けたい、ブローカーの意図が込められていました。

それなら企業も流出する?

同じことは企業丸ごとの売買にもいえそうな。たぶん同じです。

日本国はシャープ株式会社を手放し、台湾企業の手に落ちました。シャープの社長や役員がボンクラというより、日本が家電企業に養分を与えられないほど、金銭が枯れた地に変化していた貧困化が本質論なのです。

国民はシャープ製品も買えない?

「企業がどの国に籍を置こうが勝手だしね」と国際化を喜んでいるうちに、日本の資産や金づるが持って行かれていませんか。政府財政の自滅的な逆走で、じりじりと日本は資産をはぎ取られているのです。

シャープを国内企業が買収すればよいのに、できなかった。他も貧困だからです。

コハラモトシさんのサイン入り漫画に「それ欲しい」と言う人が出にくいのも、デフレ不況のせいでしょう。お金が大事で大事で大事で、商品がどれもつまらなく見えるのがデフレですから。インフレ好況だと、プレミアムグッズはすぐにハントされます。

デフレ不況になると、お宝を所有することが難しくなります。個人なら記念品。文化施設なら名画や彫刻。国なら有名企業や技術や特許も喪失します。
Photo: by John Michael Thomson on Unsplash