日本企業が外国に買収されて国際化を喜ぶのはおかしくない?

日本企業が苦境に陥る過程が、国民の貧困と国の貧困

日本の平成時代が貧困化した理由は、バブル時代から軟着陸できたのに、しなかった失敗がひとつ。もうひとつは、緊縮財政と消費税増税という、逆走を続けたことです。

今からでも、貨幣増刷と財政出動と、さらに消費税減税で景気が上がるわけです。日本以外はそうやっています。

ところが、日本では妨害が入ります。今の国民の主義は節約励行だからです。

どういう妨害?

「政府がお金を使う浪費で、日本の残り金が底をつくから許さん」。

この荒唐無稽な、あべこべな恐怖感で固まっている日本人があまりにも多いのです。

貧困化といえば、路上生活やインスタントラーメン暮らし、給食費が払えない家庭など、個人の勝手と思いやすいですよね。「サボリ屋さんは、勝手に貧乏になってね」の自己責任で終わらせがちです。

でもそうこうするうちに、国力が落ちています。個人だけでなく、国全体が。

具体的に?

大きい話で言えば、日本はロケットを月へ着陸させていませんね。やればできるがお金がないの言い訳は、アメリカに負けたソヴィエト連邦と同じです。崩壊が近づいた国の言い訳はいつもそう。

ここで問題は、そのマクロの話をすれば社会から浮く「今・金・自分」主義が日本に充満している点です。

金儲けのカリスマが口をそろえるのは、「世の中は忘れて自分が儲けろ」です。この思想は昔からの新自由主義経済なのです。

個人レベルをミクロと呼び、国レベルをマクロと呼びます。日本が傾いた一因は、マクロを考え責任を持つ者が後退してる、その流行なのです。

企業が次々と出て行った理由は、国内のデフレ不況

「日本は終わった」とため息が出たターニングポイントに、三洋電機がありました。

倒産しかかり、パナソニックの子会社になったあの頃。三洋電機には堅実で有用な、模範的な製品が多かったのです。どの家にも製品があったし。

「自業自得でつぶれただけでしょ」「だめ会社は淘汰されろ」「白物家電は皆が持っているし」「国際化が進めば気持ちいい」「グローバル時代は本物だけ残る」と威勢のよい声が飛びました。

でも、音響のパイオニア、家電のシャープ、エアバッグのタカタ、車のニッサンなど、少し前まで輝いていた企業が、次々と没落しています。

日本企業に買われるならわかりますが、外貨に買われ外資系になっていますよね。外国の企業になればすぐ立ち直っています。日本で傾いた会社も、他国なら優良企業です。

日本に根差せば倒れるってこと?

デフレ不況の日本だから、どの会社も業績は伸びません。会社のせいでなく、会社が基盤としてきた日本経済が落ちています。

シャープを日本企業が買わずに台湾の企業が買ったのは、日本企業には買収するお金がなかったからです。ほーら、国内の勝ち組企業までが貧困化しているんですよ。

ミノルタがカメラをやめたのも、写真文化とデジタル時代の関係とか以前に、日本国民のお金を減らして、カメラを買えなくする貧困化政策を無視したらだめですよん。

倒れたらトップに罪を着せて終わりだし?

「トップが変わると会社も変わる」だけでは済まない、何かがあります。

会社社長や幹部の責任以前に、おひざ元の日本人が製品を買いません。つまりデフレ下での緊縮財政と消費税増税という特異性が、真っ先に批判されないといけませんねえ。

下層がそこそこ裕福な国が先進国で、下層が貧困な国は途上国です。

国民が物を買えない政策で国が倒れるだけの話?

日本企業の製品を日本人がたくさん買えば、日本企業は力を取り戻して余裕が帰って来るのです。日本に購買力があった過去は、製品も画期的でした。

設計製造や企画力の高低ではなく、購買力が失墜すれば全てが悪い方に出ます。

はっきり言いすぎ

消費者がお金を持たない国から、企業は出て行きます。本社ビルや工場が建つ国が貧乏なら、本社も工場も傾きます。買う人が多い国に、店を出したくなるのが人情です。

そんな時に「儲ける方法の発明と伝授」は、国の没落を少しも助けません。

国民に買う金がないのに、商品開発しても無意味で、売れるのは節約グッズばかり。

外国から観察すると、日本は病床の資産家みたいなもの

日本が貧困化すると、人、物、金が外へ出て行きます。

日本が外からどう見えるかも大事です。外国人はこう考えます。

「日本の資産はディスカウント状態だ」。

「しめた、過去の蓄積をいただき、我が国へ持ち帰ろう」。

何しろ世界で日本だけがデフレ不況だから、他国にとって狩り場です。カモ。

だって、日本だけがこれ

日本が失うのは企業だけ?

国民全般の所得が減少すると、国内の独自の設計技術、加工技術、特許、やり手社員たちも、海外へ流出します。日本産業の空洞化です。

しかし日本側は、貧困の最中です。国民は無気力で大志も消え、守銭奴になりケチです。好景気時代は売れっ子だった才人が、不景気になって詐欺で有罪になるなど、悪い方向が目につく時代変化にお気づきでしょう。

あの人のこと?

今日明日の自分だけで、手いっぱいの人が増えました。有力企業、技術、特許、人材を、つなぎとめる気力もが落ちます。生きたシカバネに、国民が向かっています。

「日本に未来なんてあるわけないし」と、落ち込んだ気持ちが言わせるのです。

ヤケクソ?

貧困化がまねく自暴自棄です。

「第三次世界大戦が起きれば、日本も変わるから待とう」。

「前回みたいに、最後は外圧で日本は生まれ変わるよ」。

「新型爆弾二個は、今度は何だろね」。

政府が国民にお金を多く渡す策をとれば、日本は今も世界に君臨していました。逆に切り詰める策をとったので、資産と切り札が世界に流出しています。

資産流出続き、国民は心が壊れゆく心理状態です。どうしましょう?。

暗すぎる終わり方でしたー(泣)。

日本企業が外国資本に買われるのは、国内の貧困の表れです。日本の資産が奪われる危機意識が貧困で薄れるという、貧民スパイラルが起きています。
Photo: vanninoによるPixabayからの画像