大塚家具の社長は無能か:会社を傾けた本当の犯人はこいつだ

家具と絵画

大塚家具が売れない理由を、今も指摘できない報道関係

2020年10月28日の報道で、大塚家具の久美子社長が辞任します。父が育てた高級家具店の収益が落ち始め、半ば奪うように株主総会で引き継ぎ、合理的経営を目指しました。

結果は出ませんでした。

このニュースの中で、大塚家具が近年に業績悪化した原因について、さっそく論者が分析しています。その説明は、ほとんどが的を外しています。

報道によくある論はこうです。

・ 父と娘の争いが世間に公となり、イメージダウンになった
・ 会社が二つに割れ、社員たちのモチベーションが落ちた
・ 往年の会員制が、今の風潮に合わなかった

ほら、また始まったー。

かんじんの時代トレンドが、コロッと抜けていますよね。

大塚家具が売れない理由は、日本の平成デフレ不況

大塚家具が売れない理由は、デフレです。平成デフレ不況です。

学校の給食費を払わない人が増えた理由、生活保護世帯が増えた理由、雑誌『JJ』が月刊をやめる理由や、ブラック企業が大流行している理由も、みんな同じ理由です。

大阪府が赤字団体に落ちて、大阪市の資産を欲しいのも同じ理由です。

デフレだと物が売れないから。

その因果を論者が言えない点と、久美子社長が業績を上げられない点も、同じ現象です。

日本が28年間不景気で、23年間デフレ不況を続けているから、大塚家具は不振です。

なぜ国民は家具を買わない?

買うお金がないから。

1997年4月1日の緊縮財政と消費税増税によって、国民の可処分所得が大きく減ったからです。付加価値の高い商品が、主な国民の購入対象から外れました。

要はカネがないから、本物志向の製品が買えないのです。

高級木材でていねいに作られた家具を買う人が、がっくり減ったのです。安いプラケースでいいやと。営業努力が足りないからではなく、低所得な国へと変えたからです。

非正規社員やワーキングプアが、大塚家具を買うでしょうか。

大塚家具が買えない貧乏人の巣窟に、日本国を変えた事実をごまかしてはだめ。

日本の貧困化と、向き合わないとだめ。

家具に限ったことではない?

大塚家具は付加価値商品です。安物でなく高級品です。モヤシでなくマスカット、軽自動車でなく大型SUV、ノリ弁でなくウナ重。

親子騒動で嫌われたかにみえても、では代わりに輸入北欧家具が売れるかといえば、さっぱり。富裕層だけのニッチとなり、かつてのように広範には売れなくなりました。

大塚家具に近い立場のジャンルは数多くあります。

最近だと、県知事や市長の公用車です。トヨタ・センチュリー(4000cc、12気筒)を見つけて、「ぜいたくは敵だ」と批判が巻き起こる貧乏性もまた、97年から延々と続いています。

自治体が高額な車を買うとGDPが上がるとか

公共で国産車を買えば財政出動になり、産業振興につながるだけでなく、国民のサイフがわずかに厚くなるのです。しかし国民は怒り出しました。98年のマッサージチェアや、20年のアベノマスクを誤解したのと同じです。

「俺たちの税金で買っている」「国民のお金が使われた」という誤解釈です。

バブルの好景気を終わらせ損ね、盛大にコケた日本経済

高級家具の売れ行きが目立って落ちたのは、バブルの後の不良債権処理の頃です。

あの時、ゴルフの会員権が暴落し、各地のゴルフ倶楽部は解散し、ゴルフクラブやゴルフボールも売れなくなりました。銀座の高級クラブも没落しました。

すぐに高級品で不景気が広がり、やがて食材の使い回しや産地偽装ブームも起きました。アスレチッククラブやスキー場、遊園地などレジャー系、博物館や小動物園など文化施設も次々と閉めました。

それらは社会問題だから、トップ個人の問題で論じたらだめ。

バブル後に日本はどうすべきだった?

銀行が発行(信用創造)した円を回収(信用収縮)して消して回った時、政府が円を追加発行して300兆円の財政出動で埋めれば正解でした。G7国などはそう要求しました。

その20数年後、コロナ自粛でGDPが落ちた2020年5月には、国債発行した真水の給付金で補いました。すでに70兆円以上か。その効力で自殺者が減りました。

その後「もうカネは出さない」と言ったら、一転して自殺が増え始めました。

バブルの不良債権では通貨発行を中断したので、原理のとおりに一気に貧困化し、あの時も自殺がどっと増えました。カウント基準を変えて、少なく見せかけたほどで。

なぜお金の追加発行を中断した?

日本人はお金の意味を誤解していて、お金を使い惜しんだのです。

使えば減る、使わなければ減らない、だから使うなと。

現代のお金は貸借関係の記録情報にすぎず、政府が使用権を与えるチケットです。しかし大勢が、金銀サンゴのような守るべき貴重な天然資源だと思い込んでいます。

日本人にとってお金は人命よりも大事で、かけがいのないお宝と化しています。

大事にしまって使わない?

他国の人は、お金を使えば使うほど、受け取った相手も同様に使うから、自分に戻って来るのだと思っています。自分が使えば他人も使う。中華人民共和国の人もそうです。

日本人とは違い、彼らはお金が人生の目的でなく、得られる品々が目的です。

あの時は日本の誰も知識がなかった?

「国が出すお金はみんなの税金だ」という勘違いの妄想で、円の追加発行をせき止める暴挙となり、日本経済は右肩下がりを続けて、企業は売れなくなったのです。

お金を使えばGDPが上がることさえ、ほとんど誰も知りませんでした。

今もいっしょかも

「お金を使わないほどお金の喪失を防げて、蓄積させて社会が富む間違った思いを、皆で堅持し続けて貧困化を深めています。

経済を縮小すれば、経済は拡大すると、日本人だけが考えています。実際には経済を縮小すれば、経済は縮小します。

縮小大好き日本人の、ひとりぼっちの独走だぜ、イェーイ

企業がずいぶん倒産しましたが、日本だけですよ。コップの中の嵐ですよん。

商品の売れ行きファーストなのに、お金の温存ファーストに走った逆走です。

家具を売る社長に問題はなかったのか?

やるだけのことはやっていました。

久美子社長自身はアメリカで新自由主義経済を学んだグローバリストで、日本文化を基盤とした父のナショナリズムと対決した構図です。株主総会で信任を得たわけですが、当然ながら株主は金融畑であり、財政の素人だから判断を誤りました。

新自由主義は、インフレ好況の時に景気を冷やす経済運営なのです。故意にデフレ不況へ転落させた日本での対策は、父の一家団結方式が向いたでしょう。

ニッサン自動車がコストカットで下請けを切り捨てすぎて、反動が起きたプロセスと似ています。電気自動車の先取りで燃えて、未来につないでいますが。

家具業界も各社も罪はないか?

家具業界の体質を分析しても、無意味です。購入客が緊縮財政と消費税増税でカネを持たないから、魚のいない池で釣りしているようなものです。

消費税で起きた変化をおさらいすると

大阪市を壊してカジノや外国人街や色町をつくる転落も、大阪人の責任でなく平成デフレ不況です。貧困が生む憎悪を、高齢者や公務員に向けた集団ヒステリーです。

高齢者の存在を「無駄」と考え、消えて欲しい願いが大阪都構想に集結しています。排除したい無駄の際たるものが、高齢者や公務員と並んで、高級家具なわけです。

トヨタ・センチュリーなわけです。その逆が、軽自動車やプラケース。

大塚家具が生き延びる道は?
・ デフレ不況の日本を出て、インフレ好況のUAEへでも引っ越せば売れる
・ 売れれば日本でロビーと政治献金で、緊縮財政と消費税増税を中止させる

国民所得が高い国へ脱出するか、国民所得を上げるかです。

アメリカンレストランのフーターズが日本上陸して当面ヒットし、コロナ前の2019年に店舗撤退が進みました。これをどう経営分析しようが、世界各国はインフレ好況で、日本だけがデフレ不況で、ユーザーに飲み食いする金がないだけの話です。

大塚家具が売れる日まで、日本のデフレ不況は続いています。衰退する方向です。

いまだに業績回復しないのは社長の失敗ではなく、いまだに国民の実質所得が減り続けている簡単な話です。いまだに貧乏だから。コロナ前の秋に景気の5番底でした。

出資したヤマダ電機は早く日本を見限るべきか?

IMFがジェノサイドの疑いで糾弾されるのを恐れ、積極財政を呼びかけたりすれば、世界同時不況と日本のデフレ不況は止まり、世界同時好況へ向かいます。通貨発行権を捨てたEU国では、総裁はそれを迷っているように伝わってきます。

政府が変な経済宗教をやめて、円の追加発行を適切に行うよう正常化すれば、デフレ不況からインフレ好況へ戻ります。日本は世界一住みやすい国に復帰するでしょう。

すると、誰が大塚家具の社長であっても、親子喧嘩をいくらやっても、お客は毎日をエンジョイしようと夢中になり、大塚家具の各支店に集まります。

好景気だと、他人の弱みにつけ込んだり、締め上げたい気持ちが薄れるからです。

大塚家具は、好景気だといくらでも売れる本物志向の製品で、だからデフレ不況の日本ではまるきり売れないのです。経営手腕を論じても無意味です。
Photo: by Sidekix Media on Unsplash