外国が侵攻してくる前に日本経済を正常化させないと

日本経済を上げたい国民の声は、間違いだらけ

ロシアウクライナ戦争に学び、資源の乏しい日本をどう守るか。

よくある意見です。

食べ物は、あるものでどうにでもなる。これから野菜を栽培もできる。
節約すればどうにかなる。でも、給料が増えないのは痛い。

政府も低所得者ばかりバラマキせずに、全体の税金の使い方を節約して欲しい。
国民に負担を押し付けるのではなく、議員も負担を背負うべき。

とても無駄な国会議員の人数を、もう少し考えたら。
まずは、政府も日本の将来のために税金、人件費の節約をするべき。

いいね 1036・だめね 159

「いいね」が集まるこの意見に、現実の政治は寄り添っています。現にやっていて。

結果は「失われた30年」です。大勢の間違った意見だからです。

日本経済をつぶそうとした意見なのです。

貨幣観の間違いで、出てくる結論はことごとく正反対

この意見の間違いのひどさを説明します。

食べ物は、あるものでどうにでもなる。これから野菜を栽培もできる

家庭菜園レベルではだめ。日本が外国から侵攻されると飢えて敗戦となる理由は、主食や主なおかずが輸入依存だからです。小麦や大豆や肉類、納豆もしょうゆも。

欧米の農家が国の資金補助を受けている事実を伏せて、日本では農家の敵視へ国民を誤導し、国内生産をやめさせ輸入を強いるレントシーキングです。種子法廃止がそれ。

政府も低所得者ばかりバラマキせずに、全体の税金の使い方を節約して欲しい

税金は使うお金ではなく、余剰金を間引いて廃棄する作業です。お金がだぶつきすぎて、商品が売れすぎて枯渇するのを防ぐのが徴税です。

やるべきことは正反対。所得制限なしに全員にお金をばらまくこと。所得税の累進課税でバランスがとれます。これで資本主義は正常化し、日本以外は現にやっています。

国民に負担を押し付けるのではなく、議員も負担を背負うべき

負担し合うから経済はどん底なのです。国の経費は公債(国庫短期証券、国債、財投債)を新たに発行し、追加造幣分でまかなうのが現代国家です。

負担を競い合う、中二病の妄想をやめるのが先決です。やめないから無限の増税となり、文明国から転げ落ち、優生思想が蔓延するだけ。

まずは、政府も日本の将来のために税金、人件費の節約をするべき

税金を財源とする勘違いの典型。議員や省庁やスタッフの人件費は正しくは、通貨発行した公金です。人件費分はGDPが丸々増え、経済成長します。

国民が働いたお金を国に上納し、予算金にしたりしません。やるのは勝手で、結果は通貨削減となり日本みたいにおちぶれるだけ。

日本以外はおちぶれていないの?

国費は国民が払うものだと、壮大に勘違いする国民

考えてみてください。

国民を救うお金を、国民が支払うなら、国民は救われない

我が身を切った、自身の人肉を食べても、体重は増えないし、成長もしません。

ほんそれ!
富裕層の徴税が多いのは、爆買い阻止が目的で、貧困層に回す資金調達ではない

もし回して分配するなら、全体の合計のお金は、誰がいつ生んだのでしょう。

ほんそれ!

そもそも、なぜ国民がお金を持っているのか。考えたことはありますか。

お金を企業や個人が発行すれば刑事犯罪なので、お金を増やした者は国民ではない。

ほんそれ!

政府が発行して国民にばらまいたから、国民はお金を持っているのです。

通貨発行とばらまき - 徴税 = プライマリーバランス赤字分 = その年の経済成長

発行とばらまきを食い止める者は、国を破壊し解体に追い込む悪人です。

どうやれば日本経済を立て直せる?

悪人の撲滅以外に、何があるでしょう。

下記をやらせまいとした25年間の妨害を、止めることが先決です。

・ 政府が国債発行して財政出動して、国民側にお金をどんどん注入する
・ 国民は物やサービスを買うので、店舗や企業が栄え、GDPが上昇する
・ デマンドプル型インフレ率が6%を超えた頃に、テーパリングを行う

日本以外は現にやっています。

日本だけは冒頭のような、経済悪化をより強める声があがるのです。

「物の売買を減らし、経済縮小してお金の消耗を減らせば、レア資源である円が底をつくのを防げる」。このあべこべの勘違いで、日本経済はダウン。
Photo: by Jinomono Media on Unsplash