国が使うお金は国民のお金ではない←なら誰のお金なの?

招き猫

日本国が使ったお金は、我々国民のお金ではなかった?

日本人の大半は、こう考えています。

「国が使うお金は、あたしたちの、僕たちのお金なんだ」。

それがウソ?

全くのウソです。

じゃあ誰のお金?

新作した貨幣です。国民は所有していません。

ということは?

国がいくら使っても、国民はお金を失っていません。

いらないものなの?

国民がもらわないと、市場のお金が増えません。

もらうべき?

国民がもらわないと、国が経済成長しません。

日本政府がお金を使うと、その金額分だけ経済成長する

日本国政府は、毎年240兆円を国民に向けて支出しています。そのうち、新たに発行した新造貨幣は、90兆円です。

この新造した90兆円は、実は宙に浮いています。

あるのにないお金?

日銀当座預金にあるのですが、政府預金に入った「貨幣の素」です。

それを政府が、国内への支払いで使った時に、国民の所有になります。

政府が公的資金として使うと、国内の売上と所得が増えます。国民はその分だけお金持ちになって貧困化が薄れるのです。GDPが増えるのです。

国民が「国の無駄づかい」と呼ぶお金は、この90兆円を指します。

なぜそのお金だとわかる?

90兆円は、国債を発行して新しく生んだ円です。貨幣を新たに増やして日本国内を富ませると、帳簿上は政府側に赤字で計上します。帳簿のルールなのです。

そして国民が今現在持っているお金の発行合計が「政府負債」として累計されるのです。この金額が大きいほど、経済大国です。

負債金額は、1位が中国、2位がアメリカ、3位が日本、4位がドイツです。

まんま経済大国

国の借金1100兆円」とは、この「政府負債」を呼び替えたものです。フェイクニュースでおなじみで、この新発行されたお金をけなすデマ報道です。

政府が良いことをやったのに、悪いことをやったと言い換えるデマ報道です。

何が目的のデマ?

日本の国力を衰えさせる、陰謀に思えるかも知れませんね。

しかし悪意ではなく、国民の思い込みでしょう。

なぜ悪意がないといえる?

報道各社の社員も、普通の国民ですから。一般国民と同じ勘違いを始めて当然です。

Yahooニュースの掲示板では、日本経済について最もひどく間違った意見に、最多の賛同者がついています。国民がその調子なら、報道各社に限って国民とは逆の正しい意見を言うとは考えにくいのです。

皆が通貨発行におびえている?

国の借金1100兆円に国民がびびっているのだから、国の無駄づかいとは240兆円のうち使い回す150兆円の方ではなく、新発行する90兆円の方を指すわけです。

無駄づかいをやめる意味は、新発行するお金を減らす意味になるわけですね。貨幣発行を90兆円から減らしていく。つまり国のコスト削減は、貧困化を進める策です。

国民は貧乏から赤貧となって、しまいに売春したり列車に飛び込むはめになるわけです。

それ現実に起きてるし

新型コロナウイルスの初動の防疫でも、お金の新発行は国の無駄づかいにあたるとされる特殊な思想のせいで、節約が優先されて動きは緩慢です。

「たかが病気に、あたしたちの、僕たちの大事なお金を使わないで」という民意を、日本国内で共有しており、経費削減が最上位の関心だからです。

実は日本でもウイルス対策の現場は必死なのですが、予算がない前提があちこちにみられます。東京オリンピックを、ボランティアで切り抜けようとした動機と同じです。

外国からみれば、日本人はみんな頭がおかしいわけです。

国の出費を自分の負担だと、国民はなぜ誤解する?

ひとつは「国の借金1100兆円を子孫に残すな」の平成のフェイクニュースが、洗脳効果を発揮しているのです。

国民は、知識を書籍からではなく、新聞とテレビから得ています。

「その知識はフェイクだよ」という説明に、普通の国民は生涯出会えないのです。

確かに

1100兆円を2000兆、3000兆と増やすことが右肩上がりの経済成長なのに、逆に減らして0兆円を目指す逆走のせいで、国民は次々と実際に死んでいるわけです。

「1100兆円をゼロにすれば、借金が消えて子孫に顔向けでき、未来は明るい」。

こんな間違った期待を、国民は長い年月かけています。実際には日本国内の貨幣が減るだけの話であり、大勢が亡くなり、生き延びても生活保護下に置かれるのに。

貧困の男女は受胎に至らず、子孫の人数からして、ごっそり減っていますしー。

1100兆円は今どこにある?

1100兆円は国民が今持っています。国民の貯蓄やサイフに今あるお札に化けています。それを0にすれば国民の全員が破産するのに、0を夢見て目指しているわけです。

国民の資産が0になるまでマネーストックを召し上げるには、いったんプラマイゼロにするプロセスを経るわけで、それがプライマリーバランスの均衡です。死の行進です。

その日は近づいていますが、達成はまだです。そこでマスコミは政府を批判しています。

つまりマスコミは国民がなるべく多く死ぬよう、政府を急がせているかっこうです。本意なわけはないから、勘違いしているわけです。

逆走する政策は何?

政府の緊縮財政と消費税増税です。国民が手にする貨幣を減らす策です。

具体的メカニズムは?

緊縮財政は、貨幣の発行を減らして、国民を飢えさせます。

消費税増税は、すでにある貨幣を回収して、国民を飢えさせます。

貨幣を減らすことが貧困化だとは、誰も気づかないのがすごい!。

お金が減ることが、まんま貧困じゃないの?。

日本人て何か変じゃない?

性格異常だとか変人じゃなくて、そういうカラクリだとは国民は知りません。死んだ者は激動の時代を生きられずに淘汰されたんだくらいに、自己責任論を免罪にして納得している今の国民の心理がうかがえますね。

国民はいいように踊らされて、必然性がない人為的な貧困を強いられています。

なぜ国民は立ち上がらない?

貧困化のプロセスのひとつに、生きる意欲の低下があるからです。

国に何が起きても、どうでもよくなります。

これって生きる意欲のグラフ?

国が使うお金は、国民のお金ではありません。使った後に国民のお金となり、市中の貨幣総額が増えるのです。総額一定の財源論は虚偽なのです。
Photo: Robson Santos nagaimidiaによるPixabayからの画像