世界は管理通貨制度と信用貨幣で、日本は金本位制と実物貨幣のまま

日本が貧困化した原因は、お金の機能の間違い解釈

ネットに、貧困層への支援に反対する声が多くあります。

特別定額給付金や持続化給付金を、憎む声は多いのです。

反対する動機は、こう想像されるかも知れません。

勝ち組のステイタスを利権として守り、セレブの優越感を維持して自慢したい

上手に生きてきた人は、生き方が下手な人が苦しむのを喜ぶ、という指摘です。

実際の動機は、おそらくこちらです。

困窮者を助ければ、僕が納めた税金が使われ、増税され所得が減るから迷惑だ
もろに財源論か?

この勘違いの妄想こそが、日本経済をつぶしてきた主役です。

日本の経済学者の大半は、政府が100億円を発行する時、国民に100億円を吐き出させて回収して、あてるという嘘を信じています。

政府が国民に肉料理を出す時に、国民の体から切り取った人肉を使う勘違いです。

この考え方だと、国民はたくさん食べても成長しません。

正しく理解できそうな人はいないの?

財政の嘘と本当のはざまで、迷う人が増えてきました。

「どの話を信じればよいか」「本当のことを知りたい」と宙ぶらりんの人が多い。

管理通貨制度と金本位制で、世界は二分されている

世界の財政は、二つに分かれています。

「管理通貨制度+信用貨幣」と「金本位制+実物貨幣」の分断です。

語句を知らない人も多そう

現代の世界の国家財政は、次の組み合わせです。

管理通貨制度 = 政府が通貨発行して国民に供給し、余剰金を廃棄する
信用貨幣   = 通貨の意味は、金額の貸借関係を示す借用証書である

しかし過去の西洋は、次の組み合わせでした。

金本位制 = 政府が持つゴールドに等しい金額までは、通貨発行できる
実物貨幣 = 通貨の意味は、レアなゴールドの代用品とした宝物である
二つの細かい違いは?
管理通貨制度+信用貨幣 金本位制+実物貨幣
お金の流れ 政府がお金を発行し
国民へ供給する
国民がお金を用意し
政府へ供給する
お金とは何か 借用証書、ソフトウェア 財宝、ハードウェア
政府がお金に託す意向 お金はただのチケットだ
使って国をつくろう
楽しく出費拡大
お金は貴重な資源だ
使わず温存しよう
身を切る出費削減
財政の方向性 積極財政、富裕化 緊縮財政、貧困化
お金はいつ生まれる 人が銀行から借りた時 人が働いた時
お金の由来はどこ 政府の著作発行権 金銀銅
お金の管理者は誰 政府 市場
国の財源は何 自国通貨の発行 国民が納めた税金
徴税の主な目的 余剰貨幣を廃棄する 国の財源を確保する
国を強化する方法 無限に通貨発行する 無限に増税する
その実質的な制限は何 インフレ率2から4パーセント 国民の年間自殺数
国の予算は最大で 税収より必ず大きい 税収に等しい
お金の最大量は何で決まる 国産の商品の量と質
商品を増産すれば上方修正
国にある金の延べ棒
金を採掘すれば上方修正
国の予算1兆円のコスト
なぜそうなる
無料
自主発行するから
1兆円
よそから借りるから
景気はなぜ上がる
超好景気はなぜ起きる
政府がお金を発行するから
企業の銀行融資が多いから
皆がまじめに働くから
皆が死ぬほど働くから
景気はなぜ下がる
デフレ不況はなぜ起きる
政府がお金を削減するから
政府がお金を削減しすぎ
皆が仕事をさぼるから
皆が仕事をさぼりすぎ
国民と社会はどうなる 所得増で物が売れる
多子化と人口増
国力と国際地位アップ
所得減で物が売れない
少子化と人口減
国力と国際地位ダウン
国民同士は何を始める 生命を助け合う お金を奪い合う
国民が持つ感覚は 人生を楽しもう
個性と付加価値バンザイ
皆で力を合わせよう
博愛思想
無駄をなくそう
自助と自己責任バンザイ
一人で生きていこう
優生思想
コロナ給付金に何を思う 各界にばらまきGDPを増やせ
全員が助かり経済が持ち直す
消費税廃止を給付と併用せよ
あり余る者だけ所得税で回収
国のお金は底をついて
財政破綻し円は紙くず
水商売や外人に出すな
大増税して金庫に戻せ
他人がお金を儲けると 儲けが市場に回り僕も儲かる その分僕の儲けが減る
ゲームにたとえると 倍々ゲーム イス取りゲーム
貧困者が亡くなると 国の人口が減って悲しむ 国の支出が減って喜ぶ
どの国が採用している 全ての国(日本を除く) 日本

本当に日本だけが逆なの、誇張はないの?

金本位制から管理通貨制度へ、切り替えたのはいつ?

管理通貨制度への切り替えは、今から90年ほど前でした。

1929年にニューヨークのウォール街の株が暴落して、世界が超デフレ不況となり、死者が大勢出た事件でした。

この世界大恐慌は、第一次世界大戦の賠償で貧困化していたドイツで、ヒトラーが第二次世界大戦でリベンジする火ダネとなりました。

世界大恐慌を1930年代にどう解決した?

ニューディール政策でした。

政府がゴールドの量を超えて、紙幣を刷ってばらまきました。公共投資を含みます。

すると国民の飢え死にも、企業倒産も減りました。

通貨発行の上限はゴールドやシルバーの量と関係ないと、人類は悟りました。

日本の高橋是清(これきよ)はアメリカより先に円を刷ってばらまき、日本は先にデフレから脱したとされます。

同じ作業を2020年2月からのコロナ禍で、トランプ+バイデン大統領がやっています。中国はコロナ前から延々とお金を増刷し、日本の尖閣諸島を攻めるコストもそれです。

そこに話がつながるのか

しかし財政技術の完全な交替は、世界大恐慌より遅れ、だから二次大戦は起きました。

1971年のニクソンショック。別名ドルショック。

「ドル札をゴールドと交換する確約の破棄」が、新たな分岐点でした。

1973年に施行され、世界は管理通貨制度+信用貨幣へ完全移行しました。

改めてお金の物理量を無制限にした理由は?

オートメーションの増産です。車を溶接するロボットが象徴します。

国産品が量産できれば、国民にお金を多くばらまいても、商品が売り切れません。

商品がじゃぶじゃぶなら、お金がじゃぶじゃぶでも釣り合う、当たり前の話です。

対して、貴金属が貨幣量を決めると、口に入る量しか弁当を作らない不合理です。

実物貨幣論だと、大勢が飢えます。

日本だけが今も古い制限を続けるわけ?

それが緊縮財政と消費税増税です。

日本国民は、福祉の切り捨て容認に傾きました。福祉の名目で増税したのに、あべこべ。

全員死ぬまでやめないつもり?

1945年夏に、放射線を二度あびるまで突き進んだ、あれと同じ国民の意地です。

なぜ日本だけが中世の貨幣観なの?

教科書に、あべこべの嘘が書いてあるからです。

税金は財源ではないのに、逆が書いてあります。

記事→ デマを信じたネットの声

日本だけが怒涛の勢いで、階段を転げ落ちるように貧困化しました。

とことん自滅へ走る大和魂を見たり

日本国民は間違った経済知識をしっかり学び、理論武装しています。世界で稀有な失われた30年が現在進行中なのは、洗脳解除の難易度を示します。
Photo: by Jingming Pan on Unsplash