日本経済が悪い原因はこの人→国の借金と無駄を減らせの投稿

炎上

ネットの読者投稿の中に、日本経済が傾く原因が明快

ネットニュースの一部には、読者の感想や意見などの投稿コーナーがあります。集まった投稿を見ると、日本経済が伸びずに貧困化した理由が読み取れます。そのお話です。

最近こういう報道がありました。

「日本は戦後最大の好景気になりそうだったが、コロナにはばまれ届かなかった」。

出たっ!

この報道に対して非難ごうごうでした。「ここ何年も、好景気だと感じたことはないぞ」という読者の反論がほとんどです。

投稿されたひとつは、こんなふうでした。

非正規雇用は増え、国と地方の借金は増え、公共サービスや研究費などの予算は減らし、政府系の日銀や年金などの巨大な資金で株を購入し、ドーピングした見せかけだけの「国の景気」が伸びてるなんて言っても、実感もないし、政府や与党の成果みたいに言われてもね。

本来なら、企業の業績や給与、需要が上向くことで景気が良くなり、その結果物価上昇という循環が起こるべきなのに、物価を上げるためだけに金利を下げ、株価を上げるためだけに公金で買い占めるって、順番もやり方もデタラメ。

トリクルダウンなんて言っても、上だけが儲かる。
お金が循環するような政策はやった?
投資や法人税は減税するのに、雇用や給与はどうした?

国がバンバン借金して無駄な公共事業をして、その給与を払っても、景気・GDPは上向いたことにできるんでしょ。

その借金を返すために、公共サービスは下がり、役所や図書館などですら、非正規雇用で占めるって、良い社会になってるとは思えない。

政府に向かって怒ってるね

この意見投稿は、支離滅裂です。

その説明を次にやります。

よくある意見パターン、何が間違いかを理解するために

この意見は「最高の好景気が長く続いた」に対し、「違うぞ」と反論しています。

言葉で「好景気バンザイ」と飾るだけだと、ねつ造体質を糾弾しています。

日本銀行の介入で株価を上げるインチキに、円安誘導してGDPをいじるインチキ。現に景気動向の統計は改変の一部がばれて、国会で応酬になりました。

物価上昇のインフレ好況の定義を曲げ、賃金は名目と実質をすり替えて逃げ回り、粉飾して成果を歌う政府。それを批判した意見です。

一見すれば、誰もが賛同しそうな政府批判だが

それらの指摘は、ほぼ全てが当たっています。ところが。

致命的な間違いがもぐり込んでいます。「借金」への評価です。

「国と地方の借金は増え」→ 悪いことだと認識していますね。

「国がバンバン借金して、無駄な公共事業をして」→ 悪行とみていますね。

「その借金を返すために」→ 国債発行残高をミスターXへ返すつもりですね。

これら三つの「借金」と、「無駄」の語で、話の流れはメチャクチャです。

論旨が混乱して、意味不明の説教になっています。

しかも消費税に言及がなく、主犯格だけはしっかり見落としています。

国の借金1100兆円を、減らすべきだと勘違いしている

この意見内容を、別の話に置き換えるとこうなります。

ニホンさんはあまりにやせて、体力が落ちて活動がほとんどできない。

ニホンさんは、病気がちで虚弱体質で、それも日に日に悪化している。

ニホンさんは、食費ゼロがまだ達成できずに、無駄に出費している。

メシを食わせないから、死にかけているだけ?

ニホンさんを太らせて元気にしたい希望と、逆にやせこけさせて死なせたい希望の、両方とも並べて主張した文章なのです。一貫性なく断裂して大混乱しています。

批判内容が矛盾してるわけ?

「凍傷がひどすぎるぞ」と怒った次の行で、「温めるやつがあるか」と怒っています。

凍傷を治したいの?。悪化させたいの?。

凍傷が発症するメカニズムを、そもそも知っているの?。知らないの?。

日本人の大半が支離滅裂なのでは?

23年もデフレ不況を保ち続けている、その原動力は国民の脳内にあります。

バブルは善で、その後の失墜が悪なのに、失墜した不景気を基準にして、バブルを悪だとする冷ややかな好景気批判を、あちこちで見ますよね。

過去の好景気を批判しながら、今の不景気を嘆くという。

好景気にしたいの、不景気にしたいの?。

善悪の評価がごちゃごちゃなのか

事件現場に犯人もいるし、警官や消防士も来ている状態だとします。

目に入った全員を、刑務所へ送る主張なのです。

政府の善行と悪行を国民は区別できない?

コロナGoToトラベルキャンペーンは、お金のばらまきが善です。

ただし、ばらまき額を減らすために、旅行者に半額出させるから悪なのです。

旅行者がコロナに感染するからではなく、通貨発行が半分に減るから悪なのです。

なのに国民の採点では善悪が逆で、「旅行業界を利するな」と怒り出す始末です。

旅行関係者を利さないと日本沈没なのに

こうした産業を滅ぼしGDPをゼロへ縮小させる圧力に、政治は逆らっていません。

「国の借金を返すべき」「国債発行をなくすべき」と言って国を滅ぼそうとする民意に、議員は従っています。

政府は企業を倒産させて、国民を飢えさせて、早めに墓に入るよう動いてくれています。余裕のない暮らしへと落としてくれて、子孫も減るようにしてくれています。

公共事業をうんと減らして、川の水があふれて、一人でも多くが溺れ死ぬようにしてくれました。不幸になりたがる国民の指向は、この1年にも着々と実現していますよね。

政治家は国民に正解を教えてあげないの?

国民を正そうとすると浮いてしまい、落選の心配があるわけです。前例があったし。

なぜなら、国民も間違った自分の考えに高いプライドがあるからです。

世界にくらべ日本の政治は民意に忠実で、国民の考え違いも正すことなく、受け売るように奇行へ走っています。どうせ責任も不幸も、国民の側に行くのだしと。

それはいい方向へも出ないか?

現に、国民が正常思考で「金を出せ」と言えば、10万円や200万円が通帳記入で新発行されました。結局何の異常も起きずに、プチ好景気で消費がちゃんと伸びました。

国庫の枯渇も、財政破綻も、ハイパーインフレも、コロナ国債で起きていませんよね。

次に国民が従来の異常思考に戻って「僕らが金を持っていれば日本は終わる」と言えば、親切な政府は給付した全額を回収して、皆を貧乏人にちゃんと戻してくれるのです。

意見の投稿者は何を知るべきなの?

国が使うお金は、自国通貨の新発行です。そこを間違うと貧困化します。

そして今の日本に、問題はひとつだけあります。デフレ不況です。

コロナ前から、景気悪化の5番底でした。

原因は緊縮財政と消費税増税で、国民の手にお金が足りない一点です。

政府批判の意見をどう書けばよかった?

次の二つで解決する話なのです。

「政府は借金をどんどん増やせ」。

「政府は出費の無駄づかいをやりまくれ」。

理屈は確かに正論すぎ!

ニホンさんの健康はこう。「栄養のある食品にお金を使い、たくさん食べさせろ」。

凍傷の治療はこう。「冷やすのを打ち切って、ひたすら温めまくれ」。

要するに、あべこべ?

国民は「飢えた人を何とかしろ」と叫びつつ、「食費をゼロにしろ」を叫びます。二つはあべこべだから永久に解決しません。

政府の失政をあげつらう時に、「国の借金の大きさ」と「無駄な公共事業や箱物の多さ」を非難したとたんに、話はひっくり返ってガラガラと崩れています。

その二つは、国の経済を大きく豊かにして、貧困の犯罪も防止するからです。

そうだった

そもそも借金を減らして、公共事業を減らしたから、貧困化しているのだから。

「脱ダム宣言」を実行したから、貨幣発行が激減して、市中のマネーストックが減少し、給食費が払えない家庭が激増し、詐欺や路上テロが流行る因果なのです。専門家の予言どおり川下では家が水につかり、家人は水死していて。

起きていることはどれも予想どおりで、当たり前すぎますね。思いもよらないサプライズな結果は、日本に見当たらないのです。

どうやれば好景気になる?

「消費税は廃止」。

「政府は借金を増やし、無駄づかいをやりまくれ」。

でも限られたお金を使うと、もったいなくない?

そのあべこべの思想信条を、財源論と呼びます。

通貨発行権を放棄して、皆が出し合ったお金を皆に配る、原始的な共同体が財源論です。吐いた息だけを吸う、またはタコが自分の足だけをエサにする、間違った理想追求です。

間違っているから日本以外はやらず、その逆をやって好景気を支えているのです。

逆だからこういう差が生じたわけ?

その間違った新興宗教をやめれば、コロナ対策の屈折が消えて、明るく開けてきます。

記事→ 財源論とは何か

記事→ 蓮舫議員の批判が発端の国債発行説明

記事→ 国の無駄づかいを減らすほど貧困化するおもしろ経済

政府は国民の意に反し、国民が苦しむ政治を続けていると言われます。実は逆で、貧困を深めて国が倒れるようにと、国民たちこそが目指しています。
Photo: by James Fitzgerald on Unsplash