日本人がケチを強いられるのは、財政の誤解に原因がある

金閣寺

日本人のほぼ全員が、財政をこう誤解している

日本の貧困化は、国民が脳内である種の勘違いを起こし、脳裏に浮かべる財政システムが間違っているせいで起きています。

陰謀説もあるけど?

日本国を貧困化させて崩壊させる黒幕は、海外の某秘密結社だという陰謀論があります。でもそれなら、国民は財政の仕組みをもっと理解していてもよいでしょう。

あるいは庶民の選挙権を消されるなど、特別に不遇の扱いを受けているかといえば、それもない。だから国民が、自らの意思で悪い方へ走っている過失が疑われるのです。

どういう間違い?

「お金は人類には発行できず、神が生んで配布する」。

「だから各国は税金を集め、国をまかなう資金を準備する」。

「無駄づかいが多い馬鹿日本は、資金を使い果たして財政破綻する」。

「少子高齢化時代の負担が、日本が劣化した発端だ」。

「人口が増えると経済は右肩上がり、減ると右肩下がりとなる」。

「縦社会やいじめ社会で、経済はさらに不調で貧困化する」。

「日本人の引っ込み思案と非効率と年功序列は、時代遅れで世界に通用しない」。

「貧困化した国民は使えないから、滅ぶ以外に選べない」。

「滅びたくないなら、日本文化を捨てて英語社会に変えたまえ」。

すごいもっともらしい

自分はそんなの、全然思っていないという方もいるでしょう。しかしネットをたんねんに見ると、上記がすごい層の厚さで支持されているとわかります。

主張者はカリスマとなり、すごいファンが集まっていますよん。

なぜ貧困化したのか、ファンの集まりが示していますから。

日本人の財政への勘違いは、どこが起点になっている?

「お金は人類には発行できない」という、最初の前提です。

現実は、どの国も自国通貨を発行しまくっています。

政府がお金を多めに発行すれば、貧困化はなくなります。それだけのことです。

それが全てか?

それ以外にも色々あるだろと、勘違いしていませんかー?。

知らない方々の妄想がふくらみ続けて、次々と奇妙な理論を派生させています。

どういう理論?

最もメジャーな理論が財源論です。税金で国費をまかなうとの、宗教的な思想です。

財源論が間違いなのは、お金を発行できる仕組みがあるからです。

国の出費は、発行したお金で行う道理になります。回収したお金ではなくて。

財源論は有害なの?

財源論は害のかたまりで、高齢者や障がい者は、税金を納めずに食いつぶす負担として、税金を無駄づかいする悪役と解釈されます。

そのため国民感情の中には、納税を免れた彼ら彼女らに、世の中から消えて欲しいという切なる願いが潜伏します。ネットに非常に多く噴出しています。

具体的には?

たとえば高齢者に不幸があったニュースで、年金が浮くから財源が助かった式の、喜びというか安堵のコメントが掲示板に並びます。

無駄をなくすには、まず高齢者をなくせと。病人やケガ人も切り捨てろと。

働かない人が少しでも減れば税金が助かる仕組みだとは、99パーセントの人々が共有しています。当然、優生思想へ向かいます。人間を必要と不要に分ける思想です。

この日本の民意は全くの間違いですが、平成デフレ不況下で堅固に築かれました。

財源論が、差別にお墨付きを与えたのです。

本当は現代の国家財政は、どういう仕組みなのか

99パーセントの人が語るこうした「日本の構造問題」や「日本を立て直す提案」は完全に間違っています。

通貨発行権があるので、全くひっくり返ります。

通貨発行権。これが焦点ですね。

神ではなく人がお金を発行する?

独立国は自国通貨を定義して発行し、増減する権利と義務を負っています。

「お金は働けば増える」はウブな素人考えで、発行した時に増えて、次に流通します。

日本の場合は、東京で国会議員と財務省職員が円を発行します。宇宙の神ではなく。

各国はお金をいくらでも発行できます。そのお金には裏づけがいらないのが、現今の特徴になっています。

お金の裏づけって何?

主にゴールドです。金の延べ板。

近世から近代にかけてのお金は、金、ゴールドと交換できました。交換義務がお金の価値を保つはたらきでした。だからか、「キン」と「カネ」は漢字が同じ「金」ですよね。

そのタイプのお金、お札のことを、兌換紙幣と呼びます。「だかんしへい」と読んで、とても珍しい漢字を使っています。

どんな紙幣なの?

兌換紙幣に相当して、最後の方まで残ったのが米ドル札でした。ゴールドといつでも交換できた約束が長かったのです。しかしある時、廃止してしまいました。

廃止した時から、お金を発行できる上限になる目安が変更になったのです。

お金の発行には限界がある?

兌換紙幣は、国内の金庫にある純金の総量で、お金の発行上限が決まりました。

廃止後は、国内の商店にある商品の総量で、お金の発行上限が決まります。

昔は、純金が目安。

今は、商品が目安。

ということは?

つまり、インフレ率が上がりすぎない範囲で、できるだけ貨幣を増やす政策が正当というわけです。このセオリーどおりがアメリカと中国です。世界1位と2位。

産業が豊富な国では、原理的に貨幣を多く発行できます。

政府が貨幣を増やしたり減らしたりして、国力をできうる限り増強すればよいから。

言い換えれば、国内にお金が不足する現象が原理的に起きません。発行して足せるから。

日本は?

みんなが信じているのは財源論です。間違った思想に汚染され、世界で浮いていて。

お金を増やせない前提で、今あるお金を奪い合い、殺し合う思想です。共食い思想です。

みんな経済を難しく考えているし

日本国内には商品が山とあって、増産も速やかです。工場が遊んでいるほどです。なのに貨幣をあえて減らして国をビンボーにしている悪い冗談です。

先日も、製鉄工場を閉鎖する報道がありましたね。世界の潮流とかじゃなくて、単に内需をわざと縮小させたせいで、皆が物を買わないからつぶれたんです。

自分で物を売れなくして、物が売れないと嘆く、異常な惨状が日本です。

日本らしいというか

国民の99パーセントは、そんな奇行のせいで暮らしが悪化しているとは、全く気づきません。これでいいんだと思い込んでいます。

それで、平成と令和のカリスマリーダーたちは、「君たちの働き方が非効率なんだ」と嘘を言うわけです。

「僕についてくれば、お金の儲け方を伝授しよう」。

「まず、この教材を買いたまえ」。

「オンラインサロンに参加したまえ」。

「メルマガを買いたまえ」。

さらに「日本古来の伝統をぶっ壊して日本らしさを捨てよう」と言い出します。「過去と決別して欧米人のキャラに生まれ変わりたまえ」と主張しています。ついて行く信者がとても多いんですよ。

国民の貧困理由を知らないせいで、迷走する日本人の悲しい姿です。

なぜ日本では故意に貨幣を減らす?

財源論の思想から自動的に導かれる、当然の帰結です。

財源論で考えれば、お金は使えば減ってなくなります。もったいないから使わないようにして、金庫にしまって寝かせておくと人生に勝てるという教えになりますから。

お金のために、他を犠牲にする思想です。

お金よりも大事なものはないという、日本らしい新興宗教です。

これって日本独自の宗教だったの?

ここまでを理解すれば、99パーセントの勘違いちゃんから卒業間近ですよん。

日本人が消費税は必要だと思い違いを起こしている最大の理由は、国が自国通貨を発行する権利と義務があることさえ、知識の片鱗にもないからです。
Photo: by ZEKERIYA SEN on Unsplash