万年筆マネーとは銀行の信用創造:コロナ給付金は誰にも返さない

万年筆マネー

現代のお金の大半は、預金通帳の数字で流通している

コロナ給付金の正体は、要するに政府の打ち出の小づちです。

民間にも疑似的な打ち出の小づちがあり、万年筆マネーの語がそれで、銀行にプリンターがないそろばんの時代からあります。

驚いたことに、お金を発行する方法は、説明の99パーセントが真っ赤な嘘です。ネットの有名人ブログや動画で経済を勉強しても、嘘つきにしかなれません。

お金の発行のしかたを知りたい

お金を発行する役は、まずは中央銀行です。日本銀行です。そして一般の市中銀行です。メガバンク、都市銀行、地方銀行、信用金庫など。

お金の正体は借用証書です。貸し借りの記録用紙がお金の原型です。昔は粘土板でした。今でも誰か借りる人がいて、初めてお金が生まれます。

そんなお金を信用貨幣と呼び、この方法で世界が動いています。

記事→ お金は借用証書だった

銀行融資の話ね

お金を貸す専門業者が銀行です。サラ金は調達した1万円札を貸しますが、銀行は特別な権限があり、1万円札ではなく数字を貸します。

記事→ 銀行がお金を生む

銀行が貸すお金は、店頭でいきなり新発行したマネー

銀行は何と、通帳に書いた瞬間にお金を発生させます。マネー・クリエイションと呼び、日本語で信用創造と訳されます。

在庫のお金は回さず、担保にもしません。銀行業務は預金部門なしに成り立ちます。

大衆はそこがついていけない

元金融業界出身などお金に特別詳しい人も、なぜかこの根本を誤解しています。

大人気のカリスマ金融マンも、まず全員が間違っています。

どういう誤解?

非常に多いのが、次の間違った一言です。

「銀行は、預かったお金を貸している」。

それさえ間違いだった?

よく見かける次の説明は、完全に間違いです。

「Aさんが銀行に預けた100万円のうち99万円を、銀行がBさんに貸します。するとあら不思議、銀行にあるのは100万円なのに、全部で199万円に増えましたとさ」。

ネットもその説明ばかりだが

完全に間違っています。それだと300年前の方法でしょう。

現代は何が違う?

「Aさんの100万円」という前振りが不要です。

預金が0円でも、Bさんの通帳に99万円でも2000万円でも、記入するだけです。

Bさんに貸す99万円は、資金や預金を増殖したり、又貸しではないのです。

ソフトが最低一個は必要になる、レンタルビデオの貸し借りとは違います。

ささいな解釈ミスか?

ささいではなく、致命的です。

お金を土台にしてお金が生まれる曲解だと、最初のAさんの100万円がどこから来たのかが説明できず、発端がウヤムヤなのです。

すでにあるお金を元にするなら、すでにあるお金は何なんだという話になりますよね。

この種の勘違いを、俗に財源論と呼びます。貴金属など、物体と混同した妄想です。

必ず結論を間違います。

どう間違う?

「銀行は又貸し業だ」だと、お金は貴重品です。助けたAさんが救いの神になります。

本当はBさんが借りるだけでお金が生まれるのに、Aさんの貢献だと誤認します。資産家が銀行業を支えるのだと誤解して、命の軽重を測るミスが起きます。

人の持ち金をみて、命の値踏みや、優生思想へ発展していきますね。

富裕層を優遇する政策や、働けない者に早く死んで欲しい民意の裏に、お金の生まれ方のこの誤解が隠れています。

赤ちゃんはコウノトリが運んでくるのではないと言いつつ、赤ちゃん誕生にコウノトリが一役買うことは、あくまで信じるみたいな感じ。

なぜ専門の学者もそこを間違うのか?

学習内容が古いからです。叩き込まれた基礎が、時代錯誤な古典だから。

「又貸しでお金を増殖する」の解釈は、預金準備制度とも混線しています。

銀行が嫌われるのもその誤解のせいか?

「銀行が儲かる世界を直したい」「金融を廃止して人間中心に戻そう」式の世界革命は、信用創造を又貸しと言っている人の願望です。

根底には、銀行員が高給取りだった過去があります。

「銀行員は僕らが働いて生んだお金を又貸しして、利ザヤをふところに入れて、いい暮らしをしている」「他人を踏み台にして、ずるいなあ」という不満が今もあります。

「お菓子屋さんは、毎日お菓子を好きなだけ食べていいなあ」と、うらやむ感じか。

人々の脳裏に「お金は働いて得る」の常識があります。働かないでお金を増やせる銀行に不当感が起きます。労働の尊さが汚された怒りです。

それらは邪推だった?

カリスマユーチューバーも、まず全員が金融制度のズルを批判しています。僕らが預けたお金を転がして儲ける楽な商売だと、頭から誤解しています。

「金利が諸悪の根源だ、金利が払えず国は崩壊する」を金融業出身者が唱えるのは、お金の発行には犠牲がともなうはずだという勘違いで、財源論が抜けきれないわけです。

財源論はお金の総量が一定で、「誰かが増えると、誰かが減るのだ」式の誤解です。お金を宝石のようなブツでイメージした間違い解釈が、部分的に混線しています。

その人たちは必ず、国の財源を心配する間違いを犯します。

実際には貸すたびにお金を新発行するだけ?

現代の初期から、万年筆マネーと呼びました。ペンで通帳に書くとお金が生まれます。

今はコンピューターソフトなので、キーストロークマネーの言葉もあります。

外部→ イングランド銀行による信用創造の説明(PDF)

銀行極悪説、銀行詐欺師説、銀行文明破壊説、etc

マネー・クリエイション、信用創造は無から有を生むと正しく知った人は、また別の邪推をやらかすのです。

「いくらでもお金を発行できる、こんなインチキがまかり通ってなるものか」と。

今度は青天井への批判か

銀行が店頭でお金を発行できると知り、驚き、ひらめき、不正だ、詐欺だ、犯罪同然だと騒ぎ出し、変調をきたす人が一定割合います。

デリバティブの錬金術に限らず、企業融資の信用創造までも憎しみの対象として。

日本だけが単独で金融制度を変えられるわけないし

マネー・クリエイションを止めたら、人口をお金で支えられず大勢亡くなります。

銀行インチキ説を叫ぶのは、お金で苦労していない層で、人口抑制や優生思想に踏み越えやすい身分かも知れません。底辺層を見下ろせるセレブの家系だとか。

現代はなぜお金を多く出すの?

戦争の次が、資本の拡大でした。マスプロダクション、量産と国際化です。

昔の金本位制では、ゴールドとシルバーなどレアメタルの埋蔵量でお金の発行は頭打ちでした。そこで貸借の記録という原点に帰り、金券やチケット役に戻して、お金を社会に行き渡らせました。

お金を、貴金属や宝石のような希少価値や、惜しまれる宝物から解放しました。

お金を多く発行できてどう変わった?

私たちは新幹線や飛行機に乗ったり、スマホやパソコンで世界地図を見たり、空調のきいた部屋で快適に暮らせるわけです。

快適な暮らしは、がんばって働いた成果ではないのですよ。各国政府がお金を多めに発行して、GDPを押し上げる方式です。政府がばらまいたお金が所得に足されます。

働いた税金だけで国の出費を本当にまかなえば、私たちは粗末で不潔な、獣みたいな生活しかできません。下水道もない、汚い毎日です。

税収イコール予算だと、自分の足を食べるタコ同然で、大きくなりませんからね。

国民は自分が払った税額を買いかぶっている?

徴税が無駄に重いせいで、逆に国民は国に対して恩に着せているわけです。

税金は財源ではなく、貨幣発行のサポートです。「今年の予算は何兆円」の数字を、より大きくできる安定機能です。だから日本の徴税はもっと少額が適切です。

ちなみにドイツも、徴税過多による成長の鈍化が表れています。これはインフレの意味を全世界が間違って解釈している以外に、二次大戦の敗戦国が受けたペナルティの名残り説があります。

日本とドイツとも経済成長が劣等なのは無駄な重税の結果

政府が貨幣を独占している批判もあるが?

通貨発行権を知って出る素人考えが、次の批判です。

「政府の通貨発行権益は、その儲けを独り占めさせるな」。

「貨幣の完全自由化と統一通貨で、世界をひとつに」。

「お金がなくても暮らせる星に戻して、人類を野に放とう」。

円をやめて仮想通貨に変えたらどうなる?

国はすぐに崩壊します。

この説明は、5月1日のこの記事から、10月22日の記事へ移動しました(下記リンク)。大テーマを二つ含むと、頭が疲れますので。

昔のお金にもビットコインに似た財源論的な欠点があり、刹那的だったのです。

それで昔はペストや天然痘で大勢死んだのか?

死因の中に、強盗殺人もあります。

新型コロナウイルス大恐慌では、各国政府がお金を発行してばらまき、国民の飢え死にを食い止めています。略奪や打ち壊しも、何とか思いとどまらせています。

現にアメリカでコロナで真っ先に売れ行きが伸びたのは、ハンドガン(拳銃)のメーカーです。人々はドルの奪い合いを予感して、撃たれる前に撃とうと武装しました。

記事→ ビットコインを日本の通貨にできないのはなぜ

銀行からお金を発行する作業を敵視する論が、金融への批判に目立ちます。お金で人々の命を救うべき場面でも、思想信条が救援を妨害しています。
Photo: by John Jennings on Unsplash