レバノン経済での財政破綻は日本や中国やアメリカになぜ起きない

レバノン・ベイルート

爆発したレバノンのベイルートは、先進国の生活レベル

レバノンのような事故が、日本に起きる可能性のお話です。

昭和なら起きず、平成令和の財政健全化を目標にするうち、ついに起きる理屈です。

あの爆発はすごかった

2020年8月3日にレバノンのベイルート市で起きた大爆発は、港の倉庫にあった硝酸アンモニウム2750トンに引火したらしく。

倉庫の敷地である埠頭はクレーターとなり、緑の海水が入り込みました。隣の穀物サイロからは大量のトウモロコシ粒が流れ出てしまい、食料備蓄だったそうです。

最初の火災で駆けつけた男性消防士と女性救急医は、爆心にいて痕跡も消えました。

スマホ動画に入った爆発音がすさまじい

ミサイルの光跡やUFOを描き足したフェイクが増えると思い、最初のうちに動画を全てチェックしておきました。

多くの映像で市民は裕福な暮らしを満喫し、途上国には見えません。家はゆったりして、文明の利器もそろっています。大勢がスマートフォンを持ち、記録映像も多いのです。

キラキラした清潔な都市に見えるが

ネットニュースで複数の花嫁が印象的でした。結婚式イベントで撮影中に爆風と衝撃波が来て、花嫁は吹き倒されたり、上からビルの建材が降ってきたり。

花嫁の一人は医師らしく、医学部の入試で点数を下げられる災難がなかったのか、地位の高そうな人も多い首都です。

別の若い女性の動画で、ガラスが降ったらしく顔が縫い傷だらけでしたが、医療技術も先進的のようです。市内のあちこちが先進文明国の仕様になっています。

富裕層が集まってるのか?

日本から脱走してレバノンへ帰った、元ニッサン社CEOのカルロス・ゴーンも資産家だし、国内にお金は多いはずです。

なのにレバノン国は5カ月前の3月に財政破綻、デフォルトしてお金が底をつきました。ドル借金が返済不能です。

財政破綻がレバノンに起き、日本に起きない差は生産力

レバノンが超インフレぎみになり、借金を返せなくなったのは、生産力不足です。中東の戦争と1990年まで続いた内戦で、製造業など基幹産業が乏しいからです。

第二次世界大戦で工場が壊滅した時の日本と似て、レバノンはインフレになりやすい。

つまり、レバノンポンドの価値が下がりやすい。

そのメカニズムは?

国民が働けば国力が上がります。

普通はこう考えますね。

「働いて生んだお金から、税金が多く集まるから、国庫が太って余裕が出る」。

これは素人考えで、全く違うのです。この手の思想を財源論と呼びます。

記事→ 財源論とは

正しい解釈は?

ちょっと複雑です。だから理解者が少ないわけですが。

国民が働けば生産力が高まります。生産力。

すると政府が自国通貨をより多く発行できます。

そこはどういう理屈?

お金を多く所持した国民は買い物しますが、物やサービスが市場に多くあれば枯渇せず、お金が余って起きる貨幣価値下落がないからです。

買う品物が多くある国ほど、お金を多く発行できます。発行したお金が余らないから。

国の資金力とは持ち金ではなく、今から新たに新規で新発行できるお金を指します。

国産品が量と質とも充実すれば合格?

日本のスーパーのパンコーナーは、棚がパンで埋まっています。この状態があらゆる商品で続けば、国債発行をより多くできます。

もしパンの種類も量も少ないなら、品切れでレア化します。少ないパンを奪い合うように皆で求め、価格が過度に上がります。お金の価値が下がりすぎます。

レバノンにもパンなら多くあると思うが

電器製品や家具や楽器も問われ、レバノンは食料の輸入率の高さが特に痛い。

国産品が少ないと外国から買う時に外貨が必要です。レバノンはEU国や日本からも多くの製品を買うために、ユーロや円を用意します。

外国のお金は支払い不能になる恐れがあり、それが超インフレの原因です。

その苦労は日本にはない?

日本は国産品が多いので、お金をいくら発行しても安全です。

だから日本政府は、日本円が支払い不能にならないのです。

自分が著作権も発行権も持つ円は、好きなように出し放題だからです。

政府がどのお金を使うかで全然違う?

レバノン政府が、他国通貨の日本円の負債を持てば、当然日本へ返します。

この時、自国通貨の為替が変動相場制だと、お金が市場原理の洗礼を受け、商品をたくさん輸入すれば、レバノンポンドがどんどん下がります。

そこで次善の策として固定相場制として、レート維持のために外貨建ての国債を発行するわけです。となると償還は外貨となり、返済不能が起きる確率がゼロより増えます。

日本はゼロなのに、レバノンはプラスになる。

レバノン政府は港が危険だと知っても、爆発物の移動費用を出しにくい。お金が惜しいからでなく、出せば値打ちが下がるからためらうのです。

働いて納めた税金の多さが国力だと思いやすいが

関係ありません。税金は廃棄するお金ですから。

国力を決めるのは、国産品の量と質です。日本は最高級で、レバノンは最低級。

生産力を育て維持する愚直な道が、国力の安定を生む

「日本で作らなくても、安い製品が外国にあれば、それを買えば得でしょ」。

こうしたコスパ至上主義者の話は、危険な誘惑です。

「困った時に、足元をみられるぜ」。

「売ってくれる代わりに、無理難題を頼まれるよ」。

「外交の衝突で兵糧攻めにされて、国民は飢え死にじゃんか」。

それ中二でもわかる話

日本はマスクを製造しても儲からないからと、中国に作らせ依存していました。新型コロナウイルス騒動でマスク不足になり、買い占めとぼったくり転売が起きました。

おまけに世界のコロナ対策で、海外生産に依存する日本の影は薄くなりました。

日本が円の発行をやめ続けるとどうなる?

日本は、何とレバノン化します。

この23年の日本が経済成長しないのは、少子高齢化のせいではなく、お金を出せば破綻する都市伝説への信心のせいです。市販の偽書を信じ込んだ。

日本はインフレのメカニズムを誤解し、生産力の毀損が致命的だと知らず、生産力不足のレバノンに近づく悪化を進めている最中です。

日本のレバノン化は故意なわけ?

1997年からの緊縮財政と消費税増税で、国民のお金を意図的に減らしてきました。すると国民は貧困化して物を買わなくなり、工場が倒産や廃業します。

すると日本は製造業がないレバノンに似て、輸入品に頼る弱い立場へ落ちます。

それ日本でもう起きてない?

経費をケチった末の爆発は、実はレバノンより日本が先でした。

原子力発電所。

フクシマ原発の爆発は、地震で原子炉が割れたのではなく、津波で冷却装置が破壊されたとされます。東海地震を想定した堤防計画はあったのに、コストカットしました。

車の任意保険と似て、節約したい心理だと、将来の危険を低く見積もるものです。

やっちゃった

日本は生産力があったのに、安全対策を怠り爆発。

レバノンは生産力がなくて、安全対策を怠り爆発。

レバノン政府は、フクシマの悲劇をなぞるように、日本を追いかけたかたちです。

レバノンは先進国の暮らしなのに途上国なのは、自国内の生産力不足です。生産力が高いと、政府がお金を多めに発行でき、安全対策へ出費できます。
Photo: by rashid khreiss on Unsplash