レバノンの財政破綻は日本、中国、アメリカになぜ起きないの

レバノン・ベイルート

爆発したレバノンのベイルートは、先進国の生活レベル

レバノンのような事故が、日本に起きる可能性のお話です。

昭和なら起きず、平成令和の財政健全化を目標にするうち、ついに起きる理屈です。

逆走だからね

2020年8月3日に、レバノンのベイルート市で大爆発が起きました。港の倉庫に置いていた硝酸アンモニウム、2750トンに引火したらしく。

倉庫の敷地である埠頭はクレーターとなり、緑の海水が入り込みました。隣の穀物サイロからは小麦が流れ出て、食料備蓄も減ってしまいました。

最初の火災で駆けつけた消防士と救急医は、痕跡も消えています。

スマホ動画に入った爆発音がすさまじい

ミサイルの光跡やUFOを描き足したフェイクがきっと増えるから、最初のうちに全ての動画をチェックしておきました。

多くの映像で市民は裕福な暮らしを満喫し、途上国には見えません。家はゆったりして、文明の利器もそろっています。大勢がスマートフォンを持ち、記録映像も多いのです。

キラキラした清潔な都市に見えるが

ネットニュースで複数の花嫁が印象的でした。結婚式イベントで撮影中に爆風と衝撃波が来て、花嫁は吹き倒されたり、上からビルの建材が降ってきたり。

花嫁の一人は医師らしく、医学部の入試で点数を下げられる災難がなかったのか、地位の高そうな人も多い首都です。

別の若い女性の動画で、ガラスが降ったらしく顔が縫い傷だらけでしたが、医療技術も先進的のようです。市内のあちこちが先進文明国の仕様になっています。

富裕層が集まっているのか?

日本から脱走してレバノンへ帰った、元ニッサン社CEOのカルロス・ゴーンも資産家だし、国内にお金は多いはずです。

なのにレバノン国は5カ月前の3月に財政破綻、デフォルトしてお金が底をついていました。ドル借金が返済不能の金欠状態です。

お金不足なら日本同然に超デフレかと思えば、超インフレになっていました。

財政破綻がレバノンに起き、日本に起きない差は生産力

レバノンが超インフレぎみになり、借金を返せなくなったのは、生産力不足です。中東の戦争と1990年まで続いた内戦で、製造業など基幹産業が乏しいからです。

第二次世界大戦で工場が壊滅した時の日本と似て、レバノンはインフレになりやすい。

つまり、レバノンポンドの価値が下がりやすい。

そのメカニズムは?

国民が働けば国力が上がります。しかしその原理は、皆が浮かべる筋書きと違います。

普通はこう考えますね。

「働いて生んだお金から、税金が多く集まるから、国庫が太って余裕が出る」。

違うのです。これは素人考えです。この手の思想を財源論と呼びます。みんなでお金を出し合い、国の出費をまかなうという荒唐無稽な発想が財源論です。

正しい解釈は?

ちょっと複雑です。だから理解者が少ないわけですが。

国民が働けば生産力が高まります。すると政府が自国通貨をより多く発行できます。政府が何かを買うコストをより太らせることが可能になり、国力が増強されます。

国力とは、持ち金の多さではなく、お金を発行できる多さなのです。ワッカルカナー。

意外に簡単に思えたが

生産力とは、製品の種類が多く、量が多く、速く製造できる態勢です。

生産力が高いと、国民がいくら買い物しても商品がすかさず補充されるから、お金が宙に浮いて余って役立たずになる日が来ません。すると物価も通貨価値も安定します。

安定した通貨は、外国政府が買って備蓄します。その指名が、日本円は米ドルに勝るかも知れないというわけです。

日本円が危ないという説は、日本国内だけで流行している都市伝説です。

政府は国民に自国通貨をどう渡す?

多いのが、道路整備や治水工事など公共事業です。工事費は働いて納めた税金ではなく、政府が打ち出の小づちで出した新たなお金です。

そのお金は工事業者を通して、賃金や買い物で国民に広く拡散します。

国民のマネーストック、つまり貯金やサイフの紙幣が増えるわけで、その金額が十分多いと国民側で軽くだぶつくから、物が多く買われる経済波及効果が生じます。

こうして年間に動いたお金が、GDPです。

その時、店に物の枯渇が起きないと、民間給与や報酬を順調に上積みし、連鎖的な買い物に使われます。

消費が拡大するこのサイクルを、日本語で好況と呼びます。

自国産の商品が量と質とも充実していれば有利?

日本のスーパーのパンコーナーは、棚がパンで埋まっています。この状態があらゆる商品で続けば、国債発行をより多くできるわけです。

もしパンの種類も量も少ないなら、品切れでレア化して価格が過度に上がります。少ないパンを奪い合うように皆で買うから、お金の価値が下がりすぎて地に落ちます。

これを日本で起こそうとしても起きず、レバノンでは起きます。

レバノンではどう起きる?

レバノンで危険物を置く場所を確保する時も、自国通貨レバノンポンドを発行して土地代や工事代を払います。税金など関係なくて。

ところが、政府財政出動したお金は循環して国民所得になるから幸福ですが、自国製品が少ない国ではだぶついて超インフレになりやすい。だから怖くて大工事を控えます。

政府は港が危険だと知っても、安全に直す工事という買い物を渋ります。

お金を使うのが惜しいからではなく、値打ちが下がるから発行できないのです。

レバノンにもパンなら多くあると思うが

オートバイなどの高額商品も問われます。国産で作れないと、外国から買う時に外貨が必要で、支払い不能の可能性が出てくるのです。

レバノンはEU国や日本からバイクを買うために、ユーロや円を用意します。日本政府が円の負債を持つ負担ゼロと違い、レバノン政府が円の負債を持つと、日本へ返さないといけないから、相手が存在する本物の借金なわけです。

レバノンポンドを刷って、それで自国内で買えるレバノン製の製品が、いかに豊富で数量が多いかがそのまま国力になるのです。

働いてためたお金が国力だと思いやすいが

関係ありません。

国力の正体は、どんな商品でも山のように作れる生産力です。生産力。

生産力さえあれば、お金を多く刷れるわけか?

国民が働いて生んだお金の一部を政府が巻き上げて、そのお金を政府の支出代金にあてるイメージは、家計簿感覚でわかりやすいけれど、国の財政では全くの嘘です。

集めた税金で国を快適に作れるほど、先進文明国の装備は簡素ではありませんしね。

生産力を育て維持する愚直な道が、国力の安定を生む

「日本で作らなくても、安い製品が外国にあれば、それを買えば得でしょ」。

こうしたコスパ至上主義者の話は、相手にできません。

「いざという時に足元みられる」。

「売ってくれる代わりに、何か無理を頼まれるよ」。

と中二でもわかるはず。

日本はマスクを製造しても儲からないからと、中国に作らせ依存していました。新型コロナウイルス騒動でマスク不足になり、買い占めとぼったくりが起きました。

同時に起きたトイレットペーパーは早く解消しました。国産98パーセントだからです。批判も多いISO14001のリサイクルも、紙の分野は好成績です。

日本が余裕の通貨発行を放棄するとどうなる?

日本は、何とレバノン化するのです。

この23年の日本がいっこうに経済成長しないのは、少子高齢化のせいではなく、お金を出したら破綻する都市伝説の反映です。一昔前の有名な偽書を信じ込んだ失敗です。

アメリカや中国はどうか?

アメリカや中国がひそかにお金をばらまけるのは、国内の生産力が高いからです。

しかも、仕組みを首脳が理解しています。中国経済が雑なのは国が大きすぎる問題にすぎず、経済原理を理解する組織力は高いでしょう。

日本だけがインフレのメカニズムを誤解し、生産力を毀損することが致命的だと知らず、生産力不足のレバノンに近づく変化を進めている最中です。

そこを詳しく

1997年からの緊縮財政と消費税増税で、国民のお金を増やさずに、意図的に減らしてきました。すると物が売れない国に変わり、工場が閉鎖や廃業で減り、ちょうどレバノンのような製造業が少ない立場に似てくるのです。

超インフレになりやすい国へと、自分から転落します。才人が特技を使わないでいると、特技ができない凡人に変わるようなもの。

それは未来に起きる?

経費をケチった末の爆発は、日本の原子力発電所が先取りしていました。

レバノン政府は、フクシマの悲劇をもっと参考にすべきでした。

日本国民が誤解している核心は何か?

自分が持つお金はミスターXからの借り物で、返さないと怒鳴り込まれる妄想です。

この素人考えを財源論と呼びます。

ミスターXとは誰?

どこにも存在しないから、答えた人はいません。

次の話が似ていますね。

「幽霊は髪の長い細い女性ばかりで、太った角刈りのおっさん幽霊はなぜいない?」。

絶対に誰も答えないし

何世紀も話が進歩せず、足踏みですよね。

日本にお金の危機や欠陥はなく、世界で有利すぎるポジションです。なのに「日本は破綻する」詐欺で儲ける者が、経済界を支配して幅をきかせています。

デマを流す者は儲かるのか?

「日本は破綻する」詐欺で円の発行を止めたら、日本は貧困化しました。貧困化すれば、まともに働くより詐欺の方が安定して儲かるのです。

もとい、真面目に答えましょう。投資セミナーの勧誘では、「日本円はそのうち暴落して紙くずになるよ」「ハイパーインフレになるよ」と嘘をつきます。そういう商売です。

心因性の過労の患者から250万円取るために、おはらい業者が水子の霊や戦国武将の呪いを言うのと同じです。嘘を言ってだます。そういう商売です。

レバノンは先進国の暮らしなのに、途上国なのは自国内の生産力不足です。生産力が高いと、政府がお金を多めに発行でき、ケチらずに出費できます。
Photo: by rashid khreiss on Unsplash