【日本株が上がらない】長期投資家も短期トレーダーも知るべき現実

日経株価

東京証券取引所の、日本企業の株価が上がらない

2020年2月1日。コロナ勃発の号砲が、ダイアモンドプリンセス号での集団感染でした。

間もなく世界各国で株価の底が抜けて、何日間も連続して下落しました。

世界同時の株価大暴落、コロナショックね

やがて売り枯れて底を打つと、反発して急上昇しました。上昇が何カ月も続いた原因のひとつが、新規参入者でした。

コロナのロックダウンや事業自粛で、GDPは下落し、経済は衰退します。それを埋めるために、各国政府は自国通貨を追加発行し、国民に配りました。

国民は飢えやホームレス、自殺に至らず助かりましたが、お金に困っていない人は給付金の一部を株投資に回しました。買う人が増えても株価は上がります。

2020年はまるで株バブルだった

アフターコロナに景気が戻る見込みで、アメリカ株式のNYダウ、S&P500、NASDAQは上昇を続け、過去最高値(さいたかね)の更新続きです。

ところが日本株は、2021年2月の日経225株価3万円超以降、ゆるやかに下降中です。

日本株は、コロナ暴落前の低迷していた株価へ下がろうとしています。

この32年間、アメリカ株はトータルで右肩上がりし続け、日本株は横ばいです。

日米株価の差を、専門家はどう説明している?

株投資家の一番の指摘が、コロナワクチン接種が日本で遅れている点です。

他にも理由をいくつもあげています。

なお、日本株は7割ほどが海外からの売買なので、支配権は日本にほぼありません。

・ 日本はコロナワクチン接種が遅れ、感染数も増加中
・ 米のコロナワクチン接種による好景気で、FRBの金融引き締め予告の影響
・ 米はインフレを受けて、金融緩和策の縮小、テーパリングを始める
・ 好景気で長期国債の金利を上げると、国債に買いが集まり株価は下がる
・ 東京オリンピックの反動がある
・ メジャーSQやマイナーSQの先物で、海外ファンドに相場を操縦される
・ 企業の好決算で株がむしろ売られるという、天井の低さが目立つ
・ 日経225の値嵩株(ねがさかぶ)の下降トレンドが足を引っ張っている
・ 個人投資家の信用買いが増えすぎて、慢性的に上値が重い
・ 自動車などの半導体需要と供給不足のアンバランスで、相場も不安定
・ 好景気と不景気の見通しが交錯し、原油価格が乱高下している
・ 香港や上海の株市場の低迷に、日本市場が最も影響を受けている
・ アフガニスタン政府崩壊で世界が不安定になる懸念が加わった
それらの指摘は正しいの?

一番大事な要因がやっぱり抜けていますね。

デフレ。

平成日本のデフレ不況を、やっぱり見落としている

日本株の弱さは、日本がデフレ不況だからです。

アメリカ(NYダウ平均) 日本(日経平均)
1989年 2753.20ドル(12月31日) 38957.44円(12月29日 史上最高値)
38915.87円(12月29日 終値)
2021年 35360.73ドル(8月31日) 28,089.54円(8月31日)
32年間で
何倍になった
12.84倍 0.7218倍

日米の株価比較グラフ

1997年の緊縮財政と消費税増税で、日本のみデフレスパイラルに入りました。

日本企業が強い頃と弱くなった今(色付きが日本企業)

・ 緊縮財政  = 国の財源である国庫短期証券の発行を減らし、貧困にする政策
・ 消費税増税 = 国民がすでに所持しているお金を、吐き出させて廃棄する政策

投資家は企業の努力不足だと思っていますが、犯人は自国通貨を削減する政策です。

消費税増税が不況の主因

24年間の政治が故意に企業をつぶしたわけか

お金を干された国民は物を買わず、売れゆきが落ちた企業は業績不振になりました。

ソフトバンクグループや楽天の株価が低迷するのは、内需の庶民相手の商売だからです。庶民は緊縮財政と消費税増税で実質所得が減り続け、物やサービスを買い渋ります。

だからソフトバンクグループは、中国の成長株を買った含み益で企業資産を上げる戦略へ転向しました。

輸出企業のみ好調なのは、外国は好景気だから、物やサービスを買うからです。

投資家も知らされない日本の悲惨なランキング

投資家たちは日本の財政をどう思ってる?
・ 政府がお金を使えば国庫の残り金が減り、いつか破産する
・ 政府が発行する国債は借金となり、国民は払えず国は破綻
・ 政府がお金を発行すれば、ハイパーインフレで円は紙くず
日本財政破綻論のまんま!

「日本は財政健全化が必要だ」と誤認した投資家もいます。

財政健全化がジェノサイドだと知らないから。

記事→ 日本財政破綻論とは

投資家はインフレを嫌ってるが?

アメリカのインフレをみて、日本もインフレだと警戒する人が多いのです。

インフレ好況が続くと、中央銀行は長期金利を上げます。すると大口機関投資家は投資先を株から国債へ移し、株が大量に売られ(ヘッジ)、株価が一時的であれ急落します。

だから株投資家は、インフレを有害ととらえやすい。

インフレこそが経済成長する条件なのに、投資家はデフレを愛してしまう。

日本だけがデフレだとの認識も乏しい?

自分にお金が入るうちは、今が好景気だと誤認します。

経済が過熱し富裕で金余りなのは、アメリカなど先進国です。日本は長年不景気で、国民経済は凍りつき金欠です。

たとえるなら、アメリカは真夏で熱中症、日本は真冬で凍傷。アメリカが冷却作戦へ進むからといって、日本は今からお金をばらまかないと凍傷のままです。

投資家に限らず日本人の怖がり方は、インフレとデフレがあべこべです。

投資家も金本位制で考えてる?

打ち出の小づちを政府が持つ管理通貨制度の時代だとは、投資家も知らないのです。

記事→ 管理通貨制度とは

貧困の解決に関心が低いのは、自分が貧困者にお金をあげるはめになるとの誤解です。

特別定額給付金や持続化給付金で国の金庫が危ないと、財源論で考える投資家は多い。

記事→ 財源論とは

アフターコロナへの展望は?

「ワクチン接種で日本も元の好景気に戻る」という、不合理な意見も投資家に多い。

コロナ前に戻ってどうする?

市場のお金をなくそうとする経済宗教のせいで、この状態

ところで、株価が上がり続けるアメリカは正常なの?

物価がじりじり無限に上がれば、正常進化です。

昔の屋台で一杯1円のうどんが、今400円になった現象と同じです。

今100円うどんを待望するならデフレで、株価は足踏みでしょう。

1000円うどんが続々と増える頃、平均株価はもっと上にあるはず。

日本の株価は何をやれば、過去最高値へ向かう?

政府が消費税を廃止し、積極財政に転じる以外に何があるのでしょう。

トランプ、バイデン大統領ともドルをばらまき、インフレ好況に戻しました。

国民にお金をドサッと渡せば、企業製品は売れ出し、画期的な新製品も生まれます。

日本株がアメリカ株に負ける理由は、国の地合い、緊縮財政と消費税増税なのです。

記事→ ウォール街のトレーダーも知識がない現代の財政手法

アメリカはインフレ好況、日本はデフレ不況、差が株価に反映します。アメリカはスキあらば減税し、財政拡大するから、株を持つだけで得します。
Photo: by Samantha Gades on Unsplash