先進国は経済成長が止まり、日本は途上国に追いつかれてしまう?

経済成長

日本の経済成長が止まったのは、消費税増税するたび

日本の経済成長がいつ止まったか、ご存じでしょうか。

「バブルがはじけた時」がよくある回答です。厳密には違うのですよ。

国のマクロ経済の全体を最もよく示す「実質GDP」を見ると、日本のGDPの伸びが低迷する節目がいくつかあります。

1992年-バブルの2次終了
1997年-消費税5パーセント化
2008年-リーマンショック
2014年-消費税8パーセント化

という節目で、ガクガクと繰り返し落ちています。

消費税が主役?

何のことはなく、国難の正体は消費税増税です。税率を上げるたびに、GDPの伸びが平たんになり、足踏みするだけの停滞国に変化しました。デフレの起点は1997年です。

消費税増税が不況の主因だとわかるグラフ

言い換えれば、バブル後にも経済成長していました。たぶんWindows 95です。

日本経済にとって消費税はオマケの余興なんかでなく、日本キラーの主役、直接の死因になっていることがわかります。この現実について、日本人のみ全く認識がないことはよくささやかれていますが。

「国のサービスを税収でまかなう」の宗教による、不思議な貧困化ですけどねー。

これ見て日本だけ特殊と思いませんか

経済成長が途上国の特権だとする、あきらめの妄想とは

この流れを知らない人が唱える間違った論説が、次の言い方です。

「日本は成熟しきって完成した先進国だから、経済成長しなくて当然である」。

「日本がまだ経済成長すると言う人は、30歳でも年々身長が伸びるつもりの馬鹿だ」。

ナルホドー

突出した激しいうぬぼれは、まあよいとしましょう。

でもちょっと待って。成熟した先進国でハイテク国なら、5Gも楽勝なはずですね。

次世代のネット通信技術5G製品の、国際的な主導権を持っているはず。でも部品の下請け仕事だけ。世界を仕切るブランドは、中国や韓国とアメリカです。

5Gを傍観するだけの先進国?。先進文明国のアメリカはそうじゃないしー。

国際的な5G製品の自国ブランドがない、弱い立場が日本です。通信ノード(端末機器)でスパイ活動する安全保障分野で、日本はお客さんです。科学の前線に日本はいません。

石油や小麦やバナナやパンダみたいに、他国へ依存するわき役です。

日本が途上国に落ちた前提で、経済成長する立場になる

日本の産業は国際的にはしみったれて、もはや途上国相当に落ちています。ならば「経済成長は途上国が伸びる」の、伸びる側に日本は回っているではありませんか。

途上国化した日本は、経済成長する特権とやらを持ったことになりますよね。日本は経済成長が衰えた1997年から、経済成長する途上国の資格を得たのです。

チャンピオンからチャレンジャーへ?

というわけで、基礎研究の蓄えを完全喪失せずに持っている、余力が絶大な変な途上国が日本なのです。今後、爆発的に経済成長するポテンシャルを備えています。

その機運が国内にないのはなぜ?

メンタルの崩壊です。

経済成長しない事実に傷ついて、元先進国の栄光にこだわるうち、ゆるやかな自殺願望が出始めていますね。日本がだめな理由を並べて喜ぶ始末です。

これはメダル争いするレベルのスポーツ選手が、フィジカルでなくメンタルが故障して、アマチュアのがんばりにも負けている時間帯と似ています。自分を目標として練習してきた、知り合いの後輩に負けている状態ですね。

そもそも、日本が経済成長しない20年間に、イギリスもドイツもアメリカ経済成長しています。日本だけが経済成長していないのだから、日本のみ世界唯一の先進国という話になるわけで、突っ込みどころが大きすぎです。

ならもっと走ればいい?

逆走してもだめです。向きが反対です。

今の逆走とは何を指している?

緊縮財政消費税増税です。

平成時代の日本が逆走している理由は、大勢が通貨発行権を知らないから。国民が納めた税金で国をまかなうという勘違いのせいで、税金が無駄に高すぎるのです。

ところが、通貨発行権を知る人さえ逆走しています。国民が働いてかせいだお金で、通貨を発行するのだという壮大な勘違いが理由です。

それアホでしょ?

吐いた息を吸っているだけの、空回りを支持しているわけです。

新鮮なお金を追加発行して、お金の総量が増えるという、その理解ができていないから、経済成長するスキが封じられて、ひたすら貧困化する単純な構造です。

日本が経済成長しない理由は、先進国として熟成したからではなく。緊縮財政と消費税増税の逆走で、先進国なりの適切な成長を自ら止めたからです。
Photo: by Li Jiangang on Unsplash