経済学は今も中身が古い

経済学は今も中身が古い

世界は管理通貨制度と信用貨幣で、日本は金本位制と実物貨幣のまま

4つのキーワード「管理通貨制度+信用貨幣」「金本位制+実物貨幣」の説明です。日本だけがなぜデフレ不況で貧困化しているかを、日本人だけが全く理解できずにいます。その謎を解きます。
経済学は今も中身が古い

国の借金1100兆円の嘘←なぜ貧困時代に急に増えたの??

日本の借金というフェイク単語の正体である通貨発行残高は、赤字が大きいほど経済大国です。日本人は勘違いで減らそうとしますが、なぜデフレ不況になってから不自然に増えたのかが核心の謎です。
経済学は今も中身が古い

マスクやトイレットペーパーの値上がりを防ぐには生産力向上

新型コロナ騒動で、マスクとトイレットペーパーが買い占められ、貧困の日本国内で転売業者が多発しています。その値上がり現象に、経済の大事なメカニズムが表れています。
経済学は今も中身が古い

日本人がケチを強いられるのは、財政の誤解に原因がある

ネットにある「日本経済の欠点」と「立て直し方」の99パーセントは間違った妄想になっています。お金を誰が何を根拠に発行するかを、全く知らないせいで起きています。
経済学は今も中身が古い

国債発行で金利が上がる経済専門家の警告は平成破綻するする詐欺

国債発行に関するネット説明はほぼ全てが間違っており、原因は経済学の教科書や授業が間違っているから。たとえば国債を発行すれば国債価格が暴落するウソや、金利が上がるウソがよく知られます。