NHK報道が嘘でない頃:スペシャル特集で国債と税金の謎解き

解離性障害

NHKスペシャルは過去に、難解な迷信を解明していた

NHK放送が受信料でもめています。

2011年7月24日に、地上波放送は全てデジタル化しました。無断視聴を暗号で封じられるデジタルなのにNHKはそうせず、見ない人も含め全国民の支払いを望んでいます。

テレビがない家の個人情報を入手したがっていて

ところでテレビ番組のNHK特集やNHKスペシャルが、難しい問題を日本国民に説明し、入れ知恵した頃がありました。

たとえば「乖離性同一性障害」。かいりせいどういつせいしょうがい。

何か聞いたことある

「多重人格」です。一例は、一人の青年男性のキャラが時々豹変する現象です。

「年輩の優しい男」になったかと思えば、「気性の荒い少年」になったり、「おとなしい少女」「仲裁役のおばさん」などに時々変わり、周囲は仰天します。

性格も口ぶりも態度も、他人と替わったようにコロッと、声の音程や筆跡も変わります。

二重どころか五十重もあり、よく現れるキャラや、ごくたまに現れるキャラがあります。キャラが暴力的だと、事件も起きました。

「神が乗り移る」「きつねつき」「とりつかれた」「憑依現象」「先祖がしゃべる」などと、昔はオカルトで扱われました。「わざと演技してるだけ」の推測も多かった。

その謎をNHKがテレビ番組にまとめたのか

以降の多重人格は心霊やマジックではなく、精神医学や心療内科の分野として認知され、臨床研究も表に出ました。

原因は、幼児期に虐待を受けた脳の防御反応が言われます。

でも今のマスコミは嘘つきだと言われていて

平成の前半だったか、「テレビを信じるか」を国民にアンケート調査すると、「NHKは信じられるが、民放は信じがたい」と対照的な結果でした。

分かれた原因は、1970年代から民放では幽霊がいる前提で印象操作する番組が目白押しだったり、80年代に流行ったニュースのバラエティー番組化があるでしょう。

NHKだけは、「ついに幽霊がカメラに映った?」のフェイク番組を流していませんね。昔のNHKはコンプライアンスが高く、ねつ造と距離を置きました。

しかし90年代には、嘘くさい放送にNHKも加えられました。

ひとつは東アジア問題の、いわゆる反日報道でした。オリンピック日本選手の日の丸を、撮影拒否した問題など。「NHKから国民を守る党」に国会議員の当選が出たのは、受信料以前に報道内容に偏向や嘘が目立ち始めた問題もあるのです。

何が最大の嘘?

NHKの虚偽の代表が、「コロナ対策費で財政は悪化する」「国の借金1100兆円が返せず日本経済は危ない」「国債発行すると日本は破綻する」の報道です。

逆です。発行しないと破綻します。

NHKの言うには、「凍傷の時は温めずに冷やせ」です。逆です。

「財政の悪化」と呼ぶ、日本にありもしない欠点を、NHKは批判し続けてきたのです。毎日毎日虚偽報道を続け、日本を解体する音頭取り役にNHKがなっています。

民放では「財政問題など実はない」と、詳しい番組も放送されました。

NHK報道の何がどう間違ってる?
・ 国の借金1100兆円は借金でなく、政府負債が1100兆円ある表記法
・ 政府負債1100兆円の大半は、日銀から貨幣発行した実績の蓄積量
・ その負債を増やせば経済発展し、減らせば経済が傾き貧困化する
・ 負債をゼロにすれば、国民は死亡し、生存者は海外亡命している
全てを一行にまとめたら?
政府の支出金は国債発行した自国通貨であり、借入金ではなく自己資金である

政府がお金を出せば出すほど、何が起きるのだろうか

国民はなぜNHKに怒らない?

チンプンカンプンだからです。

NHK番組だけを見聞きする人は、あべこべの間違った情報を吸い込むほかありません。

信じる人が、貧困化を力強く続行しています。

日本だけが貧困化を力強く続行している証拠は?

財源論や日本財政破綻論を、NHK番組で否定しない理由

従来のNHKスペシャルの方針なら、今こういう番組を制作してよいはず。

「国債は借金ではない」。

「税金は財源ではない」。

番組ができたら絶対見たい

「戦国武将の怨霊、水子の霊、滝つぼの自殺者の霊に取りつかれた」の通説に対抗して、「本当は解離性同一性障害と呼ぶ脳の動作である」「虐待が原因であり、分析とカウンセリングで修復できるようになった」と解説する番組です。

往年の「信頼できるNHK」に戻れるチャンスが、日本経済ネタにそろっています。

NHK番組が発端となって日本を好景気に戻せば、インフレ好況も追い風となり受信料を払う者が増えるでしょう。寄付も現れそう。「受信料を下げろ」と政府も言わなくなり。

ネットではNHKは完全に悪役だが

ラジオニュースをチェックすると、番組スタッフの知識不足が最も疑われます。

片寄りのない報道を心がけた結果、嘘を反復する悪役に徹してしまう疑惑です。

記事→ 凶悪犯の動機をマスコミが形成させあおった事件がこれ

過去にはなぜ高い見識の番組が作れた?

景気がよかったからです。

まだインフレ好況の範囲で、未来が明るく、視聴者の心も広かった。

景気が悪くなると品質低下します。番組も安価な丸投げと、手抜きと低俗化して。

一般論をなぞるポピュリズムに陥ります。

NHKニュースでは、本当のことを言う報道が今もある

2020年11月のNHKラジオで、中華人民共和国の経済が強い理由を正しく述べました。

「中国は積極財政を行い、減税も行い、GDPが伸びてコロナから回復しました」。

正解を言っちゃってる!

コロナ克服はともかくとして、NHKニュースは正しく説明しました。

中国共産党が人民元を発行して国内にばらまき、経済成長して先進国に届いたことを。

中国はどこにいるのか確かめよう

アフリカ各国に援助金を出して顔が利く中国です。もう途上国を卒業しました。

日本の状況分析 = 国債発行を減らし、増税しないと、経済破綻し、コロナに敗北
中国の状況分析 = 国債発行を増やし、減税したから、経済発展し、コロナも克服
報道内容が乖離して同一性に障害が?

二つはロジックがあべこべで、同時に成り立ちません。まるでNHKが多重人格です。

中国を説明した後に、「日本はもっとお金を減らせ」と言いますかね?。

こう言い改めないといけません。

・ 中国は積極財政と減税で、人民元の総量を増やして国力を高めた
・ 日本も積極財政と減税で、円の総量を増やして国力を高めよう
中国とは逆に弱くなった国は、日本だけ?

日本以外に弱体化したのは、EU国です。ユーロをできるだけ増やさず、しかも国単位で倒産する仕組みです。

国の運営を安上がりにすれば、経済小国に変わります。気づいたスペインやイタリアが、かつての栄光を求めEUから脱退する願望があります。

それでEUは、脱退が決まったイギリスのダメージが大きくなる条件をつけ、イギリスが国力を取り戻すハッピーエンドをバッドエンドに持ち込みたい立場です。

EUの狙いは何?

EUの骨格は新自由主義経済とグローバリズムで、格差拡大と貧困指向です。小さな政府で福祉をなくしていく算段です。

福祉を商品化して外資企業に儲けさせます。法制化した議員が、企業の重役の椅子をもらう取引で、官の資産を私有財産化するビジネスです。今スウェーデンを壊す最中です。

日本にも触手は伸び、大阪市も瀬戸際です。医療体勢を故意に壊した大阪は、新型コロナで日本初の医療崩壊となり、自衛隊の医療班に泣きついた流れです。

EUの裏の仕組みもNHKスペシャルで見たい

国境をなくして失われる生命や壊れる文化の現実を示せば、NHKはイギリスのBBC放送を超えるかも知れません。

日本やEUは国の解体を指向し、対して中国共産党は国の結束を指向しています。中国が大事にしているのは、お金ではなく国力です。自国ファースト。

コロナで失速したトランプ大統領は、アメリカファーストで応じました。お金を守る国と国を守る国に分かれ、トランプ大統領は後者への分岐点です。非常識だからできた。

自国ファーストを民主国がけん制し合ううちに、ソヴィエト連邦の次の共産主義国が自国ファーストで伸びたのが、ベルリンの壁崩壊後のあらすじです。

「壁その後」のNHKスペシャルも見たい

番組で日本経済を昭和並みに復活させれば、NHKも復活します。

外部→ NHKだけが制作できる国際問題がこれ「世界の破壊を阻止する女」

NHK特集が国の借金や税金の嘘を暴けば、国民は一気に尊敬し、受信料の踏み倒しをやめるでしょう。フェイク報道だらけとの批判も挽回できます。
Photo: by Anthony Tran on Unsplash