減税して景気を上げれば逆に税収は増える←この論法は正しいのか

スパークリングワイン

税率を大きく上げても、税収は小さくしか増えない

消費税の「税率」を上げても、「税収」はそれほど増えません。このお話です。

増税のパラドックス問題ね

「増税しても税収は増えない」「率に比例せず低くとどまる」の経験則があります。

消費税5パーセントを8パーに上げれば、1050円の製品は1080円に上がります。

30円の税額アップで、店で1000個売れていたなら、税収は3万円増えます。

でも売れ行きは落ちるはず

当前、消費税増税で割高感が高まり、買わない者が増えます。1000個売れていた前提が崩れ、999個以下に減ります。

625個に減れば税収は前と同じで空回りで、この鈍化は日本で続いています。

たばこと同様、増税のたびに全ての商品の売れ数が減っています。

どういう商品が打撃を受ける?

電気、ガス、水道は、増税後も売れます。

でも高級果物やプラモデルや楽器や天体望遠鏡は買う人が減ります。大塚家具なども。

増税には限界があるわけか?

400円のラーメンを2倍の800円に上げても、店の利益400万円が2倍の800万円に上がらないのと同じです。

客が価格の高さにがっかりして、売れる数が減るからです。利益は同じ400万のままや380万円に落ちて逆転もあるでしょう。倒産や廃業もあるかも。

税金は国の財源でないから、増やす努力は勘違いの妄想

税金は財源ではありません。通貨の間引きです。多すぎるお金を捨て去る機能です。

消費税はたばこ税と同じ「買うな」の意味で、売れ数を減らす目的です。

話の全てがひっくり返る?

「税率を上げなくても、景気を上げれば、税収は増える」は、正しい理屈です。

しかし本気でやるなら、話が変ですね。

財源でないから、税収を増やす必要が最初からありませんから。

ならなぜ、増税しても税収は上がらないと、指摘する?

「税金の機能も知らないあんたは何なの」「アホでしょ」とからかっているわけ。

皮肉として言ってるわけね?

税収アップを指南するアドバイスではありません。

政府はお金を好きなだけ出せるからね

十分に出して、かつ、あり余るほどは出さないのが正常な国です。

政府は資金欲しさに徴税するのでなく、自国通貨のメンテナンスです。

税収は不問が正しく、税収入の「あがり」の大きさを喜ぶのは気が変です。

増税の勘違いで日本は冷え切った

経済を温めるにはどうする?

政府が通貨発行してばらまき、インフレ率2から4パーセントにお金をだぶつかせます。

その逆をやる令和の今は、インフレ率0パーセントのデフレ不況です。

国の経済に、不思議の富裕あり、不思議の貧困なし

景気を普通に上げたら、税収は大きく増える

税率をいじらず、単純に景気を上げれば、劇的に税収が増えます。

単純に景気を上げるのは、政府には朝飯前の指一本(念のため)

景気上昇のスイッチを押せばどうなる?

昭和末期のバブル時代に戻ります。国民にお金が回ると、貧乏暮らしの人も所得税を払う範囲に入るほどお金を得ました。確定申告する人だらけになりました。

結果、何と税収が国の予算を超えました。国債発行が不要になり、政府黒字が実現したのです。1990年前後には、民間融資のマネー・クリエイションで経済成長できました。

政府黒字は健全なの?

意外にも不健全です。政府黒字はハッピーではなく不吉です。

政府黒字の後で恐慌や戦争が起きるジンクスがあり、今日本が目指すのはそれ。

なぜ政府黒字は危険か?

政府が黒字なら国民は赤字です。国民は本物の借金をしています。

返済で経済縮小(信用創造と反対の信用収縮)が起き、経済衰退します。

・ 政府が赤字なら、国民は黒字、これが裕福な先進国
・ 政府が黒字なら、国民は赤字、これが貧困な先進国(国民は粗暴に変わる)
借金を返済したからバブルがはじけたわけか

それ以外に何があるのでしょう。借金は継続すると幸福で、打ち切ると暗転します。

国民赤字の返済ブームで経済縮小したのが1990年代後半の日本で、ハゲタカファンドが日本企業を食い散らかしました。

人類の模範的な「ザ・電器製品」のサンヨー電気が傾いた頃です。

昭和バブルの余剰金は何に使ったの?

各地で、河川改良を大々的に行いました。

その後の豪雨では、上がってこない濁流を見て涼しい顔で過ごせました。しかし河川改良に出遅れ、脱ダムブームにはばまれた地域は、平成末の豪雨で川があふれました。

・ 倹約せずに、金づかいの荒かった都市では、住民は助かった
・ お金を大切に守り、倹約に徹した都市では、住民は水死した
「税収を上げたいなら、税率ではなく景気を上げよ」は計算上は正解です。ところが税収アップの目標こそが妄想であり、財源論の間違った思想です。
Photo: by Anthony DELANOIX on Unsplash