日本の国民は政府から年に何円のお金をもらっているのか

日本の予算

国が節約しても、こんなにも無意味とわかる数字

「日本にはお金が不足している」と危機が言われます。実はこれ、厳密に言わないと話がみえてきませんね。

政府が使えるお金は、足りる足りない?。

国民が使えるお金は、足りる足りない?。

政府と国民は全く違うわけか?

政府が使えるお金は足りています。

国民が使えるお金が足りないのです。

国が無駄づかいしてお金が消えたから?

あべこべです。

カラクリを理解するには、二つの数字が必要です。GDPと国家予算の二つです。

ごく簡単な数字です。

GDPは、国内総生産の金額です。国内総生産とは、1年間の経済活動で動いた金額の合計です。買い物などで払った皆の合計。

これは、国民所得の合計に一致します。

ちなみに1980年代に聞いたGNPは、国民総生産です。「国民」総生産GNPが、「国内」総生産GDPに変わりました。昔は国民、今は国内。

GDPの数字は、各国の経済力を示します。

日本は世界何位?

日本は銅メダルです。

1位はアメリカ合衆国、2位は中華人民共和国。日本は長く2位でしたが、長いデフレ不況の間に、長いインフレ好況の中国に抜かれました。以下ドイツ、イギリス、フランスの順です。

2019年の日本のGDPは、540兆円です。飲んで食べて、乗って建てての合計です。

もうひとつの数字は

次に重要な金額は、240兆円です。

これは何でしょう。食費かな?。人件費?。サービス業かも?。

240兆円は予算の総額です。1年間に日本政府が支払うお金です。

ヒェー

という悲鳴が聞こえそうですね。そうじゃないですか。国の出費をなくせば日本のお金は助かり、暮らしがよくなるとの声が圧倒的に多いですから。

なくそうにも、毎年240兆円出しています。240,000,000,000,000円。

GDPのうち、国民が働いた増分は1倍ちょっと?

540兆円のために、政府は240兆円を出して支えています。どうでしょう、この現実。

もしこの240兆円が無駄だからと、半分の120兆円だけ政府が出す節約でどうなるか。

減らしただけGDPも減り、540兆円のGDPが420兆円に落ちるかも知れません。

120兆は半分だから、GDPも半分の270兆円に落ちるかも。

等差であれ等比であれ、経済大国の銅メダルから陥落します。

8位入賞がやっとか?

つまり、政府が支出して国民に与えた大金が、国内経済の4割から5割も占めています。私たちのサイフにあるお金は、半分近くは政府がくれたお金です。

政府が払ったお金がぐるぐる回り、みんなの台所とふところを温めています。

国の経済がシャンとするかヨレヨレかは、政府出資の規模しだい。

政府が多く出せば裕福少なく出せば貧困。それだけの話です。みんなががんばって働けば国が発展するのは、政府が多く出した場合だけです。

政府が少なく出すと?

国民はいくら働いてもビンボーです。

働き方しだいだとかは、関係ない話。

政府が多く払って国民にたくさん渡せば、民間企業の時給が上がる計算です。

その関係を表すグラフがこれ

政府は国民の経済をじゃませず、支える存在だったとは

政府とは、国会議員と官僚と、中央政府機構の集合体で、国民の代理人たちです。本来は、国民の敵でなく味方です。

政府がお金をドバッと国民に投げ与えて、国民はそれを元手に力を合わせて、240分の540倍へと、つまり2.25倍へとふくらます計算です。100倍などでなく2.25倍です。

すっくなー

政府の240兆円がなければ、日本の国民は全員が飢えてしまい、座して死を待つか、外国へ亡命しない限り生存不能でしょう。

諸行無常の響きあり。ジェノサイドと呼びます。

ジェノサイドになるわけか

「政府はもうお金を出すな、もったいないから削減せよ」と、政府出資を罪悪視している人は、日本の破壊に加わっている理屈です。毎年の240兆円を無視したらだめ。

政府は国民の代理執行役だから、国民が裕福になるよう仕向ける義務があります。貧困化し死者が多めになるよう仕向けるのは、壊れた政府です。

そして現実に日本政府は多額を出して、国の経済を支えてきました。「お金が惜しいから節約しよう」などと心配しても、現実はケタ違いに出しまくり、破綻もないし。

もしその出資を減らせば、国民は際限なく貧困化します。

そして平成令和に起きているのは、そっちなのです。政府の様子が変なのです。

政府支出は年間240兆円あり、240兆円を元手にしたかたちで国民は働き、540兆円規模の経済活動を行っています。このやり方が資本主義です。
Photo: Frauke FeindによるPixabayからの画像