日本経済の現状は空気が抜けた車:タイヤも太いし全部ある

F1のタイヤ空気圧

日本は行き詰まっていると、誤認している新しい世代

「日本は行き詰まりだ」と、若い人が言い出しているお話です。

日本は手詰まりで終わりと思う人は、実は早合点です。

2020年の今まで経済は28年間不景気で、23年間デフレ不況で、確かに貧困と斜陽、国際地位低下は続いています。

しかし国の解体や大変革へ行く前に、「ちょっと耳を貸しませんか?」。

若者はどんな大変革にあこがれている?

資本主義の中止、政府の解体、民営化、国民の入れ替え、道州制と自治体再編。円の廃止とビットコインへの移行、命の選別や人頭税なども。

でもねー、なぜそう極端なのですかね。

修正で済むことなのに、打ち壊したり転覆させたり、ヤケクソですね。

こうした極論がショック・ドクトリンで実現して、国民は「泣き面に蜂」を体験します。

やがてテロへ走る有志や、コロナ圧に屈する発狂や陰謀説など、人心崩壊が起きるでしょう。前回の世界恐慌では、結局は世界戦争となりました(第二次世界大戦)。

日本に大変革は不要なの?

びんのふたが開かない時、もっともっと強く回したり、叩き割ったり、火薬で爆破しなくてもよいのです。ふたを回す向きが間違っているだけなので、逆回しすればスッと軽めの力でも開きます。

逆走するから目的地に着けない、そういうスマートな想像力を持ちませんか。

どうしても凍傷が治らない、そりゃあんた、今も氷で冷やしているからですよと。

今やっている何が逆回しなの?

緊縮財政と消費税増税です。

「日本はもう終わり」と叫ぶ者は、緊縮財政と消費税をやめろと叫びましたか?。

一度もありませんよね。

この言葉を知らなかったりしませんか。

原因には手をつけずに、別問題や、結果の方をいじろうとしていますね。

事態は複雑じゃなく簡単なわけ?

極端なダイエットをしながら、「もう動けない、体力の限界、全ては終わり、我が未来は完全に閉ざされた、天は我を見放した」と言い出す。

そう言っている間に、メシ食えよと。一転して元気になるから。力がわくから。

死にかかっている原因は断食であり、それ以外じゃないから。

メシを食わせまいとするやつを見極めて、そいつだけを倒せばよいのです。

そいつ以外を倒そうとして、カッカするんじゃなくて。

日本は大爆発したレバノンほど手詰まりじゃない?

レバノンでは2020年8月3日の大爆発の前、3月にドル借金のデフォルトが起きました。

レバノンは商品の生産力がないから、お金の自由が利きません。生産力不足だとインフレ率が上がりやすく、自国通貨を発行する量の限界が低くなります。

レバノンポンドは変動為替にできず、ドル国債で外貨に頼るハメになり、危険物を遠くへ移動するコストを惜しんで、いつまでも放置するうちに爆発し、都市が壊滅しました。

国力とは生産力だと最近よく聞くね

炭水化物の主食をつくれるか、電動歯ブラシは、精神安定剤は、レーシングカーは。パソコンメモリー、デジタル一眼レフカメラ、温水洗浄便座、タンカーのスクリュー。電波望遠鏡、惑星探査機。

何でも内製化できる国だけが先進国になれます。中国や韓国は、この点で妥当な国家観を持ち、失敗しながらも自国製品にトライしていますね。

生産力が十分な日本では商品は枯渇せず、お金を多くばらまいて裕福になれます。

でも日本は裕福でなくなったが

日本がレバノンに似てきた変化は、お金を発行すると滅びるという新興宗教のせいです。

提案どおり堤防を高くしたら防げた福島第1原発が、ベイルートに酷似しています。実は前から「あの2000トン以上の爆発物をすぐ移動しろ」と言い合っていたそうで。

レバノンは縦割り制度と本当の金欠で、港湾倉庫から危険物を移動できずじまい。日本は拒食症の金欠で原発の堤防を改良できずじまい。結果は似ても、原因は異なります。

日本が全くうまくいかない理由は、貧血状態の自国通貨

そこで、いつものこのグラフです。

新聞やテレビが大衆に永久に見せないグラフがこれ

日本の現状は、タイヤの空気が抜けたレースカーです。

ほう?

四輪ともペコペコのレースカーです。前は常勝だったのに、今では勝てません。

一応3着には入れる状態ですが、4位のドイツチームに抜かれそうです。

そう弱くもない日本チーム?

マシンの製造技術はあります。シャーシは丈夫で、エンジンの馬力はむしろ一番高いし。ブレーキも万全のセッティングです。

日本人ドライバーの腕も確かです。

ちょくちょく優勝してもよいポテンシャル(潜在能力)を秘めています。

ところが、四輪ともタイヤの空気が抜けていて、スピードが上がらないのです。

タイヤの空気以外は全部あって、一式が完備しています。空気だけがない。

タイヤの空気がないとどうなる?

タイヤの空気圧は乗用車が1.7キロ以上で、F1カーは1.4キロなど低めです。低めがよいとしても、大気圧以下の0.6キロにでも減ると、ヨレヨレでスピードが出ません。

パンクほどではなくても、足元が重くてタイムが伸びない日本チームです。

これつまり、タイヤの空気みたいにお金が抜けて、庶民のサイフがしぼんだ意味です。

庶民のサイフがペコペコのヨレヨレで、買い物のスピードが出ません。

補充すれば正常化するのに、話を広げすぎる若者たち

成績を上げようにも、タイヤの空気圧が敗因と気づけない者は、妄想へ旅立ちます。

パーツを軽量化して、シャーシの構造や素材も変えて、排気管の抵抗を変更し、車体の色も塗り替えて。空気抵抗を減らすための、風洞実験をやり直したり。

ドライバーを外国人に交替させたり、練習コースや契約法も変えたり、スポンサー選びも厳格にして、トップを解任して社屋を建て替え、本社をシンガポールに移したり。

あげくに「行き詰まった」とスタッフ一同嘆いて、さじを投げるわけです。

さじを投げずに何をやればよい?

タイヤに空気を入れたらよいのです。

それ以外をいじろうとするのをやめて。

なぜタイヤに空気を入れずにがんばる?

日本チームだけが、新興宗教の三つの宗派を信仰しています。

「タイヤに空気を入れると、エンジンに吸い込む空気が減り、混合気が濃くなる」。

「タイヤに空気を入れると、入れた空気を後で返せず破綻し、子孫がツケを負う」。

「タイヤに空気を入れると、体積130倍でハイパー爆発して、サーキットは地獄」。

とりあえず誰かがサクッと空気を入れないの?

空気不足が不調の原因だと知らなかったり、空気を入れたが最後、世界が終末へ向かうと勘違いした者の集まりでは、空気の追加が議題にさえあがらないのです。

弱い弱いと皆で嘆き合って、チームの解散や身売りを口々に言い合うだけです。

日本は全てが行き詰まったかにみえて、一個の信仰が全てを狂わせているだけです。その一個は財政再建こと、プライマリーバランス黒字化目標です。
Photo: by Patrick Robert Doyle on Unsplash