GDPは経済成長とは関係ないという議論はどうなの?

GDPにこだわらず、経済成長こそが大事という議論

こんな声をよく聞きますね。

「GDPが上がった下がったと一喜一憂するより、日本を経済成長させるのが大事だ」。

「ばらまきでGDPを上げても、一時的な満足にすぎず、成長はしない」。

「お金を無駄に使う人に渡すのはやめて、成長戦略を考えろ」。

それは大事な議論なの?

世界の定義は、GDP上昇イコール経済成長です。

GDP = 生産の合計 = 支出の合計 = 所得の合計 = 経済成長の指標

GDPと経済成長は、別問題ではなく、同一のものです。

ばらまいた額が、経済成長する額です。

ばらまきが、成長戦略です。

言葉の定義もあやふやに妄想する。経済学者や大学教授も、官僚もそう。

だから失われた30年が今も続くわけ?

石の上にも三年で終わらず、10倍以上の長さは、何から何まで間違っている証拠です。

記事→ 合成の誤謬でのGDP説明

GDP、国内総生産は、生産の合計です。イコール支出の合計であり、所得の合計でもあります。GDPが上がれば経済成長、上がらないと経済衰退です。
Photo: by freestocks on Unsplash