ハイパーインフレって何:バブル時代の日本はどんな好景気?

ハイパーインフレ

通貨発行権を知らなかった、国民の虚しい28年間の貧困

日本経済が28年間ダウンし続けている、その原因は簡単な構造です。

国民があることを知らないことです。

それは何か?

「お金の発行は、その国の政府が行う」。ということです。

通貨発行権です。

全然知らないとどうなる?

少しも知らない場合に、次のような勘違いが続出します。

「何かの出費が増えれば、別の何かを減らさないといけない」。

「どこも減らせないとなると、増税する以外に考えられない」。

ついに、こういう国民感情に必ずなります。

「少子高齢化時代に、高齢者や障がい者などの税金ドロボーは消えろ」。

限られたお金を奪い合う共食いの思想です。国の財源というありもしない妄想の産物で、他人が消えれば自分が助かるという間違った結論です。

共食いで牙をむく虚勢が、自己責任の言葉に表れていますね。

国民が通貨発行権を知れば、次に起きるのは何か

政府が貨幣を発行できると、国民が知ったとします。すると何者かがあわてて、次のように攻撃してくるのがお決まりのパターンです。

「政府がお金を増やせば、ハイパーインフレになって日本はおしまい」。

気分はハイパー?

ハイパーインフレの語をポーンと言ってしまうと、かっこよさそうにみえます。

「オフィスソフトのハイパーリンクって、めっちゃハイパーだし」。

「音楽はロックンロールだぜ、イェーイ」みたいに。この一言を発してみせて、しゃれた横文字を使う自分をみんなにほめて欲しい気持ち。自分カッケー。

「ハイになって、パーッと行っちゃえ!」。

「ハイパー!」。

ハイパーインフレって何?

インフレーションは、継続的に物価が上がることです。一時的ではなくて。

ハイパーインフレーションの定義は、毎月50パーセント物価が上がることです。

100円のカップラーメンは翌月150円に上がります。その翌月は225円です。もう2倍を超えました。

12カ月で1.5の12乗となり、12974パーセントになります。年に物価が13000パーセントに上がるインフレが、ハイパーインフレです。1年後に130倍の価格です。

100円のカップラーメンは、1年間に約12900円上がって、13000円になります。

タッケー

日本で最高級のインフレは、2発の原爆投下でやっと終わった敗戦時でした。

何と300パーセントもの超インフレでした。戦後のどさくさで、100円のカップラーメンが1年後に300円上がり、400円にもなる計算でした。

でもその程度?

300万人が亡くなり、物不足の金余りに陥った敗戦時でさえ、物価130倍のハイパーインフレには遠い、物価4倍でした。

日本国民は製造を始めて、すぐにインフレを止めました。物価は下がり正常化しました。

バブル時代の好景気は、ハイパーインフレだったのか

30年前の1990年頃は、超がつくほどの好景気でした。

今や伝説になっているほどのインフレ好況でした。お金がざくざくある時代で、日本人がおおらかにゆったり、優しい心を持っていた時代です。

佐川急便のドライバーがフェラーリ車を買った話や、高層ビルの鉄骨を組むトビ職人が、ヘリコプターで建設現場を行き来した話。また、国民のほとんどがゴルフ、スキー、テニスのどれかに加わり、グリーン、ゲレンデ、コートに何度も足を運んだ時代でした。

ハッピーすぎる

コマーシャルで、後の時代なら許されないトンデモ表現が競い合った時代だし。企業たちが社会貢献を本気で考えて、口先だけでなく本当に手を染めた時代でした。

マイナースポーツへの協賛や、地域オーケストラへの出資も。企業出資でパイプオルガンが日本中のあちこちに作られ、イベントが開かれました。

平成の不景気の時代に生まれた人にとっては、目の毒になるからあまり見たくないのが、あのバブル時代です。どこかにひそむこっけいさをほじくり出して、思い切り笑って馬鹿にしてやりたい。そんなうらやましい時代がバブル時代でした。

バブル時代はハイパーインフレ寸前だったの?

バブル時代のインフレ率の最高は、1991年の3.15パーセントでした。

2から4パーセントの適正インフレとされる範囲にとどまり、中ほどの平凡な数字です。

100円のカップラーメンは、1年後に103円強でした。

あのバブルはジャスト適正インフレだったとは

金余り現象で夜通し歌って踊っての、ダンシング時代でさえそんな数字です。円の暴落などは全く起きず、逆に円高、ドル安だったのです。だから外国製の高級ブランドが日本で安く買えました。

何しろ1989年に物品税を廃止したから、一般市民が上級国民や中級になったのです。金の延べ板やダイアモンドやアート絵画、ガラス工芸などを買い始めていました。底辺層を馬鹿にして喜ぶ空気など、バブル時代にはありません。

ならば今のインフレ恐怖症はなぜ?

デマで儲かる立場があるのです。

貧困化を極めた令和に飛び交う「ハイパーインフレ」という語は、言葉だけが無駄な抵抗を続けている感じですね。平成に特有の、刹那的な心理の反映もあるでしょう。

ただジャーナリズムをみていると、経済の専門家でまともな人は「日本はお金を増やすとハイパーインフレで破綻する」なんて脅し方を全くやりませんね。

25人に1人が戦死した、敗戦の焼け野原でさえ、あの程度におさえ込めたから、今後起きる確率はゼロです。

核の全面戦争か隕石か地球寒冷化以外で、日本のハイパーインフレは起きません。

素人ニワカの収入ネタになってる?

その手法を「恐怖プロパガンダ」と呼びます。「牛を放牧すれば、ゲップで二酸化炭素が増えて地球は滅ぶ」「だから野菜だけ食べよう」式の、センセーショナルが目当てです。サプライズで本が売れるのです。

デマで食べているタイプが、ハイパーインフレの語を振り回しています。

記事→ ハイパーインフレの説明はこちらにも(牛丼は何円になるか)

日本人が奇異にハイパーインフレを恐れる理由に、長いデフレで過剰適応した心因性の症候群が考えられます。世界で日本だけの特殊な心理現象です。
Photo: by Charles Deluvio on Unsplash