日本のコロナ対策は最低か最高か:ゴールデンウィーク大特集

爪切り迷信

日本のコロナ対策のどこに問題があるのか整理しよう

新型コロナウイルスに対して、日本の解決力が最低だとみるか、最高だとみるかは、評価が真っ二つに分かれています。

この分断と水かけ論が、日本病の特徴といえます。

最低とする根拠は?

命令を出す上の意思決定が、Too little, too late、少なくて遅い問題です。

最高とする根拠は?

命令を受けた部下たちの、はたらきの素早さと確実さです。

簡単に言えば?

上だけを見れば最低、下だけを見れば最高。

上が空回りしても、下がやりくりして、何とか挽回するパターンです。第二次世界大戦の南方での苦戦とよく似ています。食料なしには勝てなかったですけどね。

部下にとって、敵は相手国ではなく、自国の上司です。

コロナ以前の日本経済はどうだった?

世界主要国で唯一のデフレ不況で、経済衰退国です。これが日本の特異な起点です。

コロナが終わった時には、各国は元のインフレ好況に戻って買い物を楽しむのに対して、日本だけは元のデフレ不況に戻って買い物に苦しむのです。

1995~2015の20年間のGDPの伸び方に注目

日本が経済衰退し続けた理由は何か?

緊縮財政消費税増税です。1997年4月1日に始まりました。

記事→ 緊縮財政とは何か

まずは、国税を国民は誤解しています。

記事→ 国税とは何か

なので当然、消費税も誤解しています。

記事→ 消費税とは何か

日本経済を悪化させる悪役は誰なのか?

陰謀論が複数あります。

記事→ ユダヤ系金融などが日本をつぶす陰謀論を疑う

国民はいったい何を考えている?

「国の出費を削減して、お金を使わないようにしろ」と怒り、政治家に意見しています。

記事→ 国民が日本をつぶそうとする現象

その大きいターニングポイントはこれ。

記事→ 国民が無駄づかいをなくそうとした事件

今も続く不思議な対立軸。

記事→ 政治が貧困を返上しようにも国民が反対する

結局はどうなった?

21世紀のコンピューター時代に、日本は後進国へと退きました。

記事→ GAFAが日本に生まれないのはなぜ

日本国民の経済意識の逆走は、なぜ長く続いているのか

日本政府がお金を出さない理由の裏には、日本国民がお金を大事に大事にしている特異性が存在します。人命とお金がトレードオフ(シーソー)関係だという誤認です。

記事→ コロナ対策が進みにくい理由

国民はなぜ間違った意識を持つのか?

日本に返済すべき借金があると、勘違いさせられているからです。

虚偽情報で洗脳された被害者が、日本国民です。全国民が情報弱者です。

周囲や隣近所の人々も毎日毎日、日本が貧困化するように行動しています。がんばっても経済が好転しないのは、そのがんばりがあべこべだからです。

記事→ 日本国民が背負う借金1100兆円のデマ

被害は所得が下がるだけの問題か?

原発爆発やトンネル天井崩落や河川の氾濫など、コストカットで起きた事故以外に、人間カットも起きています。

テロ事件の連鎖もそう。一般人による殺人事件の最多記録も令和に更新されました。

記事→ 国の借金を減らそうと動いてくれた親切な男の物語

世界最長不倒の平成不況はなぜ起きた?

各方面の偉い人たちも異口同音に嘘を重ね、国民は間違いを叩き込まれました。

記事→ 有力企業人の間違った日本経済浮上策

カリスマ評論家も、大勢が間違えています。

記事→ 評論家たちの間違った日本改革案

報道があおる間違った経済情報も、大勢を勘違いさせ経済悪化を進めています。

記事→ マスコミは経済オンチでなく陰謀チームなのか

国民はなぜ新聞かテレビしか見ないのか?

正論解説や種明かしや暴露が見られるインターネットに、特に高年齢層が縁遠い理由は、国際的にITが幕開けした大事な頃に、日本国民だけが貧困化していたからです。

記事→ パソコン時代にすでに貧困化していた日本国民

そして、所得減をつくろった逃げ口上として、シンプルライフやミニマルライフや断捨離がブームになり、物を買わないことを高い人格や正義に位置づけたのです。

物持ちな人を劣等扱いすることで、低所得の生活を正当化しました。

貧困化に向き合えない国民の詭弁のせいで、28年も時間を無駄にしたわけです。

記事→ 車が買えない本当の理由を伏せて話をそらせた報道ニュース

コロナ対策はお金で解決するのに、なぜ出せないのか

平成時代が貧困化した理由と、今コロナ対策費が出せない理由は、同一の理由です。

お金があれば、コロナの収束は比較的早いと予想されます。日本国民の力は今も毀損され切ってはおらず、自己責任の切り捨てをやめて、団結し直す用意もあります。

ところが、政府からお金が出てこないのです。理由は、平成デフレ不況と同じ思想です。お金を出せば、日本は破産しておしまいだという特殊な宗教への信心です。

日本財政破綻論」という、論理的に間違った宗教が蔓延しています。

将来不安で国民を抑圧する恐怖デマです。『コストは無駄だの大予言』。

宗教ブームのきっかけは何?

バブル後の不良債権処理を焦った企業倒産と、所得下落でした。勢いで転落し、貧困化する中で、ある勘違いへ皆が殺到しました。お金の性質の誤認でした。

お金はかけがえのない、大切に保存すべき心の支えだと、日本人は思い込んだわけです。コストカットで日本経済が上向くという、素人的な早合点です。

「お金は使わないと減らない。温存するとお金がたまり、経済が上向く」とした勘違いの宗教です。国と家庭を区別せずに同一視する、悪しき国家一家思想ブームです。

本当はお金とは何なのか?

貸借関係の記録とメディアです。抽象思考の領域です。太古から変わっていません。

記事→ お金の正体は借用証書だった

借用証書ならば何がどうなる?

国力となるお金は、働いた報酬で生まれるのではなく、借りると生まれます。

強者が銀行から借りた時に、新たに生まれて追加されます。

つまり日本で最強の団体である日本国政府が、最強の銀行である日本銀行からお金を借りるかたちの帳簿処理で、費用をいくらでも用意して使えます。

記事→ 国だけが打ち出の小づちを持っている

つまりお金の枯渇は作り話だった?

経済用語が不適切だから、いっせいに言葉にだまされたのです。

政府と日銀と市中銀行はチームであり、三者でお手玉してお金が無限にわいて出ます。

コロナ自粛要請で減ったGDPの全額を補償でき、感染データの収集も簡単にできます。通貨発行権と呼ぶ打ち出の小づちを、ただ一人政府だけが持っているからです。

民間企業が市場原理であがいても、必ず貧困化して国が壊れる道理です。デフレだと貨幣が増えないから、既存のお金を奪い合う戦いになります。強盗殺人が流行るとか。

記事→ 税金でまかなうつもりで沈没した子育て業界

主役の政府がコロナ費用を削減する理由は?

カルト的な思想信条が、政府内に存在するのです。

財政健全化と呼ぶ、プライマリーバランス黒字化目標です。

記事→ プライマリーバランス黒字化とは何か

経済学者までが追従するのはなぜ?

経済学そのものに瑕疵があるからです。経済学の徒は概して理数系でないから、数理的な帰納法の理解などは苦手なのかも知れません。

線形代数やラプラス展開などに精通した経済論者も、まあいないでしょうし。

記事→ 国債発行に関する迷信で迷走する

経済学の迷信は主に3パターンです。ハイパーインフレの迷信がこれ。

記事→ ハイパーどころか正常なインフレにも届かないデフレ日本

コロナ対策の費用はどうやればつくれる?

そもそも国の予算は、国債を発行して自国通貨の発行でまかなうものです。

税金でまかなう妄想は、自分が吐いた息だけを吸って生きていく自滅行動です。体に筋肉をつけるために、体から筋肉を切り取って食べる自滅です。

通貨発行後のツケなどないのに、ツケがのしかかる都市伝説が、情報弱者を襲います。

記事→ 事業仕分けの蓮舫議員も知らずにいた国債の意味

まともなコロナ対策は日本にないの?

新世代の国会議員の提言があります。輪は広がっています。

コロナ感染の悪化で、今では金額を大きくしています。

記事→ 令和恐慌を回避するための財政出動と消費税0案など

日本だけお金を多く配れるらしいが?

当たり前の話で、日本だけがコロナ前からデフレ不況なのだから、お金をいくら国民に握らせてもだぶつきにくく、超インフレにほど遠い理屈です。

給付金を後で税金で返せと言われない?

政府は国民の勘違いに合わせて動きます。返せば国家は衰退しますが、返すべきとの迷信を国民が信じていれば、政府は返せと言い出します。その方が選挙で勝てるからです。

記事→ 政府の仕事のひとつは国民にお金をタダであげること

何をわかれば財政は理解できる?

お金を生む作業、自国通貨の発行です。イギリス、アメリカ、中国は得意ですが、日本に理解者は少なく、団結して逆走した平成の転落がよくわかります。

外部→ イングランド銀行による信用創造の説明(PDF)

カリスマ金融マンの貨幣観が皆おかしいのはなぜ?

職場で学んだ基礎が、現代よりも前の古い経済学だからです。経済教育の不備です。

ひとつ知りたい、逆走は具体的に何?

「無駄づかいと借金をできるだけなくそう」です。財政の健全化が逆走です。

健全化を目指して、無駄な経費と借金を減らすにつれて、列車や滝に飛び込み、首を吊る人がどんどん増えていきます。

要は常識が何もかも逆だった?

そもそも一般論が古い経済学だから、日本はコロナ以前に28年間も貧困なのです。

コロナ以前の日本をもう一度確認

世界一勤勉な日本人が、けんめいにがんばっても結果が逆なのは、がんばりが足りないのではなくて、がんばる向きが逆だからです。

そういう発想の転換が難しい、創造性の不足が日本的かも知れませんね。

コロナウイルス対策が世界一充実するのは、日本だとは多くの見解が一致します。しかし国債発行で国家破綻する迷信で、お金だけが出てきません。
Photo: lanlaneeによるPixabayからの画像