お金の正体は借用証書だと理解するヒントはハンバーガー

お金は借用証

お金の原型は誰でも発行できる、小切手と呼ぶ書類

お金とは何か。

現代の考え方では、お金は借用証書です。

現代とはいつから?

1973年以降です。

貨幣は、金額を貸し借りした関係を記したものです。お金は情報であるという難しい言い方になります。ある金額を貸し借りした記録情報が貨幣です。

貸し借りを記録した、借用証書がマネーなのである(キリッ)。

負債のしるしが、お金なのである(キリキリッ)。

一番わかりやすいのは、小切手です。

お金は金額の借用証だという、芸術的なロジックとは

会社でアルバイトして、バイト代を小切手でもらった方はいませんか。仮にその小切手に40000円と書いてあるとして。4万円。そして会社名が書いてあります。

4万円の小切手を、指定された銀行支店の窓口に渡します。小切手の裏にバイト君の住所氏名を書けば、何分か後に窓口で1万円札を4枚くれます。小切手は回収されて。

小切手を発行するのは、たいてい企業の社長です。社長が記入した金額を、銀行で1万円札や500円玉に取り替える権利を、バイト君は与えられたわけです。

小切手も貨幣の一種か?

ただしハンバーガーを直接は買えないから、何にでも支払える紙幣に換えてもらいます。

この小切手は4万円という金額の借用証です。だったら、誰が誰に4万円を貸しているのでしょうか。

バイト君が社長に4万円を貸しているのです。

ええーっ、反対かと思った

社長がバイト君に渡したのだから、社長が貸したみたいですよね。普通の感覚だと見るからに、バイト君は受け取った人だから、バイト君が借りたのだと考えますよね。イメージはそうとしか思えません。

違うのです。

社長こそが、バイト君からお金を借りているのです。バイト君に4万円借りている。そのことを一筆書いた証書が、4万円の小切手です。

社長はバイト君との関係で、世間に対してある誓いを立てたのです。

「4万円はこの人の所有である」「それを今は、私が借りて持つ状態にある」と。

小切手の発行者が、債務者(借りる側)になります。債権者(貸した側)でなく。

金額を貸し借りした記録は、どんな仕組みで成り立つか

理解の突破口は、ハンバーガーです。

その小切手で、ハンバーガーは買えません。小切手をハンバーガーと交換できないのは、社長はお金をバイト君にまだ完全にはあげていないからです。あげる儀式だけは終えて、4万円はまだ社長側が持ったままです。

バイト君が持つはずの4万円の所有権が、社長の側に残ったままの期間に、小切手が存在しています。

約束を履行するまでの空白期間に?

社長は、バイト君からお金を預かった状態なのです。社長はバイト君から借りた立場で、頭が上がらないわけです。

1万円札4枚をまだ手にしていないバイト君は、手にするまでは社長に4万円貸しているかたちなのです。バイト君の立場が強い期間だから、貸している債権者側です。

これは社長が発行した小切手が、1万円札より信用力が低いことも関係します。ハンバーガーショップ側は、1万円札でないと別の支払いに使えないから信用せず、小切手でハンバーガーを売りません。解釈は色々考えられますが、こんな理屈も成り立つのです。

1万円札は誰が誰に貸している?

皆さんのサイフの1万円札はどうでしょう。同じで、皆さんが日本銀行に1万円を貸しているのです。

これも逆だと感じますよね。だって1万円札という日本銀行券を発行したのは日本銀行ですよ。それを手にしている皆さんは、1万円を借りている気になりますよね。

しかしそれはツールとしての印刷紙を借りただけで、金額の権利は正反対です。

表面的な感覚とは逆になるんだ

日本銀行は皆さんから1万円の金額を借りています。日本銀行が借金しています。債務者となり負債を持っています。紙幣を持っている人が強い立場であり、日本銀行にお金を貸している強者になる理屈なのです。

貸し借りの交渉などやらないのに、紙幣を持つと日本銀行にお金を貸していることになっています。もし解釈を反対にすると理屈と合わなくなります。難しいけれど、おもしろい原理ですね。

お金は物品ではなく情報だった!

債務(発行者)と、債権(所持者)の関係を書いた、記録用紙なのです。

そして、誤って解釈しやすいカ所が浮き彫りになりました。指でつまんだ印刷物という「ブツ」に目を奪われて、どっちがどっちに貸したかも間違いやすいのです。

注意してください。皆さんは日本銀行に一万円のお札を貸しているのではなく、1万円の金額を貸しているのです。

ブツではなくて、金額の貸し借りです。これが借用証書の理解のコツです。

お金を眠らせるとどうなる?

バイト君が銀行で受け取った4万円を、その後使わずとっておくと、日本銀行に貸している4万円を封印し、債権者の強みを眠らせた状態です。お金の死蔵です。何かを買った時に初めて、バイト君は日本銀行から貸しを返してもらうわけです。

何も買わないと、貸したきりで得るものがありません。働かなかったのと同じ。

もっと大きい話があります。大勢がお金に恵まれてリッチになっている期間は、借用証が多く出回っている期間なのです。借金の関係が山のように増えた時に、みんなの暮らしが豊かになって安定しているわけです。

イメージと全く逆なんだ!

これで、バブルの後に、日本全体が貧困化したメカニズムがわかります。

融資するとお金が現れ、返済すると消滅します。企業も個人も銀行から融資を受けていたお金を返済して、借りを整理して身ぎれいになったとたん、貧乏へ落ちました。

もっと大事なことで、政府が巨額の負債をかかえた赤字の山だと、国民はリッチで幸せに暮らせる対称的な現象が理解できます。

そこだよ、そこ

政府が黒字を目指すほど、国民は赤字になって、大勢が死ぬ道理なのです。

お金の正体を錯覚して、借金嫌いで日本を倒したのが、平成デフレ不況の核心です。

お金は使用権のチケットか?

お金は情報であり、物ではありません。抽象化されています。物体、物質、プリントアート、版画、工芸という顔を持ちながらも、正体は物体を超越しています。

ところでお金にとって現代となる分岐点、1973年にはいったい何があったのでしょう。それはまた今度。

お金の正体は金額を記した借用証です。お金を持っている強者が、貸している立場の債権者になります。発行側は債務者になり、赤字状態となります。
Photo: engin akyurtによるPixabayからの画像