若者の車離れの理由は草食化?本当の原因はあれでしょ

若者の車離れ

若者の何とか離れブームは、単に財布の中身の問題

「若者の車離れ」の言い方をよく聞きます。これも同じで、日本が傾いた理由をずらしています。「少子化の原因は子どもをつくらない若者の奇妙な考え」同じ論。

若者が車を買わなくなった理由の全ては、お金がないことです。

車を買うお金がないのに車を買う人は、かなり珍しいタイプです。

そして、日本全体の貧困化が進んでいるから、若者に限らないはずです。

たとえば皆さんの近所でも、持ち家の戸建住宅にガレージがあるお宅が、3ナンバー中型セダンだったのを軽自動車に買い替えていたりしませんか。

あるある戸建てのKカー

町内を歩き回ると、軽自動車がめっきり増えていますよね。時には、アメリカ製ダッジのピックアップトラックから軽ワゴン車に乗り換えていたりします。

ゴゴゴゴー、ドロドロドロドロ、ガベガベガベガベと5700ccの排気音だったのに、軽い660ccにグレードダウンしていました。だいぶ前から国民に「上級グレード車離れ」が起きて、最低限の車に替える人が続出しています。若者だけの話ではなくて。

中古の軽自動車が買える程度に余裕があった若い会社員は、それより安い車はないから、原付バイクや自転車に落とすことになります。

そのグレードダウンを指して、

「物余り時代の美意識」。

「シンプルで飾らないライフスタイル」。

「排気ガスの環境負荷を気づかう優しさ」。

「自分の足でこぐ健康志向」。

なんてほめるのは、何だかなーと思いませんか。

若者は本当は車が買いたい?

若者は当然、車を所持して乗り回したいわけです。どこへでも雨の深夜でも行ける便利さは絶大で、足がない不便は消えます。遠乗りして体験する世界を広げたいのも当然です。仲間とのドライブや、一人旅も。

車でしか行けない場所って、ありますよね。山頂の展望台とか、郡部の海岸の砂浜とか。郷土の広域レイアウトを知りたいし、秘境へも行きたい。人生の早いうちに車が欲しくなります。老後ではだめ。

車以外は効率が悪いし、レンタカーはめんどう。

その車の所持を閉ざす要因は、購入費と維持費が足りないからに決まっています。わかりきったことを歪めて、正面から向き合わない日本がちょっと不気味ですね。

若者も自分に向き合えないとか?

若者側が言う「車を持っても、あまり乗らないし」も同じです。買えないから、買わない理由を後からつけたみたいな。要するにイソップのぶどうです。

緊縮財政と消費税増税により、日本経済は縮小しました。すると所得は減るから、高い商品は買えなくなり安い商品へと流れます。車をやめて、自転車や徒歩に変えるのもそう。

これはデフレ不況の明快な表れです。

若者は車離れ以外に、何離れを起こしているのか

若者の何とか離れは車以外にも言われます。「結婚離れ」「デート離れ」「飲み会離れ」「読書離れ」「レジャー離れ」。

さらに「スポーツ離れ」「映画離れ」「パソコン離れ」「漫画雑誌離れ」「ファッション離れ」「コレクション離れ」「エレキギター離れ」「趣味離れ」。

全て、お金がないからでしょう。ない袖は振れないという。なのにひとつひとつの離れ現象をテーマに、お金以外の理由を論じる番組があります。いやな風潮です。

こじつけ説明はこんな感じです。

「生まれた時から物に囲まれて育った飽食の時代にこそ、自分探しを始めた若者」。

「生きるために不要な物を捨てて、高い次元の精神性へと昇華した新たな哲学」。

若者をさげすんだ、小意地の悪い解釈です。

その解釈って若者いじめ?

一番多いこじつけ説明は、スマホがあるから何もかも満ち足りた時代だという説です。

スマホで、ウナギせいろ蒸しの味はわかりませんし。現実世界に自分が加われない孤立感は高まります。だからか若者の自殺率はすごく高いし。

しかも若者に限らないとすれば

国民の何とか離れでよく言われるものといえば。

「ゴルフ離れ」「スキー離れ」「テニス離れ」「アスレチック運動離れ」「本物ビール離れ」「ウィスキー離れ」「一眼レフカメラ離れ」「豪華客船離れ」「デパート離れ」「自然食品離れ」。

一度でも言われた説を誰かが拾って回ると、数百種類もあったそうです。これらは全て、値がかさむ商品を不買する動きです。

その典型が「高級ブランド品離れ」。モロですよね。代わりに売れているのは、ユニクロや水筒やモヤシや、レトルトカレーやビール風飲料など、節約アイテムですね。

日本は昔から貧乏だった?

今とは正反対に、車や飲み会や運動や旅行に接近した時代がありました。何でも体験してマスターして、一家言を語る人が増えた時代はバブル時代でした。

バブル時代には使うお金があったからです。厳密には、お金を使ってもやがて補充されたから。どしどし出費して体験して自分を磨くのが得な時代でした。一人一人は金持ちだったわけでもなかったのに、お金がぐるぐる回ったのです。

その頃の人口は、今よりぐっと少なかったしー。

バブル時代に対して、氷河期以降の人たちは実体験が乏しくなっています。

お金がある人たちは、夢をこう言います。「宇宙へ行きたい」。お金を払えば行けると知っているからです。

お金がない人は言い出しません。その夢が、若者にとっては宇宙ではなく車に降りてきました。日本の1950年代に戻ったみたいに。

若者の未来の可能性を閉ざす、日本の長い長い貧困化

貧困化した若者は、気持ちが萎縮します。スケールが小さく、発想がみみっちい。画期的な着眼や発明の意識もしなびて、世知辛いのです。

貧困社会は若者の育成ができず、可能性を閉ざしてしまいます。

あれも知らない、これもやったことがない、実物を知らない、行ったこともないと、視野の狭さで人材難が起きます。一例がパソコンを使ったことのない若者の増加です。中高年の手ほどきを受ける若者という、意外すぎる現象です。

下の世代ほど新技術に詳しいのが、従来の先輩後輩の関係だったのに。

「若い頃に色々体験し極めました」の人が、未来を切り開くイノベーションを持つはず。日本の強みは中堅や末端の人までが、途上国を引き離す知識と教養があったからなのに、暗転しています。

車を買う以前の問題も

若者の中には、お金が惜しくて自動車免許証を取らない人が増えています。未来の自動車開発に縁がない人が増えて、国産車の開発力がしぼむきざしです。

若者に十分すぎるお金を与えて、あれもこれもやらせておかないと、先進国の地位を保てません。学生がアルバイトするのはよいのですが、売春や詐欺の受け子を始めたりに追い込まないよう、国内経済を上げるほかありません。

誰がお金を与えるべき?

民間には権力も財力もないので無理です。政府がGDP倍増論を打ち出します。政府が円を発行して、政府が民間から物を買う、つまり投資です。

ただ、若者の虐げられ方にも時代性があり、グローバリズム社会では政府が外資に買収されやすくなります。この6年間のレントシーキング主導の政策のせいで、投票しても変わらない実感が強まりました。

貧困化を防ぐ公約内容の議員がいても、若者には見分けられません。むしろ勇ましい国家破壊主義者の日本てんぷく計画に鳥肌立って、ほれ込む激情が起きやすい風潮です。

つまり日本版ナチスの台頭に、若者が入れ込む確率は上がっています。

若者の車離れは起きており、理由は購入費と維持費の不足です。それを若者の草食化や思想変化で説明する、その動機は格差社会を隠したい利害です。
Photo: by Museums Victoria on Unsplash