GAFAのような世界的IT企業がなぜ日本に生まれないのか

GAFA

GAFA並みの世界的IT企業が、日本に育たなかった謎

GAFAとは、Google、Apple、Facebook、Amazonです。インターネット時代の4強企業です。ガーファと呼びます。企業資産の時価総額が大きい。

Microsoftがありません。

マイクロソフトはインターネット以前にパソコンOSで世界を席巻したのに、ネット時代には新興ベンチャー企業に遅れがちでした。

GAFAはそんなに強い?

たとえばマイクロソフトのネット検索エンジンMSNは、Googleほど普及せず廃止されています(今はMicrosoft Bingが成功しつつある)。一握りの天才たちの起業ラッシュで、この結果論です。

GAFAは全てアメリカ企業です。プログラミング言語は英語だから、日本語文化は負けるという主張もあります。

IT技術の開発には、初期投資のコストが膨大にかかる

この問題は、すでに答を出していました。

アメリカは、好景気でインフレ好況です。日本は不景気のデフレ不況です。

ビジネスは、インフレ好況の国では進み、デフレ不況の国では進まない

それだけの話です。

30年で開いた差の露骨な明暗(色付きが日本企業)

先進技術は富裕な国で生まれ、貧困国からは生まれません。当たり前の話です。

日本の一人負け?

ネット時代の起点は、1995年のマイクロソフト社の新OS、Windows 95でした。

1998年から世界でインターネット時代が本格化し、しかし日本だけはそのタイミングで世界で唯一、極端に貧困化したのです。

日本は何が理由で貧困化した?

1997年4月1日に緊縮財政とともに、消費税増税して5パーセントに上げたからです。

プライマリーバランスの黒字化目標と呼ぶジェノサイド、あるいは財政健全化と呼ぶ自殺的な国難です。財源論という誤った思想信条で、貨幣減らしを本格化させました。

ゼロシーリング、マイナスシーリングという言葉をご存知でしょうか。

市中のお金を減らせば、IT技術者に払うお金も減るでしょ?。素直に考えましょうよ。

消費税増税が不況の主因だとなぜわかる

当たり前のことが起きただけね

研究開発費だけでなく、作ったIT製品を買う庶民のお金も削減され、消費は落ち込んで先進国から転落したスタートです。

この悪条件下でITがなぜか発達すれば、そっちの方が奇跡です。奇跡は起きず、日本でインターネットは普及せず、IT空白の時代が続いたのです。

だからインパク、インターネット博覧会を開いて、ネットにみんなで触れようと促しましたね。インパク開始の翌日が、2001年元日、21世紀の第一日目でした。

政府が貨幣削減を始めたから、ITに投資するカネが消えた、が真相です。

要はプログラムを組むカネがなくなった?

GAFAの仕事は全て、インフラが整った富裕国での大投資です。

日本はその時、節約マインドがすごかったですよね。ケチ、ケチ、ケチに徹して。

IT機材を買って世界を目指す空気は消え、一流企業の社員もリストラされ、ダンボールで寝る路上生活の頃です。この23年の縮み志向を、もう忘れていますね。

みんなの思考がちんまりしていたし

日本は100円ショップのスケールで、委縮する時代だったじゃないですか。欲望をなくすミニマル時代や、断捨離ブームだとか。

報道ではよくこう言いました。

「物余りの飽食時代に、物質的な幸せを否定する若者たちの新しい生き方」。

でたらめの報道です。

やっぱりそう?

物余りはデフレ不況の現象なのです。買うお金が足りないから、市場で商品がだぶつく。

貧困のせいで欲しい物が買えない貧乏を、「文明と距離を置く若者の新しい哲学」という嘘の話で納得したのが日本人です。

あの時、報道はこう言うべきでした。

「今からデフレに変えたら、デジタルオンチだらけの途上国へ落ちます」。

「役所作業のデジタル化も手つかずになり、世界から取り残されます」。

でも言わない。

日本にいると何も気づかないし

バブル時代に健闘した日本産OSのTRONは、今でも家電で一定の成果を上げています。しかしTRONを出世させるチャンスのネット時代に、経済は落ちる一方。ユニセフから、児童と女性の貧困国と認定されるありさまです。

GAFAの代わりに得た世界一位が、福島原発からもれ出た放射性物質の量だったわけで。チェルノブイリについに勝った。

日本のITが伸びないのは、国民が貧乏で、食べていくだけで必死だからですよん。

ITヴェンチャーよりオレオレ詐欺の方が、いい暮らしができる途上国が日本です。

記事→ ネットが日本の景気を上げたか下げたか

評論家やカリスマたちは、日本人の性格批判に終始

「日本人は個性嫌い、冒険や挑戦に背を向け、出る杭を打ち、足を引っ張り合い、縦社会の横並びで、年功序列が抜けず、陰湿ないじめとブラックに、老害もひどいから」。

「戦後のリベラルがナショナリズムに回帰して、古風な文化としきたりにこだわる小者ばかりで、世界から取り残された」。

「だから斬新な技術が生まれない」式の批判は、日本の成功者が大好きですね。

日本文化が悪いという説も耳タコ

あげつらった日本の欠点こそ、デフレ不況で起きた「貧すれば鈍する」なのです。好景気の頃の日本人は、逆の性格へ向かっていたのです。

カリスマ論者たちは、お金は働けば手に入ると誤解して、表面だけをみています。

ほう?

「お金をつくりたい」「だったら働け」って、国家財政ならギャグですよ。

国力としてのお金は、働いてつくるのでなく、印刷してつくるのです。

現代の国の統治は、お金を政府が発行して、国民に与える方式です。直接の給料でなく、国土整備のかたちで裏から与えます。政府がお金でインフラを買うのです。

インフラを買うってどういうこと?

アメリカは高速道路が無料です。連邦準備銀行がドルをじゃんじゃん刷って、買い物して建造しています。国民の所得からさらに減るお金に、高速料金はありませんよね。

トラック野郎やマイカー族や社用車の高速料金を、政府がおごっています。景気を常時底上げするために、ドルを国民にばらまいています。

ドイツのアウトバーンも政府のばらまきです。高速料金を免れた国内業界が、国際競争に勝つのです。通るたびに、高速料金をがっぽり払わされる日本人は不利です。

記事→ 高速道路の無料化はなぜできる?

全然知らない裏の仕組みだった

日本は受益者負担の原則にこだわり負けたのです。この調子で海底ケーブル代も、楽天やソフトバンクに規模相応に負担させたら、GAFAになる前に倒産が早まります。

GAFAが必要とする大コストを、GAFAではなくアメリカ国が払う仕組みがあるのです。連邦準備銀行という打ち出の小づちを振って。

IT業界での具体的な例は?

まずはグーグルマップです。

低高度を飛ぶ軍事衛星の技術で撮影した地球全域の写真を利用する契約にも、政府支出がもぐり込んでいます。日本人が思うほどは、世界の有名ブランドは民に徹していません。公的資金を支えにし、優遇も受けています。

新自由主義経済を欧米は建前でやり、国内事業を保護育成しているのに、日本だけ保護の放棄を本気でやって国を壊したかっこうです。

護送船団方式を日本は捨てて、海外は取り入れていたすれ違いは知られますね。護送船団方式とは、大企業とメインバンクと系列会社がグルになるビジネス手法です。

欧米は実は補助金だらけ?

欧米が仕掛けた自由主義を日本は真に受け、極端に小さな政府を目指しました。規制緩和と構造改革で業界を荒廃させ、せっせと倒産を増やしたのです。

欧米では国がさりげなく、民間のすそ野にお金をばらまいています。好例が、欧米の農業保護と公務員の多さです。日本だけ、公務員が思いきり少ないと知っていますか。

日本の農協批判は、欧米の種子(作物のたね)会社のロビー活動だと知っていますか。

日本人は、だまされたんですよ。

政府がお金をばらまく国は、民間の給料が上がる原理を、日本人は知らないのです。

みんな絶対そこで思考停止する!

1998年はスマホがまだなく、携帯電話が急に普及する頃でした。光通信がなく固定電話の銅線にモデムを接続したネット時代幕開けは、決定的に大事な時期でした。

よりにもよってその時、貨幣のばらまきとは逆に回収を始めました。消費税増税で民間の開発資金がやせ細り、同時に貧困化したユーザーたちも物を買い控えました。

これからという時に資本を縮小した?

人類が山に登る競争という時に、日本だけが断食を始めて体力を下げたわけ。

腹が減って登れない国民を「社内で英語で話せば登れる」「日本らしさを捨てよ」と評論家やユーチューバーがせっつきました。そんなカリスマが日本では大人気です。

「腹が減ってはいくさはできぬ」は無視され、国民性や伝統文化、上司の馬鹿ぶりと部下のサボりぶりが不景気の原因だと誤認して、「そうだそうだ」と納得し合う始末です。

円を政府に没収されたから、イノベーションが遠のいた当然の結果です。なのに「日本人は労働の質が低いダメ民族だ」「がんばりが他国の足元にも及ばないナマケモノだ」と、自虐のレッテルを貼り合っています。

空っぽなのは人々の頭ではなく、サイフです。製品があまり売れない国では、製品開発は止まるものなのです。

金銭余裕がない国ほど、特許も国際貢献も科学賞受賞も少ないのだし。

そゆこと?

消費税3パーを0に下げるのが正解でした。しかし財源論の宗教で上げたのです。貨幣を多めに発行してIT資金をじゃぶじゃぶにすべき時に、税で回収して消しちゃった。

記事→ 消費税の本来の役目をチェック

消費税増税で、地方の本屋さんやCD屋さんも激減したから、電子ブックの時代へ行くかと思えば、お金不足が電子書籍ショップに影を落としました。

Amazonが登録無料の電子ブック製造販売店Kindleを運営するまで、日本では登録手数料5万2千円を著作者が払うビジネスモデルで失敗していました。

5万2千円かかる部分を、政府出資でプログラミングする機転がなかったのです。そこを国策にする知恵がなかったから。

電子出版も日本は出遅れすぎたし

日本の受益者負担の精神は宗教的で、技術革新は閉ざされています。

ITのシリコンバレーの方は正反対で、アメリカ政府が軍事予算を投入した躍進です。

自己資金と株資金だけの日本企業が、親方星条旗に歯が立つわけもなく敗れた、23年のデフレ不況でした。

自由な発想がアメリカのITの勝因ではなかった?

かけたお金の勝負です。規制を外した自由は関係ありません。

・ ハイテクなど技術革新の支えは、国レベルの公金の出資である
・ 公金とは税金ではなく、公債による通貨発行である

そもそもインターネット自体が、昔のCIAと米軍の連絡網を流用していますよね。

それ聞いたことある

アメリカの奥義を知った中国政府はスマホやルーターに出資して、人民解放軍出身の知的技術集団、ファーウェイ社を成功させました。悔しいほどまでわかっている。

ちなみにEU各国が中国に頭が上がらないのは、EUの方針も緊縮財政と増税だからです。

アメリカ政府と中国政府は、税金が国の財源でないと知っています。それで、アメリカと中国は積極財政で減税なのです。印刷したお金の効力が、月着陸です。

世界のインターネット時代に、日本は緊縮財政と消費税増税でデフレ不況の貧困国に変え、民間資金が削減され国際的なIT企業が育たずじまいでした。
Photo: by Paweł Czerwiński on Unsplash