インターネットが発達したから不景気なの?:日本だけ不明確

1995年の日本で起きた、超ビッグな二つの流れ

「日本の経済低調の原因は、インターネットだ」。

「ネットのせいで、物が売れない時代になった」。

「タダでニュースが読めて、新聞を買う必要がない」と、ネットの無料情報が景気悪化の犯人であるかにみえます。

これらは間違いです。

この解釈間違いは、二つのビッグな波が重なったので起きています。

ビッグウェーブはどれどれ?
大波1 = 不動産バブルがはじけた大波で、不景気に向かった
大波2 = パソコンバブルが起きた大波で、好景気に向かった

景気マイナスと景気プラスの二つが、同じタイミングでした。

起点はともに1995年です。95という数字。

あれか?

Windows 95。

マイクロソフト社の、グラフィカル・ユーザー・インターフェイスの新OSです。

Windows 95は斬新なソフトではなく、遅れて来た待望の一般普及品でした。パソコンをついに庶民のものにした、最終兵器でした。

インターネット時代が来た?

実は最初の日本版に、ネット閲覧ブラウザアプリ「インターネット・エクスプローラー」はなく、別売りオプションCD「マイクロソフト・プラス」で入手しました。

マイクロソフト社は時代がネット中心になると直ちに気づいて、ネット接続ソフトを整備したWindows 95をOEMプリインストール版で出し直して、皆がインターネットにPCをつなぐ時代へ引っ張りました。

世界は1995年を起点に、ネットパソコン時代に突入しました。

そして好景気にわきました。

日本の好景気は短かったが

日本だけは、同じ95年に不動産と株のバブルが終わり、不況が始まりました。その不況をパソコン好況が押し返す途中で、ある事件で敗れたのです。

1997年から、突然パソコン店が消え始めました。

1997年から、日本のパソコン景気がダウンした事件

11月23日のWindows 95発売から、新聞報道が入れ替わり立ち替わり出ました。

「ジャストシステム社は、一太郎のWindows 95対応を表明」「対応版を発売」「バージョンアッププランを発表」。

Windows 95対応アプリソフトの開発ラッシュです。

まず、同じマイクロソフト社のMS-DOS5.0や6.2用のソフト、あるいはWindows 3.1用ソフトの95対応です。飛躍的に便利になるバージョンアップでした。

Mac用ソフトや高級ワークステーション用ソフトのWindows対応版。コンバージョンやコンパイラー、三次元CGやデータベースやフォント、また。工場機械ソフトや分析ソフトなども次々と95へ対応しました。

1996年は毎日毎日、明るい報道が続きました。

景気はまだよい方だったし

デファクトスタンダード(事実上の標準)のOSの出現に、企業たちはビジネスチャンスとみて投資しました。バブル後に冷えた投資が再び上昇し、景気が上がる方向でした。

電子文書時代の幕開けで、95年から不景気の度を進めていた日本を、デジタルインフラ整備で立て直せるチャンスでした。ゲーム業界も動きました。アイデアが爆発。

パソコン活用の参考書やガイドブックが、書店でよく売れました。

その熱がいつの間にか消えて

燃えたパソコン景気は、1997年に急に下火になりました。

原因は言わずと知れた消費税増税5パーセント化による消費ダウンです。税金は財源ではなく景気の冷却が目的だから、デフレで賃下げする中の増税は狂気でした。

世界は首をかしげて批判しました。

国民の買い控えでパソコンブームは失速し、ネット接続契約は急ブレーキに。

増税で趣味性が高いものや、生命維持から遠いものが買い控えられます。当時まだ物見遊山のPCと、家庭用ネットは不要不急なので売れ行き不振になり。

その頃だか、インパクってのがあった

インターネット博覧会。ネットサイト制作と見学の全国大会でした。2000年12月31日にスタートしました。20世紀と21世紀の変わり目の年末年始から、一年間続けた電子空間のデモンストレーションでした。

まだスマホは世になく、ネット契約で接続したパソコンで見学します。リンクをたどって見て回る作業をネット・サーフィンと呼びました。

でも、インパクを覚えている人はわずかです。見た人がわずかだから。

インパクに前後して業界でよく指摘されたのは、韓国のネット普及率の高さでした。

日本ではネット環境も体験者も少なく劣勢で、もう日本はおしまいだと投げやりの言葉がパソコン雑誌に何度も出ました。

企業のPCもまだ1人1台ではなくて

1997年に企業のパソコンは4人に1台ほどで、個人宅のパソコンもわずかでした。

史上最も完成したと言われるパソコンOS「Windows XP」の発売は、2001年11月半ばでした。つまりインターネット博覧会の閲覧は、一般家庭はWindows 98かWindows Meで、企業ユーザーはWindows 2000でした。

ともかく、Windows 95の好景気をドーンと沈めた、間の悪い政策が97年の消費税増税でした。意外にも、決行したリーゼント髪の総理大臣は後に悔いています。

悪気がなくとも、知識もなかった彼に合掌。

インターネット時代が、不況時代と完全に重なった日本

日本では「不況」「インターネット」「21世紀」は、時間帯がぴたり重なります。

国を亡ぼすデフレ促進の消費税増税と、国を栄えさせるインフレ促進のパソコンブームが同時にスタートしたのが、日本の21世紀です。

完全にシンクロして、雨男のごとく因果のこじつけが起きやすい。

誤解A = 日本で本が売れなくなったのは、ネットで活字がタダで読めるから
誤解B = 日本で音楽CDが売れなくなったのは、ネットで曲をタダで聴けるから
その二つは耳タコなほど聞かされた

これらが間違いだと時系列でわかります。日本で書店がつぶれて激減したのは1998年でした。当時の流行語は「シャッター通り」です。

商店街のテナント店たちが不景気で店をたたんだ、その先陣を切ったのは、書店、CD店に楽器店、アートグッズ店、アクセサリーやファッション系にエアロビクス系など。

インパクより前だった?

ネットを見る人がわずかな頃から、さらに3年前に起きた激しい不況の原因が、ネットの大流行なわけがありません。見当はずれの責任転嫁です。

どうでもよい話ではなく、不況の原因が知られないから、ガンコに不況が続きます。

なるほどね

こうしてネット時代とデフレ不況が重なる日本では、ネットの使われ方が歪んでいます。所得減によるパイの奪い合いで大勢の気が立った頃に、ネットに参加したわけです。

掲示板などにも「暴力発言」「マウンティング」「陰湿」「不正」「金儲け勧誘」「貧困ビジネス」「超低報酬」「搾取」「詐欺」「自己責任強要」が集まっています。

様々な趣味を楽しむサイトがごく少ない。ネットはカネ、カネ、カネで、ねたみ、嫉妬、焼き餅が露骨で、気恥ずかしいほど。

中心軸はネット化でなく、貧困化か

掲示板もSNSも、人を傷つけるどころか、殺してやりたい気持ちを叩きつける者がやたら多いのです。殺意の背景は、金満ではなく金欠です。

盗品のネットオークション事件も同じで、ネットが招いた犯罪というより、貧困が招いた犯罪です。金に困る人が増えて、コソ泥がやたら増えた。途上国化なのです。

日本以外は好景気でネット時代を迎えた

世知辛い不正アプリソフトの悲劇

2002年のフリーソフト『Winny』(ウィニー)は、センターサーバーがなくてもデータを受け渡しできる、ピア・トゥー・ピア方式の先駆けでした。しかし貧困化がぐんぐん進む中、違法コピーツールのカテゴリーから出られませんでした。

2ちゃんねるの掲示板に誰かが書いた要望に応じて、音楽と映画の課金回避が設計目標でした。まんまとその目的で大勢が使い、作者が摘発されてと、話題の全てが著作権侵害に終始した事件でした。

『Winny』の作者はよく天才と呼ばれますが、「タダで音楽や映画を入手する」の窃盗の願いに才がゆがめられた、あの時代の悲劇です。

インフレ好況、かつネット時代の組み合わせは、日本だけ未体験です。

ニュースにならないローカル事件も多いし

消費税増税で所得減の人々は、飢えた狼となりモラルハザードです。パン代欲しさに拳銃で人を撃つ途上国並みの動機が、日本に出たのが1998年で。自殺が増えた年。

今は悪化しています。SNSで他人を陥れて、時には殺してでも資産を奪い取る、それを職業プロでなく金策尽きた素人がやる、すさんだ貧しい平成時代です。

オークション詐欺を、高校生も平気で計画する時代です。自制したつもりでも、金回りに苦労した復讐心で無意識にヤケクソです。

貧困へ落ちた年月と、ネットで便利になった年月とが、ぴったり同時の唯一の国が日本です。国民をおかしくしたのは、ネットではなく消費税です。
Photo: 日本女子経済119番