財政規律って何?←インフレ率が年2パーセント以上で日本は復活

少年ジャンプ

正しい財政規律は、インフレターゲットの率で決める

財政規律という概念があります。ざいせいきりつ。

通貨発行を総額何円にするか、毎年いくらずつ国民の所持金を増やすかの目安です。

たとえばどういう分野?

6G通信インフラ、リニアモーターカー、高速道路開通、国道や県道、ガードレール、水道管、河川改良、植樹と植林、高分子化学研究所、細胞医療、人型ロボット開発、宇宙開発、文化財保全、芸術文化振興、大学研究費、高齢者介護、障がい者支援、福祉全般、幼稚園、保育所、警察、消防、防衛。

普遍的な法則はあるの?

独立国は自国の通貨だけは、必要なだけ発行できます。

国の予算を執行するお金は全て国債です。国債で国費をまかなうのが基本です。

国のお金不足は原理的に起きません。もし起きていればお芝居です。

国の財源は国債発行なのね

不景気か好景気かは自然現象ではなく、政府が決めて故意に操作できる時代です。

お金の発行が多いほど富裕化する  → 商品不足で通貨価値が下がるインフレへ
お金の発行が少ないほど貧困化する → 商品余りで通貨価値が上がるデフレへ
大筋はそんなに簡単な話か

お金を発行する規模は、今のアメリカや中国は多めで、日本は少なすぎです。ドイツは日本に近くて少なめ。これがそのまま経済成長率に表れます。

アメリカと中国、ドイツと日本がどこにいるか見つけよう

アメリカよりドイツの経済成長率が低いのは、ドイツ人がダメ人間だからではなく、通貨発行規模の差です(ドイツ政府ではなく欧州中央銀行からの仕送り)。

これは国のトップの思想に左右されます。ドイツのメルケル首相は、国民の通貨を減らす信条が知られます。東ドイツ出身なので、西側の人とは理想が異なります。

話を戻します。

国民の所得をセオリーどおり増やす時、制約が入ります。

インフレ率ね

物価上昇率。イコール通貨価値下降率。

日本の年間予算は240兆円です。この全額が毎年国債発行だと、お金がめちゃめちゃ増えすぎます。お金があり余って、燃やして遊んだり、海に捨てる者も出てきます。

そこで近年は90兆円を発行して、150兆円は発行済みのお金を使い回しています。使い回すお金の回収方法は、一部は税金、一部は保険料やサービス料や罰金など。

正しい財政の目安は、国内経済のインフレ率です。インフレターゲットと呼びます。

現代の理想は、年間インフレ率が2から4パーセントに入るよう、通貨を増減する
適正インフレ率を2パー以上とする根拠は何?

長年の統計からの結論です。

2から4パーセントのインフレ率は、国民の消費マインドがそこそこ高めの状態です。

少しずつ確実に物価が上がる期間は、それ以上の所得上昇が続き、国民はほどよく買い物に手を広げます。つまり物が売れる活況です。社会全体が明るくなり、結婚する者も増えます。銀行にお金を預けると、利子が多くつきます。

高級家具や高級自転車、楽器や天体望遠鏡や、ダイヤの指輪も好調に売れます。

素人が店を開いたり、独立してベンチャー起業しても、そこそこ成功率は高いし、往年の老舗企業も安定的に売れて、研究開発もできる経済状態です。

激しい貧困や餓死や、ブラックやらワーキングプアや、強盗殺人やテロは減ります。

年に何兆円のお金を発行すればうまくいく?

それはモニタリングしながら、押し引きして調整するのです。

間違った財政規律は、プライマリーバランスの黒字化

一方、間違った財政規律の典型は「入」と「出」を等しくする財政均衡です。

プライマリーバランスの黒字化目標と呼び、財政出動を0円とする思想です。

今90兆円発行している国債を廃止して、0兆円にします。

それって大丈夫?

全員が死にます。

タコが自分の足をエサとして食べ続ける方式で、好景気になる確率はゼロです。

国民のお金を240兆円回収して、240兆円を国民に渡すピストン運動になります。

宇宙ステーションの中のように真水の供給がなくなり、排泄物をろ過して飲み続ける閉鎖的な循環に似た暮らし方です。

まともに働いても貧乏人だから、いっそ詐欺や窃盗団に入る方が未来が明るい。中南米の麻薬カルテルなど、シンジケートの新産業が連鎖するでしょう。

今より大勢の女性が、売春に身を投じるのは必至。途上国ビジネスの、子ども売買市場が発達するでしょう。東南アジア国のように、片方の腎臓を売る商売も発達します。

日本もある程度そうなってない?

世界は経済成長しているから、相対的に日本の貧困は深まります。危ないと言われるスペインやイタリアやアルゼンチンでさえ、経済成長していますから。

日本だけデフレスパイラルが続き、修正不能で国民は死に絶えます。

国債発行は絶対に必要なのか

財務省は人体でいえば肝臓です。造血します。肝臓なしで生きるのは困難です。

円の国債とは違い、外貨借金だと実は財政破綻し、ギリシャがそうなりました。

日本はなぜギリシャにならない?

ギリシャに打ち出の小づちはなく、日本にはあるから。

ギリシャはEU加盟後に、自国通貨ドラクマの発行をやめて、統一通貨ユーロを借りているから、本来ないはずの返済義務が生じます。つまりギリシャは独立国ではない。

ギリシャにとっての「ユーロ」は、欧州中央銀行からの借入金です。外貨借金と同じ。

吉本興業に国費が注入される、令和日本の貧困化

ところで、お笑いの吉本興業に国の出資が入っているみたいです(もちろん税金ではなく国債発行)。人気企業が公金に依存するのは、貧困国だからです。

勝ち組の特権である放送権に近い、漫才師やお笑いタレントまでが収益悪化で上納が不十分なのは、日本がコロナ以前に23年もデフレ不況だからです。

昔はあれほど売れたテレビ業界もボロボロか

道路は穴だらけ、水道は水もれ多発。トンネル天井が崩落したり、原発は爆発して、少年ジャンプは売れなくなる。大学も企業も研究費が減り、ノーベル賞が将来とれそうにない論文数の少なさです。役所は賃金の低い派遣職員だらけ。

企業や大学や放送局や水道を外国の資本へ売り払ったり、ハイテク技術特許を売ったり、おいしい米やイチゴの種子を売ったり、美術館の世界名画を売ったり。国の資産を切り崩して飢えをしのぐ方向へ、日本は向かっています。

吉本以外も全てが危なく、皆が貧困原因に向き合う時です。

何に向き合えばよいのか?

「プライマリーバランスの黒字化目標」という間違った財政規律です。

お金を減らして国民を飢えさせる、間違った財政規律です。

年々お金を刷り足して初めて、経済成長するわけか?

正常な財政規律では、景気を最優先し、通貨発行にしわ寄せします。

間違った財政規律では、入と出を等しくし、景気にしわ寄せします。

んっ、少しわかりにくい
正しい財政規律 : インフレ2パー以上を目標とし、通貨発行額は結果論でよし
誤った財政規律 : 通貨発行額0円を目標とし、景気の良い悪いは結果論でよし
コロナ対策にもいえそう
正しいコロナ対策 : 死ぬ人数を少なくして、何円使おうがOK
誤ったコロナ対策 : 使うお金を少なくして、何人死のうがOK

記事→ プライマリーバランス黒字化目標とは

今の財政規律は、お金を減らして死者を増やす方向です。正しい財政規律はインフレ率2パーセント以上を目指し、政府が円を発行して物を買います。
Photo: by Mehdi Sepehri on Unsplash