お金の発行はおもしろい

お金の発行はおもしろい

ビットコインなど仮想通貨を日本の通貨にできないのはなぜ?

ビットコインなど仮想通貨を世界統一通貨にする案を、各国の政府が全く相手にしないのはなぜか。その理由を知らない人が多いことは、日本の長いデフレ不況と直接的に関係があるのです。
お金の発行はおもしろい

万年筆マネーとは銀行の信用創造:コロナ給付金は誰にも返さない

世界経済への批判として、定期的に出てくるのは、銀行性悪説です。ありもしないお金を生み出すこと自体を、悪行だとみなす思いつきです。その勘違いの根底には、財源論がやはり隠れています。
お金の発行はおもしろい

東京都は休業要請して協力金を出すが、神奈川や千葉はまだ続かず

日本人はお金の仕組みを根本から勘違いし、平成貧困を救えずコロナ不況も救えず、大勢の国民を見殺しにする方向に進んでいます。ルーツは、日本はギリシャのように破綻するという勘違いでした。
お金の発行はおもしろい

コロナ給付は30万円を一部か、10万円を全員か?ドイツと比較する

ドイツの現金給付は多額にみえますが、本当は日本の方が多額を出せる国力が残っていると、まず国民が知らないといけません。一部30万円よりも、全員10万円がよいなどと財源論で考えてはいけません。
お金の発行はおもしろい

税金は捨てるために集めるお金?←ならなぜ再利用するの

国税はインフレ抑止の貨幣削減なので、集めた税金は本来は捨てます。しかし捨てずに再投入しているせいで、何が目的で集めるのかを誤解する人が続出し、その誤解で倒れた国が日本だといえます。
お金の発行はおもしろい

銀行のデリバティブ商品で金融バブルが崩壊するリーマンショック危機

銀行が危ない説のメインは、サブプライムローンなどの金融商品デリバティブが起こす、金融バブルの崩壊だと言われます。が大事な視点は銀行が本業の融資では儲からない世界不況であり、原因は新自由主義経済とグローバリズムです。
お金の発行はおもしろい

日本で打ち出の小づちを振ってお金を生む上限は何円まで?

各国が持つ通貨発行権で、増やせるお金の金額はいくらまでなのか。この課題は、理解した少数と、理解しない多数の対立の構図のまま、どちらのタイプが政治を主導するかで国の明暗が分かれています。当面は中国が明で日本は暗です。
お金の発行はおもしろい

お金の正体は借用証書だと理解するヒントはハンバーガー

お金の実体は借用証であり、使用権を貸与する抽象概念です。日本が経済を傾けたのは、お金の正体を間違ったからです。紙幣と硬貨が美しくデザインされアート価値があり、使い惜しむ気持ちが誤解を広げます。
お金の発行はおもしろい

国会議員はタダでお金を発行する?打ち出の小づちはあった!

政府の打ち出の小づちは、国債発行と日銀当座預金を担保とした財政出動のワンツーです。その犠牲はゼロです。なぜなら通貨発行権と呼ぶ貨幣プリンターがあるから。ところが非常に大勢がその仕組みに先入観を持っています。
お金の発行はおもしろい

お金を生み出す神様はどこの誰?→その辺の銀行でした

日本国を衰退させた原因にも原因があり、銀行の信用創造を知らなかったり、誤解した人があまりに多いからです。マネー・クリエイションと呼ぶ打ち出の小づちは、イギリス金融界が発明したおもしろ現代経済の基本原理で、知ってて損はありません。