コロナ給付は30万円を一部か、10万円を全員か?ドイツと比較する

ドイツの現金給付

EU加盟国ドイツでは、現金給付は何円なのか

ドイツに住む友人から報告がありました。2020年3月22日にイベントや集会は禁止、飲食店や理髪店なども全て閉める命令が出され、都市封鎖の状態になっています。

ドイツ国内では、すでに現金給付も行っています。

ネットで自主申告して、3日後に口座に送金されました。

電子時代ですから速いですね。

金額はいくら?

フリーランスの個人事業者は5000ユーロ(60万円)で、お店を持つ人は9000ユーロ(108万円)です。

これが1回分で、3回配布する予定だとか。

日本では考えられない多額!

ドイツにいる日本人も、少し感心しているようです。

ドイツ人は目的意識がはっきりしています。金額が過剰でなく必要な生活費だと、現実の物価から割り出した額です。

メルケル首相以下上層部が、国民がパニックを起こさない心の支えが、今は現金だと理解しているようです。

お金はユーロか

統一通貨ユーロなら、欧州中央銀行による財政出動です。

日本は、円を自国で自由に刷り足せます。しかしEU各国は統一通貨なので、日本並みの柔軟性はありません。だからEUでは、現金給付が限られると予想されました。

結果は十分な金額だった

欧州中央銀行はEU本部があるベルギーのブリュッセル市でなく、ドイツのフランクフルト市にあります。そこでキーボードを押して、ユーロを発行します。

EUの通貨発行権で、ユーロの貨幣プリンターを使い、追加発行します。

大事なのは、備蓄した金庫から出すお金ではない点です。

どこも何も減っていない?

お金を新しく生んで配るのです。たった今から新造して。

テンキーを指で押して、通帳に書くだけ。

ドイツを上回る現金給付を、日本は出せると知ろう

2020年4月7日に、緊急事態宣言が7都府県に出されました。

日本では厳しい条件で市民が自主申告して、役所に出頭して書類審査を受け合格すれば、一世帯30万円の支給だと報道されました。

貧困層のみが対象で、手続きのハードルも高く、ドイツにはない出し渋りがすごい。

出し渋る理由は、財政の健全化という逆走の思想です。具体的には「プライマリーバランス黒字化目標」というジェノサイド策で、国民を干上がらせる理念があります。

それで批判の声がどっと出て

全く違うのです。

日本が悲惨なのは、政府決定を批判する論客たちの勘違いです。

そっちか?

多いのは、次の批判意見です。

「一部の世帯に30万円なら、全世帯に10万円にしろ」。

大勢に配れば一人分が減る、反比例の計算ですね。総合計が定量の一万円札を、みんなで取り合う計算なのです。これ300年前の発想で、完全な勘違いです。

絵に描いたような財源論

日本人のほとんど全員が、政府が国民に支給するお金は、国民が払った税金をためた金庫からのリターンだと思っています。

お金を、ガソリンと混同しているのです。

限られた資源のつもりか

「国の大切なお金だから」の時点で、国民は何もわかっていません。

「政府のばらまきの原資は税金」の荒唐無稽が、ドイツとの差です。

日本にも貨幣プリンターはあるし

EU本部が、日本政府に相当します。

欧州中央銀行が、日本銀行に相当します。

ユーロではなく、円を新たに追加発行します。

発行してばらまけば、使われた時点で経済成長になります。

発行額が多ければ多いほど、経済大国になります。

ツケとして、国民には商品を増産して市場を大きくする責務が生じます。

最後はどういう意味?

ばらまくと、お金の総量が増えます。すると国民は破れていた下着を買い替えたりしますよね。その時、下着が店で品切れになると値段が上がります。

そうならないよう下着を増産すれば、ばらまくお金が増やせ、経済大国になります。

お金をばらまくと出生率が上がり、全てが好循環します。

日本政府を正しく批判すればどうなる?

「一部ではなく、全世帯に30万円、いや一人30万円にしろ」。

「30万円は焼け石に水だから、60万円は必要だろ」。

「1回でなく、3回はいるだろ」。

それでやっとドイツ並み?

そう言う論客さえ、誰もいませんよね。なぜなら、架空の国庫という、自分たちが払った税金のストックをかばう意識があるからです。

ばらまきはお金の新発行だと知らず、僕らが働いたお金を集めた中から出して、いずれ底をつくと恐れた勘違いの妄想です。

財源論という妄想です。

記事→ 財源論とは

税金を払ってきた人への軽視を恨む、次なる妄想も

テレビで超有名な論客やご意見番たちも、間違った発言をさらに続けています。

そのひとつが「税金を払った者がもらえず、失格なのはひどい」の意見です。

それは優生思想か?

財源論が、格差の差別をあおる典型です。

税金は財源ではないのです。納税はインフレ抑止の通貨削減です。捨てるお金。

しかし納税者は見返りを期待し、ためた中から払い戻して欲しい思いです。自分のお金が貧乏人の手に渡るのが悔しいからです。

実は納税者は金銭で貢献してないわけね

徴税とは、国民の余剰金を廃棄させる命令です。納税時に捨てて、国を支えたのです。

円の価値を維持し、貧富の格差を縮める秩序や治安維持を済ませています。具体的には、円という通貨を世界一信用できるマネーにした支えは、納税者です。

納められた税金は、ありがたく廃棄しています。新発行分を減らし、相殺させて。

国民の感覚は逆か?

政府の正しさは、お金をばらまくことです。なのに、国民は批判します。

政府の間違いは、お金を大切に守ることです。なのに、国民は賛成します。

横綱級のバカは国民だった?

政府を叩きまくって気を吐くカリスマ評論家たちも、あべこべを叩いています。

「無駄をなくせ」と叫んで。

今必要なトンデモな無駄づかいが、国民への現金給付なのだから。

国にとって国民の存在こそが負担だし

財源論の思想だと、生きた人間が金を食う一番の無駄です。

円をデジタル出力して、国民どもへ進呈するのが、政府にとって最大の浪費です。

その無駄づかいを、今やる時です。やれば生命財産が救われ、GDPが上がります。

コロナで日本は何円出すべき?

ドイツと違い、日本はデフレ不況です。ビフォー・コロナの時点で貧困化を極め、経済が冷え切っていました。

消費税10パーセント化で地方の福祉が切り捨てられたと、報道までが言い始めた矢先のコロナだったじゃないですか。生活保護の急増もコロナ前です。

ドイツより物価は低くても、日本国民に余裕はなく、福祉も穴だらけ。

ワーストのワンツーとはいえ日独の差は大きい

ドイツより大きい財政出動が必要で、きりよく一人に年100万円から始めればよい。

100万円なら合計127兆円か

127兆円は正味の通貨発行額です。円を造幣するから、はっきり「お金の発行」であり、つまり国債発行額です。多いほど多く助かり、少ないほど多く死にます。

ちなみに、マスコミが国債発行を敵視するのは、発行したお金を後で返せなくなる妄想のせいです。自分が発行するのに、誰から借りるのやら、妄想がひどい。

政府発表の経済対策費108兆円に、数字が近いが?

先に出ている日本の経済対策費108兆円ですが、うち国債発行は16.8兆だけで、予算の付け替えや民間金融の融資など91兆円も加えて、大きくみせかけています。

後で返すお金も含んだ108兆か?

融資を返せば再び貧困化するから、経済貢献しません。民間のマネー・クリエイションでは、返済時に貨幣が消滅して、GDPが元の数字に下がります。

日本のGDPは540兆円ですが、コロナでもし1割減る危機があるなら、国債を54兆円発行してばらまいてトントンに持って行く計算を、日本以外の国はやっています。

海外はGDPの10から20パーセントを出し、日本は2パーセントです。このケタ違いの出し惜しみは、お金の意味を全く誤解しきっている財源論が原因です。

記事→ 子孫に背負わせる借金1100兆円の重圧で、子孫は地獄か

外国が現金給付できるのは、備蓄金の差や気前の良さだと日本人は誤解しています。実は日本の方が、現金給付が多額にできる強国なのに自滅中。
Photo: by Ansgar Scheffold on Unsplash