コロナ給付は30万円を一部か、10万円を全員か?ドイツと比較する

ドイツの現金給付

EU加盟国ドイツでは、現金給付は何円なのか

ドイツに住む友人から報告がありました。2020年3月22日にイベントや集会は禁止、飲食店や理髪店なども全て閉める命令が出され、都市封鎖の状態になっています。

ドイツ国内では、すでに現金給付も行っています。

ネットで自主申告して、3日後に口座に送金されました。

電子時代ですから速いですね。

金額はいくら?

その人とは違う一般コースを聞くと、フリーランスの個人事業者などは5000ユーロだから60万円ほどです。お店を持つ人は9000ユーロだから、108万円ほどです。

これが1回分で、一人に3回配布する予定だとか。

日本では考えられない多額!

ドイツにいる日本人も、少し感心しているようです。

ドイツ人は目的意識がはっきりしています。金額が過剰でなく必要な生活費だと、現実の物価から割り出した額です。

今世界で何が起きて、国民が何に困っているのかを、メルケル首相以下の上層部が知っているようです。

国民がパニックを起こさない心の支えが、今は現金だと理解していて。

お金はユーロか

統一通貨ユーロなら、欧州中央銀行による財政出動です。

EU(欧州共同体)加盟国は、基本的に統一通貨ユーロを採用するルールです。フランスのフラン、ドイツのマルク、ギリシャのドラクマなどは廃止済みです。

日本は、円を自国で自由に刷り足せます。しかしEU各国は統一通貨なので、日本並みの柔軟性はありません。だからEUでは、現金給付が限られると予想されました。

結果は十分な金額だった

欧州中央銀行はEU本部があるベルギーのブリュッセル市でなく、ドイツのフランクフルト市にあります。そこでキーボードを押して、ユーロを発行します。

EUの通貨発行権で、ユーロの貨幣プリンターを使い、追加発行するだけの話です。

そのデジタル通貨をベルリン、ケルン、ミュンヘンなど各市へ電送し、一般銀行から振り込むコースかは不明です。

なぜかといえば、送金した瞬間に発生するマネー・クリエイションだから。

大事なのは、備蓄した金庫から出すお金ではない点です。

どこも何も減っていない?

お金を新しく生んで配るのです。

たった今新しく。

貨幣発行マシーンで。

テンキーを指で押して。

通帳に書くだけ。

ドイツを上回る現金給付を、日本は出せると知ろう

2020年4月7日に、緊急事態宣言が7都府県に出されました。

日本では厳しい条件で市民が自主申告して、役所に出頭して書類審査を受け合格すれば、一世帯30万円が支給されると報道されました。

貧困層のみが対象で、手続きのハードルも高く、ドイツにはない出し渋りがすごい。

出し渋る理由は、財政の健全化という逆走の思想です。具体的には「プライマリーバランス黒字化目標」というジェノサイド策で、国民を干上がらせる方向の強い信条です。

それで批判の声がどっと出て

全然違うのです。

日本が悲惨なのは、政府決定を批判する論客たちのすさまじい勘違いです。

そっちか?

多いのは、次のような批判意見です。

「一部の世帯に30万円なら、全世帯に10万円にしろ」。

全員に配れば、個々は3分の1に減る考えですよね。これこそまさに財源論なのです。

総額を固定で考えてる?

大勢に配れば一人分が減る、反比例の計算をやらかしています。合計が決まったお札を、みんなで取り合う計算なのです。300年前の発想で、完全な勘違いです。

無から有を生んで造幣することさえ、知らない人ばかり。

お金を今から好きなだけ新発行する時に、取り合いなんてあるわけなくて。理科系の学者じゃなくてもわかりますよね。

絵に描いたような財源論

日本人のほとんど全員が、政府が国民に支給するお金は、国民が払った税金をためた金庫からのリターンだと思っているのです。その金庫を国庫と呼んで。

お金が有限だとする勘違いです。

10万円では誰も助からず、結局国民は飢えたり路頭に迷います。

政府批判の意見の前提が間違っていて、的確に叩けずに、叩き損ねています。

もしかして日本人は全滅?

「国の大切なお金だから」と言い出す時点で、国民は何もわかっていないのです。

「政府のばらまきの原資は税金」という荒唐無稽な思想が、ドイツとの差です。

日本にも貨幣プリンターはあるんだし

EU本部が、日本政府に相当します。

欧州中央銀行が、日本銀行に相当します。

ユーロではなく、円を新たに追加発行します。

発行してばらまけば、使われた時点で経済成長になります。

発行額が多ければ多いほど、経済大国になります。

そのツケとして、国民には商品を増産して市場を大きくする責務が生じます。

最後はどういう意味?

「ばらまかれたお金で、国民は大塚家具でも買え」「売り切れないように、大塚家具らは増産するために国民を雇え」「国民が足りないなら結婚して産め」という意味です。

お金をばらまくと、出生率が上がるのです。

アメリカやドイツはそれか?

国会議員と財務省職員と日本銀行職員でキーボードを押して、必要なだけ円を新発行するだけの話です。紙がないデジタルだし、出せる上限は物理的に存在しません。

出したきゃ、GDPの18倍の1京円でも出せるわけです。もちろん皆が裕福になりすぎて、超インフレになれば大部分を税金として回収します。

そのインフレ率が2から4パーセントという適正範囲なら、そのまま経済成長です。

政府を正しく批判すればどうなる?

「一部ではなく、全世帯に30万円、いや一人30万円にしろ」。

「30万円は焼け石に水だから、60万円は必要だろ」。

「1回でなく、3回はいるだろ」。

それでもドイツ並み?

そう言う論客さえ、誰もいませんよね。なぜなら、ありもしない国庫という、自分たちが払ってきた税金のストックをかばう意識があるからです。

貨幣の新発行だと知らないから、多く出せば底をつくと恐れた、勘違いの妄想です。

財源論という妄想です。

税金を払ってきた人の軽視という、妄想も登場して

テレビで超有名な論客やご意見番たちも、間違った認識の発言をさらに続けています。

そのひとつが、税金を払った者が30万円もらえないのは、ひどいという意見です。もっともらしくても、やはり財源論をこじらせています。

しかも優生思想か?

財源論が、格差の差別をあおっている典型です。

これは納税がインフレ抑止の貨幣削減だと知らないから、自分が納めた税金に未練があるのです。納めた見返りを、権利として優先的に受けたい願望です。

納めた税金が、自分に返らず貧乏人に行ってしまう、その裏切りが悔しいという、妄想で組み上げた不満です。

財源の中に自分が出したキープ分があるとして、払い戻して欲しい思いです。

財源じゃないのにね

税金を払った人たちは、納税した時点で国を支えています。

円の価値を維持し、貧富の格差を縮める秩序や治安維持を済ませています。具体的には、円という通貨を世界一信用できるマネーにした支えは、納税者です。

納められた税金は、ありがたく廃棄しています。消去でなく新発行に混ぜた還流です。

でも、国民は何のこったかわかっておらずチンプンカンプンだから、政府の正しい部分を叩いて、間違った部分に賛成するのです。

たとえば?

正しい部分は、お金をばらまくことです。なのに、国民は批判します。

間違った部分は、お金を大切にすることです。なのに、国民は賛成します。

横綱級のバカは国民だった?

政府を叩きまくって気を吐くカリスマ評論家たちも、あべこべを叩いて日本をもっともっと悪化させているのです。

今も「無駄をなくせ」という人は、まるで殺人鬼を演じています。

正解は「国の無駄をどんどん増やせ、もっと無駄づかいしろ」と言う人です。

今必要なトンデモな無駄づかいこそが、国民への現金給付なのだから。

そこはどういうこと?

政府からみれば、生きた人間たちが最も金を食う無駄なのです。円をデジタル出力して、国民どもへ進呈することが、政府にとって最大の浪費になります。

その無駄づかいを、今やる時です。やればGDPが上がり、生命財産が救われます。

コロナで日本は何円出すべき?

そもそもドイツと違い、日本はデフレ不況です。ビフォー・コロナの時点で貧困化が進んでいて、経済が冷え切っていました。

消費税10パーセント化で地方の福祉が切り捨てられている現状を、報道までが言い始めた矢先のコロナだったじゃないですか。生活保護の激増もそれ。

途上国化して、ドイツより物価は低くても、日本国民に余裕はなく、福祉も穴だらけ。

ワーストのワンツーとはいえ日独の差は大きい

世界でただ一人日本だけは、今起きている貧困は90パーセントが、平成に3度上げた消費税が原因です。10パーセントがコロナが原因です。

ドイツより大きい財政出動も必要です。日本円できりがよいように、一人当たり100万円がよいと考えます。99万円以下だと、サプライズ効果が落ちますから。

100万円なら合計127兆円か

127兆円は正味の貨幣発行額です。円を造幣するから、はっきり「お金の発行」であり、つまり国債発行額です。多いほど多く助かり、少ないほど多く死にます。

ちなみに、マスコミが国債発行を敵視するのは、不勉強で300年前の頭の中だからです。国民への悪意を持った陰謀ではありません。

経済対策費108兆円に数字が近いが?

先に出ている経済対策費108兆円ですが、世界の感覚では108兆円の国債発行です。

住民の命をつなぐのは、真水の国債発行額です。塩水や泥水ではなく。

でも日本では「事業規模」の造語で別物です。108兆のうち国債発行は16.8兆だけで、予算付け替えや民間金融の融資など91兆円を足して、大きくみせかけています。

後で返すお金も含んでいた?

融資は返せば再び貧困化するので、経済貢献しません。民間のマネー・クリエイションでは、返済時に貨幣が消滅して、GDPが下がる原理です。

日本のGDPは540兆円ですが、コロナでもし1割減る危機があるなら、国債を54兆円発行してばらまいてトントンに持って行く計算を、日本以外の国はやっています。

海外はGDPの10から20パーセントを出し、日本は2パーセントと概算できます。この出し惜しみは財源論が原因です。

記事→ 子孫に背負わせる借金1100兆円の重圧で、子孫は地獄か

外国が現金給付できるのは、備蓄金の差や気前の良さだと日本人は誤解しています。実は日本の方が、現金給付が多額にできる強国だと知るべきです。
Photo: by Ansgar Scheffold on Unsplash