お金を生み出す神様はどこの誰?→その辺の銀行でした

銀行の信用創造

銀行のマネー・クリエイションとはお金をどうするの

前に触れた「日本政府は打ち出の小づちを持っている」が、気になる方はいませんか。無料でお金を生むなんて、ただの比喩か、誇張や極論かと疑問も出そうです。

先に結論から言いますが、イギリスの銀行家たちが考案して、昔から世界中で採用されている方式が、「マネー・クリエイション」という制度です。「お金づくり」です。

お金をつくるって?。

誰が?

先に方法から言いますが、誰かが銀行からお金を借りるとします。企業の社長だとか、皆さんでもよいし。これを融資と呼びます。その貸し方がおもしろいのです。

普通の常識だと、物を貸すには在庫が必要ですよね。知人に傘を貸すとか、車を貸すレンタカーとか、本やビデオソフトを貸す図書館とか。必ず物体を貸します。在庫を保管する倉庫などのスペースも広いはずです。家の傘はともかく、建物の敷地面積も大きい。

ところが銀行がお金を貸す時だけは、倉庫がいりません。

電子の時代だから?

電子化は理由とは違います。何と、貸す時にお金を生み出すのです。貸す瞬間にヒョイとお金を発生させます。在庫のお金を融資に回す流用ではなくて。

ヒョイと、お金を生みます。

生むのです。

貸す時に、電子のストックデータを取り寄せもしません。それどころか、銀行の全資産の合計額より多い金額でも貸し出せます。貸し放題です。

このように、お金を新たに生む銀行業務をマネー・クリエイションと呼びます。

注意してください。お金を貸したのに、マネー・レンタルとは呼ばないのです。レンタルではなく、クリエイションです。レントしているのに、レンタルでなくクリエイト。

創造って意味?

クリエイションは創造です。メイクと違い原材料がなかったりして、無から有を生むにふさわしい語です。クリエイティブな仕事といえば、デザインとかアートとか、創造性の付加価値があって高級感がありますね。そのクリエイションです。

創造って、天地創造の神みたいで、すごいですね。お金を生む神様は銀行なのでした。

そんな貨幣発行なので、銀行業界に「万年筆マネー」という語がありました。預金通帳に万年筆で数字を手書きしたからです。

今はキーストロークマネーと言われます。コンピューターのキーボードで、ボタンを押してお金を生み出すからです。

現場ではごく常識なのか

これについて、何とイギリスの銀行が英文で説明書を用意しています。

んっ、なぜ銀行の作業に関して、特別に説明が必要なのでしょうか。

マネー・クリエイションは高度な頭脳の産物

その理由は、人類にマネー・クリエイションを理解している人が、あまりにも少ないからです。誤解は5割や8割ではなく、人類のだいたい99パーセントが誤解しています。だからネットの説明もウソだらけです。

日本の銀行でざっと調べると、銀行員の半分が理解して、半分が誤解していたそうです。

マネー・クリエイションとは、そんな不思議な銀行業務です。毎日やっている人も、意味はわからないという。わからずとも任務は遂行していて。

外部→ イングランド銀行によるマネー・クリエイションの説明(PDF)

そして、いくら説明しても生涯理解に届かない人が意外にいます。アインシュタインの相対性理論や、ポアンカレ仮説でもあるまいし。

理解しない人に、国会に呼ばれた経済評論家やノーベル経済学賞の人も含まれます。そこまで誤解している人だらけだから、色々なところで害が起きています。

実害はあるの?

日本での害は無意味な貧困化です。平成以降の貧困化には必然性がなく、勘違いで起きているのです。日本の貧困化の根底には「国内のお金の量は固定し、出費がオーバーすると破産する」という恐怖症があります。無駄なおびえです。

少子化現象もそれで急進しました。原発の爆発はもっと直接的でした。お金を使えば消えてなくなる動物的な恐怖心で、原発の補強工事を見送り、津波でやられました。

お金の本質を誤解し、ダムの水や米びつの米みたいに、今ある残量の中から、皆で分け合う考えから出られないのです。

貨幣プリンターを知らない!

お金は必要に応じて増やす方式なのに、そうとは知らない人が多すぎます。

それで、政府が何かに補助すれば、別の何かを切り捨てる間違いを犯しています。各分野が同時にお金を必要とする場面で、在庫のお金を互いに奪い合います。予算配分の醜い争いです。

事業仕分けも、総量一定のお金を奪い合う勘違い行動です。

高齢者の介護に補助金を増やせば、引き換えに子育て支援金を減らすとか。子育て支援金も増やせば、大学の研究費補助をカットするとか。つまり共食いです。

全く無駄な争いです。政府の貨幣プリンターでお金を増やすのが正解です。

お金を土地と混同してるとか?

土地と違い、お金は計画的に増減できます。

前に、京都大学のiPS細胞の研究をやめてもらって、浮いたお金を福祉に回す持ちかけがありました。

「iPS細胞の方が大事だろ」と言う助け舟もまた、お金の合計を一定とする勘違いです。

どれかを栄えさせれば、どれかに滅んでもらうのが当然だという、椅子取りゲームやシーソーゲーム感覚で、国の財政を間違っている人が多いわけです。

世界で日本だけが墜落した原因は、銀行の本業がお金を発生させる神様役だと国民が知らない落ち度です。銀行はお金を受け渡す取引所、ぐらいに思ってきた落ち度です。

海外でもマネー・クリエイションは理解の壁

ところが、マネー・クリエイションが理解できないのは、日本だけではありません。少し安心できますね。

世界も同じ誤解でコケています。その結果が世界同時不況です。

日本ほど激しくはコケないのは、日本と違って理解しているわずかの人が権力を持ち、正しく導くからみたいです。ノーベル賞の人を頭から否定して、国を守るのは大変な勇気ですね。人の地位をみて判断する国ではできません。

思想信条と衝突する?

「無から有が生じるのは信じられないし、信じたくもない。理解する気もない」という心理ブレーキがよくみられます。

「貸すなら絶対に元手となる元金があるはず」という信念です。

「ある物は貸せても、ない物は貸せないでしょ」とくる。動物的な本能です。

超有名大学の大教授も、お金を物、物体、物質だと思っています。抽象思考が苦手で。

確かに、無や創造という概念は動物の本能には難解です。手品みたいだから。どこかからお金をパクッて、裏で使い回す転がしのインチキが銀行業務だと邪推するわけです。

パクるならどこから?

パクリを疑う人は、やはりというか銀行預金に目をつけます。

みんなが銀行に預けたお金を裏でこっそり引き出して、別の窓口から融資としてレンタルし、利子で儲けているぞと恨む人が多い。同じ建物内ですし。

マネー・クリエイションは歌みたいなものです。いくら歌っても、歌は体内から枯渇しません。「歌えば減るから」という警告の無意味さは理解できますよね。

ちなみに、マネー・クリエイションは日本の経済用語で「信用創造」という、奇妙な訳語を当てています。本来なら「貨幣創造」なのに「信用創造」。

訳せばお金なのに、なんで信用なの?

俗説のみ存在します。このように呼称がトンデモなせいで、誤解のデパートとなって国が傾いた有名な言葉がありましたね。あれですよ、あれ。

政府の赤字」という言葉です。

政府の赤字は増やせば増やすほど国民が富み減らせば減らすほど国民が多く死んでいくものです。赤字が増えるとおめでたいのに、まずいと思えるトンデモ名詞です。

赤字のイメージ引っかかって、政府の赤字減らしを訴える経済評論家たちが続出します。一般国民も追従しています。日本に根強い政府悪代官説は、赤字なのにお金を使う政府を叩きたい気持ちと合流しています。

本当は逆で、赤字を増やすほど経済成長しています。

単語のせいで、日本国は逆走して経済縮小しています。

別の語に言い換えないの?

政府の赤字」は「国民所得の黒字」です。国内でのやりとりだから当たり前ですが、赤字と聞けば皆さんビビリまくります。

ぜひなくそうと必死になり、それは国民のお金を奪い取って政府に返却して、「マネー・イレース」する行動だから日本沈没へ向かいます。

また出た!、日本沈没状態

イレースは消す意味です。イレーザーは消しゴムや黒板ふきです。『蒼炎の軌跡、暁の女神』もありますけどね。

銀行の役目はお金を生むこと。マネー・クリエイションして貸せば、国内のお金の合計が増えます。預金から貸すのでなく、無から有へと新造します。
Photo: by Roberto Junior on Unsplash