国の無駄を増やせば国民の生命と財産が増える:文化も文明も充実する

国の無駄とは、国民の生命と財産を指している

「国の無駄をなくせ」。

その意味は「国が払う出費を減らせ」「国費を減らせ」。

国づくりを放棄してまで、なぜお金を惜しむ?

大勢が、国費は国民が負担すると勘違いしているからです。

国費を節約すれば、税負担が軽くなる嘘を信じているから。

現実は、無駄な道路をやめたら増税ラッシュになった

当たり前で、税金は会計処理上、間違いなく全て廃棄します。

そもそも、各国の政府は必要な額だけお金を発行します。

無駄が増えると、通貨発行も増え、経済成長します。

無駄を減らすと、通貨発行も減り、経済衰退します。

国はどうやってお金を増やす?

コンピューター操作で数字を追加します。世界標準の決まりごと。

個人は金欠になるが、政府は金欠にならない。 ← 日本人は知らない

国には打ち出の小づちがある。 ← 大勢が昔話の架空の道具のつもり

通貨発行権がある以上は、国の金欠はお芝居です。

そもそも、国は何にお金がかかるの?

人間です。

行政にとって一番コストがかかる対象は、住民の存在である

人が誰もいなければ、川があふれても平気だし、対テロの治安維持もいらない。

そりゃまあ確かに

河川や治安のコストを抑えた額だけ、経済はしぼんでしまいます。衰退する。

つまり「国の無駄を減らせ」は、「人間を減らせ」の意味です。

・ 今、国内に生きている国民は亡くなればよい
・ 将来、新たに国民が生まれてこないで欲しい

二つの願いを結局、平成に実現させてきました。

緊縮財政と消費税増税による通貨削減によって。

お金を減らすと経済成長が止まる

結果がこれ

お金を減らすだけで、人口を減らせるわけ?

緊縮財政をたとえるなら、動物が住むオリの中のエサを、飼い主が減らします。

増税をたとえるなら、動物が手にしたエサをはく奪して廃棄していく。

中の動物は弱っていき、繁殖しなくなり、頭数が減って、絶滅します。

その方向が、なぜ日本の国策?

根拠は財源論です。貨幣のプール論。金本位制、実物貨幣論、商品貨幣論。

有識者の多くが、お金は有限の資源だと誤解しています。石油のイメージ。

使えばなくなるからと、お金の使用をゼロに近づけて残量を守る発想です。

【税金は財源でない】財源論の呪いから日本は出られるのか
財源論とは、貨幣価値の安定目的に回収するお金を、国家予算の準備金と見立てる特殊な宗派のこと。このカルト化で日本経済は縮み貧困化し、国際競争力が衰えて、今ではこんなになっちゃったー。

貨幣のプール論は、ゼロサムゲームの貨幣観です。

・ 国の一万円札が不足しないよう、価値のない人にお金を与えるのをやめる
・ 持続化給付金は風俗系の個人事業者に配らないように、失格扱いにしたい
・ 高齢者や障がい者も含めて、生産性の低い者の安楽死の制度化が望ましい

これらが今の民意の根底にあります。

記事→ 僕は民意に寄り添いました

記事→ 僕も寄り添いました

記事→ あたしも

国の無駄づかいが多いほど、国民の生命と財産が増える

国の出費は、政府が自国通貨を追加発行して投じるのが、国際的な仕様です。

・ 日本政府が1兆円を調達するには、1兆円でなく0円で済む
・ 政府発行の自国通貨は、借入金ではなく、自己資金に相当

1兆円の無駄づかいは名目GDPに加わり、1兆円の経済成長となります(世界の定義)。

国の無駄づかいを「財政支出」と呼びます。多いほど経済大国になる。

無駄かどうかは大事じゃないの?

マクロ経済には関係しません。ここにも皆の誤解は集まっています。

・ 国家経済(マクロ)では政府支出がGDPに加わるから、有用度は関係しない
・ 将来性の有無を見通す予知能力は人類になく、選択と集中だと経済は落ちる
・ 無駄を斬り捨てる意識は、人を斬り捨てる選民思想となり、国の不幸を加速

無用でも有用でも、政府支出の金額が大きいほど、大きく経済成長します。

役立つ道路か、役立たない道路かは、「経済波及効果」の方で大差がつく。

お金を発行する役目の政府にとって、お金の意味は?
政府がお金を発行する目的は「国産の商品を増やす」と「国民を食わせる」の両立

皆さん、お金とくれば儲ける話になりますが、政府はお金を刷る立場なので、お金儲けに走る意味がありません。魔法使いに、がめつい金銭欲や、商売根性はいらない理屈。

民間の「商業の利便性」「自由も愛も買える」でお金を考えたら、国は脱線します。

製品メイクと製品ゲットを、お金でコントロールするのね

国民に商品を生産させて、ほうびのお金を与え、その商品を買わせます。たとえば炊飯器メーカーの社員も、家に炊飯器を持つものです。

国民全体の暮らしを向上させて、国力を上げて治安を安定させる。一部でなく全体を。

公と別に民間市場をつくり、政府支出と市場原理とでGDP(売上の合計=所得の合計)を上げていきます。お金はそのための道具であり、あこがれの宝物にはあたらない。

通貨発行が、国づくりのエネルギー源か

商品とサービスの蓄積が、無形の文化になり、有形の文明になります。

アメリカは超好景気でも、金利を上げるだけで増税しないし

日本以外の国は、景気が悪くなると減税します。通貨廃棄を減らします。

「減税した分、他を増税する」は貨幣のプール論の、誤ったセロサムゲーム思考です。

税は政府の金欲しさでなく、デマンドプル型インフレ率を調節する通貨抹消です。

家庭の主婦が、消費税廃止に大反対するのはなぜ

女性の多くも、お金を使えば石油のように枯渇すると思っています。

なので、税金は財源だと誤解しています。

皆が働いて得た一万円札を差し出して国の金庫を重くしないと、底をついて国が破綻する勘違い。一万円札の残量を気づかい「国の無駄をなくせ」と、あべこべを叫ぶわけ。

・ 政府がお金を使うたびに、お金の総量は増えるのに、減ると思い込んでいる
・ 政府支出がかさむにつれ、我が家のサイフは厚くなるのに、薄くなるつもり

下図の平和的な風景が、主婦が学んだ間違った仕組み

↑ 国民同士のお金の支え合いは真っ赤な嘘

令和の日本は繁華街に立ちんぼ(個人営業の売春婦)が並び、ブラック企業とあおり運転だらけ。詐欺グループに若者が就業し、ネットでは資産家襲撃強盗メンバー募集中。

こうならないよう、犯罪で食っていくのさ

主婦は間違った知識をどこで仕入れた?
マスコミ報道は反日の経済破壊工作だとの陰謀説は本当?
日本がデフレ不況を長く続けている理由は、マスコミが国民に間違った情報を教えるからだと言われます。そこには嘘で国民を扇動する明確な意図はあるのか。あるとすれば何が背後に隠されているのか。
主婦にも理解できる説明が欲しい

主婦はまずこの知識から

集めた消費税を目的外に使ったとか、そんな原理はこの世にない。

徴税は通貨抹消だから、重税なほど国の資金力が縮んで当たり前。

主婦をだましたイメージ図の代表

政府は「通貨発行権」なる打ち出の小づちを振り、追加発行するのが唯一正しい。

子どものこづかい5千円は、子どもの貯金箱から抜いた5千円を渡す発想ではダメ。

主婦連が消費税反対を叫べば、好景気に戻るんじゃ?

日本は問題が山積みでなく、通貨削減ひとつが原因で、悪い結果が山積み状態です。

つまり。

・ 国の経済が上向く唯一の手段は、通貨の増量となる政府の財政支出である
・ 一般国民が唯一、国に絶対に止めて欲しいことが、政府の財政支出である

唯一の正解と、国民が一番嫌うことが一致するから、不幸が続きます。

日本の主婦が心得るべき核心は?

国の話ですよ。我が家ではなくて。家庭でなく、国。

家庭とは違って、国はお金を刷り足しながら支払います。通貨発行が政府の仕事。

飲み会の幹事のように集金したりせず、予算金は全て刷り足します。日本以外は。

・ お金は天然資源でなく、人工物のデジタルチケット。ボタンで無限に増やせる
・ 足りないという珍事は起きるわけがなく、起きたらお芝居、だまされたらだめ
・ 国も家庭と同じだと皆が誤解し、出費を切り詰めたので日本は貧困まっしぐら

記事→ 国の借金も壮大なデマ

国の無駄とは政府支出を指し、無駄な出費が増えるほど経済成長して、国民の所得は増えます。国の無駄をなくせば、文化と文明が消滅していきます。
Photo: by bady abbas on Unsplash