セブンイレブン本部と店長の戦い:本当の原因はこの男だろ!

セブンイレブン店長問題

お客の貧困化で、セブンイレブンも貧困化

セブンイレブンの店長が、悪名高きフランチャイズ方式のむごいルールで、もう長い年月本部に搾取されてきた問題です。

自店の近くに本部の直営店をけしかけられて破産したり、閉店する違約金で抵当の土地を奪い取られたり、自殺する店長もいるあの問題。

本部にとっての金づるが、買いに来るお客でなく、店長だという問題です。

国民の反応は?

「コンビニなんて、どこもブラックばかりでしょ」。

「日本は人が余っているのに、コンビニなんかだけ人手不足だし」。

「でも、いくらひどい契約でも、契約した以上は店長の自己責任だ」。

「いやなら店を閉めるのも自由だし、トンヅラして一件落着じゃね」。

ただ、そもそも本部のセブン&アイ・ホールディングスは、それほど大船に乗って悠々と気楽にやってはいませんから。順風満帆なら、シャープ株式会社でも買えたでしょう。

なぜコンビニの本部も気楽でない?

日本がデフレ不況で、貨幣不足だからです。

貧乏人が多い日本に変化したから、買い物する金額が減っています。だから日本の全ての店が売れ行き不振です。

コンビニ以外は好景気みたいな奇妙な考えはいけませんね。日本の全てが同じ不景気で、売れ行き不振ですよ。売れているのは、売れる方法を指南する情報商材だけ。

店をうまく経営できない情けない社長が多くて、不況になったなんてウソです。因果関係は逆で、不況だから例外的な社長以外は、情けない結果しか出せないわけです。

そして、この不況は一人の決断で起きたのです。

いつどこの誰が、日本の全部の店を売れなくしたのか

1997年4月1日に、時の総理大臣が日本の全ての店を売れなくしました。

どんな思想で?

いわずと知れた緊縮財政ですね。

別名は、プライマリーバランスの黒字化目標です。

具体的には政府財政出動をなるべくやらない誓いです。お金の供給を止めて、今あるお金だけで国民は暮らす意味です。共食い思想です。

エサが減るのだから、人口が削減されます。少子化の急進です。

もうひとつの悪政は消費税の増税です。3パーセントを5パーに上げる逆走です。今あるお金を手っ取り早く減らす近道が増税です。国民の貧困化を急ぐ効用です。増税とは、お金減らしを加速する意味です。

日本人はそれさえ知らなくて、納得しちゃった。

「消費税で福祉をまかなうんだ」なんて、日本人はしっかり勘違いしているしー。その勘違いをベースにして、日本を貧しくする政策が目白押しなんですよ。

誰がそんなひどいことを?

誰の圧力でしょうか。

ロスチャイルドか?

何と、国民です。

自分で首を絞めているだけ?

他国の人は反対をやっているしー。

黙っている国民が悪い?

国民が黙っているせいもありますが、実は国民は国会議員に直訴しているんです。

「政府はもうお金を使うな」。

「無駄を削減しろ」。

政府はその命令どおりにやっています。日本人を皆殺しにする命令どおりに。

皆殺しにしろとは誰も言ってないけど?

言葉は違っても、そういう意味になります。意訳すれば。

動物のオリでエサを減らせば、やがて頭数が減ります。増えるんじゃなくて。

日本人はエサを減らすよう国会議員に訴えたので、政府は国民がエサ不足で餓死するよう取り計らってくれたのです。

アメリカ政府が、アメリカ国民の意思に逆らってまで、アメリカ国民を富ませようと動くのに対して、日本政府は日本国民の意思で動いていることがよくわかります。

国民はなぜ、無駄を削減しろと言うのか

経済の仕組みを誤解しているからです。

「政府が使うお金はあたしたちが納めた税金だ」の、往年のデマを信じているから。

もうひとつあるデマ、陰謀論が次のとおりです。

「政府が使うお金はあたしたちの銀行預金を奪い取り、裏で転用している横流しだ」。

「政府が支出を止めたら、あたしたちは預金を減らさずに済み、お金持ちになる」「お金の動きを止めればみんなが裕福になる」と日本人は思っています。

その思いを政府にぶつけてきたので、30年近くお金の動きが止まり、国民は貧困化し続けているのです。

最大の焦点は何?

それらは全て、国民が「あること」を知らなかったせいです。

「あること」を知っていれば、勘違いしなかったのです。

あることとは?

せーのっ

「打ち出の小づち、貨幣プリンター、通貨発行権でーす」。

各国の政府は、お金を自由に発行できるのです。お金が足りない悩みは狂言です。狂言とは狂った言葉という日本語ではありませんので、念のため。

本当は政府がお金を出すと、円を発行して国民をお金持ちにしているのです。

でも国民は発行なんて知らないから

日本国民は、自分たちがかせいだお金を政府が横取りして、そのお金が政府が出すお金に化けていると邪推し続けて、お金をもう奪わないでと言い続けてきました。

「お願いだから、政府はお金を使わないで」「もうかんべんしてください」。

すると・・・

こんなんなっちゃったー

国民は、なおも誤解を続けています。日本の貧困は台風のせいだとか、夏の終わりが早く涼しくなったせいだとか、暖冬とか、新型コロナウイルスとか、外国の変化だとか、場当たり的に責任転嫁するありさまですよね。

セブンイレブンの本部も、不景気で儲けが少ないのです。原因は、緊縮財政と消費税増税でかんじんのお客さんが貧乏だから。理由は複数はなくて、たった一個だけです。

店内のレイアウトとか、冷蔵庫の温度とか、レジの待ち時間とか関係なし。

入れたてコーヒーや、おでんや肉まんも関係なし。

セブンイレブン本部もまた貨幣プリンターは持たないから、共食いに参加。憎いわけでもない店長から売上金を奪い、共食いにせり勝って、株主にみつぐ悲しい存在です。

いつまでやるわけ?

国民は政府に対して、ジェノサイドの中止をまだ申し入れていませんから。

もっともっと多くの店長が(ピー)するように、国民は政府に申し入れています。

もっと、もっともっと、政府は無駄をなくせと、評論家は叫んでいますよ。

国内の本当の殺し合いはこれから激化しますよん。

(ピー)し合いだって?

皆さん遺書を書いてくださーい。

セブンイレブン本部と店長の戦いは、貨幣不足による内需縮小が原因です。内需縮小は緊縮財政と消費税増税で起き、日本以外は逆をやっています。
Photo: by Drew Willson on Unsplash