世界の景気を動かす事件

世界の景気を動かす事件

ロシア戦闘で悪性のコストプッシュ型インフレ【スタグフレーション】

日本政府と日銀は2パーセントのインフレ率を目指し、金融緩和し失敗しました。ところがコロナに加えロシアウクライナ戦争の資源高騰でインフレ率が1.9パーセントに。報道は説明を大間違い。
世界の景気を動かす事件

日本のコロナ対策は最低か最高か:ゴールデンウィーク大特集

日本のコロナ対策は最低と言われますが、最高とも言えます。その意味は「お金を出せばしまい」を、解決の意味でなく破綻する意味で言うフェイク本を信じた律義さです。夜爪を切るようなお話。
世界の景気を動かす事件

志村けんさんが新型コロナで死去|グローバリズムの曲がり角が迫った

芸能界の大物志村けんさんが新型コロナの感染症で亡くなり、特別なショックが襲っています。オリンピック延期以上の衝撃となり、日本の新自由主義経済とグローバリズムの曲がり角が近づきました。
世界の景気を動かす事件

価格破壊はダイエーと城南電機の安売りの功績→貧困が残った

価格破壊に国民は喜べど、労働賃金も同時に破壊されます。安売り合戦でデフレ不況が進み、国は傾きます。日本以外は資本主義の歪みに気づき始め、日本とは逆にデフレ回避が政争になっています。
世界の景気を動かす事件

格差社会=日本も世界もカネを奪い合う流行はなぜ?

世界同時不況と格差拡大は同じ方向です。格差拡大は人権侵害なのに、なぜ推進されるのか。先進国に起きている国民の分断は何を意味するのでしょう。日本の貧困と斜陽とも関係があるのでしょうか。
世界の景気を動かす事件

新型コロナウイルスと病院の削減:無駄なコストカットで死を

突然始まった新型コロナウイルスで、国の冗長性を試されます。災害が多い日本は国債発行が多く、無駄が冗長性になる国です。保健所や病院を削った平成以降の日本に、国を維持できるか危機が来ます。
世界の景気を動かす事件

イギリスのEU離脱は今日|ブレグジットはなぜ日本で理解されない

イギリスはEUを離脱し、自身が始めたグローバリズムを終わらせます。グローバリズムは民主主義と自治権を壊し、国家を解体する主義です。日本が貧困化している一因も同じグローバリズムです。