世界の景気を動かす事件

世界の景気を動かす事件

日本のコロナ対策は最低か最高か:ゴールデンウィーク大特集

日本のコロナ対策は最低と言われますが、最高とも言えます。その意味は「お金を出せばしまい」を、解決の意味でなく破綻する意味で言うフェイク本を信じた律義さです。夜爪を切るようなお話。
世界の景気を動かす事件

志村けんさんが新型コロナで死去|グローバリズムの曲がり角が迫った

芸能界の大物志村けんさんが新型コロナの感染症で亡くなり、芸能界を前例の少ないショックが襲っています。オリンピックの延期よりも大きい事件として、日本の新自由主義経済とグローバリズムの曲がり角が近づきました。
世界の景気を動かす事件

価格破壊はダイエーと城南電機の安売りの功績→貧困が残った

商品の安売りに国民は喜んでも、労働賃金も同時に破壊されます。価格破壊はデフレ不況を進めて、少しずつ国が傾きます。日本以外は資本主義の歪みに気づき始め、日本とは逆にデフレ回避が政争となっています。
世界の景気を動かす事件

格差社会=日本も世界もカネを奪い合う流行はなぜ?

世界同時不況と格差拡大は、同じ方向です。格差拡大は人権侵害なのに、推進されるのはなぜか。先進国に今起きている国民の分断は何がきっかけでしょう。日本の貧困化と斜陽国化とも関係があるのでしょうか。
世界の景気を動かす事件

新型コロナウイルスと病院の削減:無駄なコストカットで死を

自然災害の銀座日本は国債発行が多くて当然で、あらゆる無駄を冗長性として持つ必要があります。にもかかわらずバブル崩壊の落胆でコストカットに走り、原発含め災害対応の能力が落ちました。次に襲ってきたのは新型コロナウイルスです。
世界の景気を動かす事件

イギリスのEU離脱は今日|ブレグジットはなぜ日本で理解されない

イギリスはEUを離脱し、イギリス自身が始めたグローバリズムを終わらせました。グローバリズムは民主主義と自治権の破壊で、復権は一時代の終わりです。日本で理解されない理由は、日本が貧困化している理由を理解しない理由と同じ。