ブランド米づくり農家を初任給55万円に上げる作戦を考える

日本の米問題

アメリカや中国にくらべて、日本企業の給料が低い理由

政府財政出動で、お金を国民側へ送ると、関係ない民間給与までが上がるお話です。

日米中の、大卒初任給はこうなっています。

・月55万円=アメリカ・中華人民共和国
・月22万円=日本
ふざけた差だ

この差は、新入社員の質でしょうか。アメリカ人や中国人は真面目に働いて、日本人はふざけて働くから生じた差でしょうか。日本人だけ飛びぬけて頭が悪いとか。

実はこの差は、政府の貨幣発行量が大きいのです。

聞けばすぐ納得するけど

アメリカと中国は国内にお金を多く用意しているのです。一人に与えられるお金が多いわけです。そのお金をマネーストックと呼んでいます。国民が持つ金銭類です。

一人当たりのマネーストックが大きいほど、一人が使えるお金が増えて、より大金が市場でくるくる動いて景気がよくなるわけです。

なぜお金のストックが多くあるの?

政府が何かを口実にして貨幣を発行して、国民に送り込んだからです。お金は売買で回転するから、回転する場所により多く置けば、より多く回転します。

過剰なインフレにならない程度に、自国通貨がややだぶつくほど国民に与えているから、インフレ好況を維持できています。

米中の首脳たちは、デフレに落ちれば国が衰退し、外圧にペコペコする弱腰を強いられ、領土を他国に巻き上げられるなど、国難になると知っているのです。

政府が国民にお金を送り込む口実とは?

お金を国民に渡す、その窓口になる産業です。

アメリカなら、IT産業や高速道路や航空宇宙産業に軍事です。工事業者やハイテク企業や武器メーカーにつくらせます。

中国も似て、新幹線やリニアモーターカーや、人民元のキャッシュレスシステムの整備が加わります。ニュータウン建設など都市計画も盛んでした。ゴーストタウンになっても、建設会社を通して国民側へお金を送り込むのに成功です。

古代エジプトのピラミッド方式に似ています。

日本だと絶対ノーと言い出す

日本人なら「税金の無駄づかいだ」「僕らのお金を使わないでくれ」と、全く勘違いしてストップをかけますよね。政府が新発行する追加の円だとは全く気づかず、個人が働いてかせいだお金を政府に奪い取られて、使われていると誤解して。

ゴーストタウンになった建設費とて、幽霊のように消えたりしないで、マネーストックを増やして新型マスクや化粧品や、自動運転車やらの新開発に回るのです。

その新開発する途中で時々失敗したニュースを見て、日本人はただ笑うだけでした。続ければやがて成功して、技術が蓄積するとも想像しないで。

政府による公的事業の出資を、日本も昔からやってきた

実は日本でも円を増刷して、国民がいる側へ送っていました。分野は一般道路です。

国道から市道まで、白線や横断歩道に、ガードレールや信号機や標識、歩道や街路樹など豪華に仕上げてきました。日本の道路は、一部に欠点が残っていればひどく目立つほど、全般にていねいに整備されています。

しかし平成には、白線がかすれて消えた、途上国みたいな道がしだいに増えました。事故多発地帯も放置されがち。事故るかは自己責任だとして。

お金を増刷する正しい財政出動を、1997年から故意に減らしたからです。無駄な道路をつくるから経済悪化したと国民は勘違いして、だから道路整備が全般に削減されました。

緊縮財政と消費税増税ってわけ?

国の無駄づかいと呼ぶ円の追加発行を減らし、しかもマネーストックを回収しました。

国税徴収の機能が余剰金の間引きだとも知らず、自分が納めた税金で国庫が潤って福祉が充実すると、いまだに勘違いしているおめでたい国民です。

現実は逆で、増税で貧困化するにつれ、福祉は奴隷ビジネスと化しています。見るに見かねた若者の有志が、高齢者や障がい者を襲って始末する始末です。

公金を多く出すほど先進国になる?

実は国民は働いた賃金で富むのでなく、働いた生産力につり合わせた造幣で富むのです。大卒初任給55万円と22万円の差です。

日本人がこの思考が苦手なのは、お金の意味を勘違いしているからです。

日本人は二倍働けば、あがりの賃金が二倍になると勘違いしています。そうではなくて、増産が進めば政府がマネーストックに足して、流通する円を拡張するのです。

日本人は通貨発行権を知らず、お金は一定量を奪い合う思想です。実は増やせると知った後でも、増やせば国が破綻すると勘違いして拒否して、貧困と親友になっています。

あげくに日本人が日本人叩きして

こう言う人がよくいます。

「国民は政府に頼らず、自分のことは自分でやろう」。

「国を頼るなんて、給付金乞食かよ」。

ここに根本的な勘違いが二つあります。

勘違いのひとつは?

政府とは、国民が決めた代表者の集まりです。部外のよそ者ではなく、国民の分身でありグルです。「政府を捨てて自立するんだ」は、中二病ですよね。

もうひとつは?

国民皆保険制度や年金も、保険料だけでまかなうと全く足りないから、毎年国債を発行して加えています。

地震や台風や梅雨前線の災害地に自衛隊が行っても、コストはやはり政府のおごりです。助けられた人は代金を支払いませんよね。国民の税金とも違うのです。

だから現に平成時代でさえ、税収は60兆円で、国債発行は90兆円でした。

国を頼るなと言う者も頼ってる?

「僕は国に頼らず自立してる」と胸を張る者は、寝起きする部屋の家賃を親が払っているとも知らずに、生意気を言う子どもみたいですよん。

公共投資で民が潤うには、農業と林業の一次産業が有力

壊れた日本を修復するために公共投資を増やす、その分野を考えます。

たとえば河川の氾濫を食い止める河川改良を、バブルが終わって打ち切った地域が多かったのです。日本中に水害に弱い町がやたら多いまま、事業仕分けで削減されています。

これら平成時代に放棄してきた洪水対策を、もう一度復活させます。

公共工事はいつの時代も、造幣して国民を裕福にするのに適した窓口です。

次世代通信などデジタルインフラは?

次は日本円のキャッシュレス化で、マネーインフラを政府出資のJGPとします。こうすることで、クレジットカードで買い物したら、店側が5パーセント払うデフレ圧をなくします。現行の制度は、景気を捨てた机上の論ですから。

クレジット決済システムは、安定した国営に一本化します。株主がけしかけるたびに手数料が上がるレントシーキングを防いで、誰得な政変の空回りも防ぎます。

コロナで国力低下がクローズアップされたし

新型コロナウイルスの騒動で、食料に危機意識を持った方も多いでしょう。

コロナ自粛で通勤をやめて自宅待機した人は、お好み焼きをつくるなどして、スーパーの小麦粉の棚が長時間空っぽになりました。

小麦はほとんど全てが輸入だから

輸出国がコロナ恐慌を予想して、輸出制限したのです。食料輸出国は立場が強い。

「小麦の次に米が消えれば、メシはどうなるの」と、嫌な予感がした方もいるでしょう。小麦を使うインスタントラーメンは、今も値上がりしたままです。

日本の米の存在はすごく心強かった

平成時代に多い言い方はこれでした。

「外国の米を輸入すれば安いのに、お金をかけて作る日本人は愚かだ」。

「あんな狭い田んぼで、土地が広い外国に勝てるわけなかろう」。

費用対効果が絶対なのが平成だったから

こうしたコストパフォーマンスの損得基準は、食べる立場の気楽な中二病です。

主食を外国に依存すると死に瀕するか、輸出国に頭が上がらない弱みも、コロナが気づかせました。他国依存の悲劇は、典型が拉致事件です。自力で何かが解決不能な負い目が多岐に渡るほど、無理な交換条件を飲まされるものなのです。

日本が長く中国より強国だったのは、日本だけに作れる物が多かったせいです。外国から買えば安上がりだという、コスパ厨の中二病にそそのかされてはだめ。

稲作はやめると復活が難しいらしく

水源と水路のレイアウトがいるし、米に向く土壌に改良する年月が必要で、水田をつぶすと再スタートはまず無理です。

今90歳前後の昭和一桁世代の何割もが、米不足で死の淵を体験していました。戦後の日本映画で最大の喜びの表現で、白米をたくさん炊いてふるまうシーンがありましたね。

縄文時代からの技術もあり、この7年ほどで米の味は急に上がり、人気ブランド米の順位が入れ替わりました。高級コシヒカリは普通となり、モデルチェンジもしました。

その米を公共事業に?

米づくりへの政府出資です。政府が造幣して米農家に出資します。アメリカが基幹産業の自動車を守るために、クライスラー社やGM社に出資したのと似ています。

補助金づけの罪悪視は、財源論の勘違いとわかった今では、高コストでつくる方式で世界最高品質を目指します。

輸入米はどうする?

GATTで米の最低輸入義務(ミニマムアクセス)が決められており、国内に常時米をだぶつかせて、多用途に活用するのがよいでしょう。

アメリカの米も買い続けて、加工食品に使えばよいでしょう。今はデフレ不況だから、アメリカ製品を少ししか買わず、日本の貧困は海外も困らせています。

日本がGATTで発言力が弱くなったのは、緊縮財政と消費税増税で貧困化し、世界から軽視されている面も大きいはずですね。

コロナ騒動で店から小麦が消えたのに、米は足りていたから食料パニックは回避できました。自国生産しない不便と危険が、片鱗を見せた騒動でした。
Photo: westhyhyhy0によるPixabayからの画像