国債発行32兆円ばらまき→政府補正予算の思わぬ危険は何か

インフレターゲット

お金を出さない約束の政府が、やっと32兆円を増やした

2020年5月27日の第2次補正予算案で、国債発行が32兆円増やされました。

ひとつ前の第1次、2020年4月7日のコロナ費用は、真水と呼ぶ国債発行が16.8兆円、正味12兆円か14兆円でした。

それから50日たった今、真水32兆円を追加し、ばらまきを本格化させ始めたのです。

ばらまきで経済を好転させても、将来どういう危険性があるのでしょうか。

みんなの不安はそれ

最大の危険性は、後で税金で返すのだという国民の妄想です。

現時点では国民のほぼ全員が、「国債発行は僕らの税金から出す」と完全に勘違いしています。国会議員に見識がないと、民主主義で国民の思いは採用され、逆走の増税でコロナ恐慌へ引き戻し、貧乏へ戻す作業に入ります。

それ以外の問題は?

間違えて増税しなくても、数字におじけづいた者が打ち止めにして、デフレ貧困化に対して焼け石に水で終わらせる失敗です。

Too Little で終わる失敗です。

十分足りるにはいったい何兆円必要なの?

日本はコロナ以前に、すでに令和恐慌が悪化していた事実を無視できません。

ずいぶん前からこれって逆走がお好きなことで

原因は1997年、2014年、2019年の3度の消費税増税で、国民が手にする貨幣が減ってデフレ不況を深めていたからです。全くの逆走です。

消費税増税で経済が伸びなくなる記録

コロナから復旧すれば、他国はインフレ好況に戻り、日本はデフレ不況に戻ります。

日本だけは、ケガが直っても健康体に戻らず、元の病人に戻る感じ。なので国民は思考が縮み、立ち直る金額規模が頭に浮かびません。

日本がかつての好景気に戻るのに必要な金額は、果たして何兆円でしょうか。

次週をお楽しみにー。

ベーシックインカム規模でも、まだ足りない日本の貧困

日本政府が今も目標とするインフレターゲットは2パーセントです。

今は0パーセントより下がり、マイナスです。2パーセントに上げるのに、何円の貨幣を国民に送り込むかは、実は計算済みです。

ある経済アナリスト会社が、1億2600万人に毎月20万円ずつ12カ月配れば、インフレ率がどう上がるかを示しました。12カ月後に1.8パーセントになると出ています。

1人240万円配っても、政府目標に届かない!?

302兆円でも足りないほど、日本はデフレで貧困化しています。

灼熱の砂漠から救出された遭難者が、缶ジュース一本では足りないのと似て。

今や缶ジュースの節約で、水筒を持参する窮乏生活で、そこから立ち直るだけで政府のばらまきは使い切ってしまいます。マイナスを埋めて終わりで、プラスに届かない。

税込75円のカップラーメンはぜいたく品になり、税込43円の袋入りラーメンより落として、遺伝子組み換え疑惑の税込20円の生めんを、塩水で煮て食べている人も。

そういう人は多いの?

穴があいた靴下、古い扇風機を火災を恐れながら使うとか、うるさい掃除機。畳やふとんがボロだとか。車のタイヤの溝が浅いとか、任意保険に入っていない車も。

23年のデフレの痛手は深く、32兆円のばらまきでは、鉄道模型や高級ソファや天体望遠鏡を買うには至りません。

インフレ率2パーセントは、お金の発行を罪悪視する宗教に帰依した日本人には、夢のまた夢です。ケチでいじけた性格も治らず、若い人が未体験の文明生活レベルですね。

政府のばらまきを、阻止しようとする勢力も現れる

与党が断固反対した国債発行とばらまきへ、与党が門を開いたのは、選挙の支持率回復が言われます。これが唯一の解決策なのに、政争の具になる可能性が高いでしょう。

今度は野党が、ばらまき批判を言い出すとか。市民団体も、政府の無駄づかい批判を再開するかも知れませんし。

「人命第一を盾にして、税金のムダを始めた議員に死刑を!」。

「お金を節約せずに使ってしまう、ぜいたく病の政治屋たち」。

一方でマスコミは「独自の分析」が苦手で、政局話で締めるのが大好きですね。「令和版赤穂浪士討ち入り」なんていう、政界の人間模様に持って行きそうな。

国民は国債発行を悪行だと信じていて

日本国民は妄想の中にいます。

本当は国債発行こそが予算金であり、明治時代以降、政府が国債発行したお金で国費を支払ってきたのに、国民は理解していません。

そのガンコさは何なの?

情報弱者はそういうものです。

情報弱者の最大の特徴は、情報強者だと自覚している点です。

国民は人が働けばお金が生まれると誤解し、それを集めたお金で国を回しているのだと、事実と異なる思い込みを続けています。

「僕たちが働いたお金で、国の台所が成り立つ」という勘違いです。

そうじゃないの?

正しくはこうです。

「僕たちが働いて市場規模がデカくなれば、国は通貨をもっと多く発行できる」。

そういうことか

「貨幣を生むのは政府ではなく、国民の毎日の労働だ」は間違った感覚です。

国の支えは国債です。税金の徴収は、市場にだぶついたお金の回収です。役立っているけれど、使うお金ではなく捨てるお金です。

通貨発行権がある以上は、数理的に国税は財源でなく、余剰貨幣の間引きです。

政府にとって、自分が出したお金を回収した税金は、金目の物ではありません。

税収に目標額があるのも変だってこと?

国税徴収に目標金額を決めた時点で、異常な思想です。

だから変な宗教にみえる?

日本国民が延々と信仰している、三大宗教が次の教えです。

「国の支出は税金でまかなう」が、財源論

「国の支出は新規国債でまかない、購入額を国民が負担する」が、日本財政破綻論

「貨幣発行すれば、ハイパーインフレで円は紙くず」が、ハイパーインフレ厨

これらは近く比較説明します。

日本人の何かがおかしくない?

全てに通じるのは、日本特有の拝金主義です。

お金が神格化し、ゴールドやプラチナやダイアモンドの代用品だと思われています。限りある資源とみなして、見上げて珍重しているのです。

本当は、お金は借用証書を意味するチケットです。プリンターで出せる書類です。お金の正体は、自国政府が必要なだけ刷り足せる金券です。

日本の財政が危機的状況なのはウソ?

財政危機はお芝居です。

円を増減する時に制約はひとつだけ、インフレ率です。商品生産力がものを言います。

今の政府がかかげる2パーセントになるまで、お金を刷り足してばらまけば解決します。

ピンチの日本が世界一有利なのはなぜ?

商品生産力が大きくて供給力が遊んだ日本は、国民の購買力だけが今欠けています。

国民のサイフの厚み以外は、全部あるのが日本です。

世界でも珍しく、財政条件が完ぺきな国が日本なのです。

外部→ 日本国債が最強不滅である説明(なぜか正直な財務省)

完ぺきな国は世界に日本の一国だけ?

実は全部で、7カ国あります。

日本、アメリカ、カナダ、イギリス、スイス、オーストラリア、ニュージーランドです。

G7国とは一致しません。

そして次点に中国がいます。だから8カ国説もあります。

7カ国は自国通貨を自由に発行でき、民間企業の所得を政府が上げ下げできます。

うち6カ国は民間所得を上げる行動をとり、日本は下げる行動をとっています。

わざと民間所得を下げたせいで、こうなったわけですね

記事→ かなり賢い人も抜けられない財源論

記事→ マスコミの陰謀なのか、単に知らないだけか

記事→ 国債発行でペナルティーがあるとする迷信

記事→ ハイパーインフレ厨の「狼が来た!」

現政府は当初否定した国債発行による円のばらまきを、思い切って増やし直しました。次に来る大問題は、給付金を返却させて貧困に戻す勘違いです。
Photo: by engin akyurt on Unsplash