消費税10パーセントで何が起きた:庶民感情はどう変化した

裏口

2020年3月の日本国民は、消費税をどう思っている?

日本人が消費税10パーセントへの増税をどう思っているかは、以前から少し変化したようです。人の本心はネットによく出ます。何しろ匿名なので、脅迫や圧力で言わされることは少ないでしょう。

増税の前は

「消費税は財源づくりのために必要で、増税はやむを得ない」。

増税の後は

「消費税は財源づくりのために必要で、でも上げたのはまずかった」。

必要と思っているのは変化なし?

前も今も通して間違えているのは、「財源づくり」という点です。財源なんてものは国政に存在しませんから。日本に広まっている妄想です。

政府が10兆円使えば、国民はどんな目にあうのか

税金を財源とする意味がないのは、なぜでしょうか。

通貨発行権です。

各国の政府はお金を自由に発行できるからです。券の発行元が、券欲しさに目の色を変えるわけはありません。

別のことにたとえましょう。

芸能人がサイン色紙を世に流す。書いた本人が、他人から奪い取りたくなりません。本人はサインを買い入れて転売しているのではなく、自分が書いているから。

出し放題です。発行元が自分ですから。

一筆書くたびに、誰にも権利料を払いません。自分の直筆の字だから。

出し惜しまないし、枯渇もない。

サインの主が、所持する他人から奪い取る動機がありません。

「皆さん焦らないで、すぐに書きますから」。

そこまでは誰でもわかりそうだが

お金を10兆円発行するのに、何の犠牲を払いません。

何もないところからお金を発行します。発行したお金を国債と呼びます。

その10兆円を担保に日銀当座預金を通して、公共事業の支払いとして国民に渡します。するとGDPが10兆円増えるわけです。当たり前ですが。

国民の所持金は10兆円増えて、リッチになります。誰が何円増えるかはわからないのですが、平均すれば一人あたり7万8千円の所得が増えます。

ところが・・・

人間には邪念があるし、思想信条もあります。

思想は最優先になりやすいのです。我が子の輸血を拒否して死なせるなど。

お金ではどういう思想がある?

10兆円が増えたのではなく、減った解釈が始まります。

正反対?

そう邪推する理由は色々あります。思想は人それぞれです。信教の自由ですね。

邪推する動機のひとつは、リアリズム、写実主義です。

抽象概念を嫌う思考です。

たとえば?

「お金がわいてくるなんて、あり得ない」。

「質量保存の法則や、エネルギー保存の法則で考えればわかる」。

「仮に本当にわいてくるとしても、僕は信じないし、信じたくない」。

「信じないものは、存在しない」。

「存在しないなら、誰かのお金を盗んだってこと」。

「誰かとは、国民しか考えられない」。

「国は僕らのお金を盗ったな、返せ、ドロボー」。

・・・という邪推。

あるある

「政府が10兆円を使えば、どこかが減ったはずだ」「使った分だけ消えた」と解釈する邪念です。

「俺たちの大事な税金10兆円を使って消し去りやがって」と怒るわけです。

邪推は、まだあります。

「将来の子孫に借金を背負わせ、未来世代に払わせる魂胆だな」。

邪推は、さらにもうひとつ。

「俺たちの銀行預金を、裏口からこっそり引き出して使いやがったな」。

真実はどうなの?

本当は10兆円を丸々、国民がもらっています。通貨発行権で10兆円を生んだから。

お金を生んでいます。どこかから持ってきたのではなくて。

この世にある円が10兆円増えた。

宇宙全体で10兆円増えた。

政府は打ち出の小づちを持っています。中央銀行から新たにお金を増刷するのです。

キーボード類をポンポンと押す作業で、データベースに数字を追加します。

そんな簡単?

ところが思想信条とはやっかいなもので、10兆円を丸々奪われたと邪推し始めた人は、暴走がエスカレートします。

政府は悪い人の集まりだと結論ありきで、集団化して暴れまくります。

結局どうなるの?

今の日本になったわけで。

政府は国民をうるさく思い、10兆円の発行をやめます。お金の追加を止めて、国民が手にするお金が減ります。後はテキトーにウソをついておしまい。

そして、ここが大事なところです。

国民が所有するお金、貨幣が減ることを、日本語で貧困化と呼ぶ
知らなんだー、なんちゃってー

「お金が減った、すると貧困化した」。という言い方は日本語になっていません。お金が減った後で貧困化したんじゃなくて、減った瞬間に貧困化していますから。

「お金を減らしてやった」は「貧乏にして差し上げた」の意味です。増税って貧乏にすることですから。「そういう見方も可能なり」ではなくて。

税金は財源ではありません。どの国も、自国のお金だけは出し放題だから。

財源論でいくら考えても、国税の理解は全く不可能

財源論の特徴は、国のお金は「総額が固定」という勘違いです。

イス取りゲームのように、何脚と決まっているのを奪い合います。

増やし減らしができない前提です。通貨発行権を無視した思想だから。

政府はお金を増減する責務があり、しかし国民がそれをやめれと叫ぶからやめた。すると日本は傾いたでござるという、当たり前の話です。

国税は何のためにある?

政府が国民に与えたお金を一部回収して、お金の極端なだぶつきを防いで、お金の価値が下がりすぎる超インフレを防ぐ目的が国税です。

徴税は、だぶついたお金を捨てる手続きです。だぶついていないデフレ時には、徴税は不要です。「凍てつく真冬でもとりあえず冷房はやろう」とは考えないわけです。

国税は捨てるお金だった?

「消費税は財源づくりで必要」は妄想です。国税に財源の機能がないどころか、現代国家には財源の概念さえ実はないのです。

お金を自由に発行できる政府にとって、国民にお金をいくら持たせるかは自由です。アメリカ政府は多めに持たせる方針で、日本政府は持たせない方針です。

どうみてもそうだし

国の方針で裕福度を人為的に操作していることも、日本人は全く知りませんよね。

アメリカの大卒初任給は55万円、日本は22万円という差も、通貨発行量の差です。頭の賢さや行動力や、労働効率の差なわけはありません。

月給55万円の国も、お金を増減するさじ加減で22万円に落とすのも簡単です。貧困化を強めることも、お金を発行する側はキーボード操作でできます。

国民に持たせないための策は何?

緊縮財政と消費税増税で、国民が手にするお金を減らしていきます。

だんだん貧困が進んでいるのは、だんだん減らしているから。

急に減らせば、急に貧困が進みます。

国民は何に気づくべきか?

国内にあるお金はバリアブル(可変式)です。国民自身の意思でお金を増減します。

なのに、お金はリジッド(固定式)だと妄想した総量一定の宗教が、財源論です。

日本人はお金を生む作法を知らず、総量一定だと誤解しています。自分たちが働いて払った税金が、国の予算執行に使われる財源だと誤解しています。
Photo: by 🇨🇭 Claudio Schwarz | @purzlbaum on Unsplash