お菓子の量が減る実質的値上げはインフレなの?デフレなの?

ポテトチップス経済学

ちくわやお菓子や生麺、中味が減る値上げはインフレか

ネット掲示板にポツンと誰かが質問しても、無視されることがあります。大事な話なのに誰も答えない定番が、次の疑問です。

「インフレは物価が上がることですね?」。

「それなら食品の中味が減れば、実質的値上げだからインフレですね?」。

「最近それが多いから、経済はインフレ好況で好景気だと思いますが?」。

答は?

デフレです。不況です。不景気です。

コストプッシュ型インフレ」と呼ぶ値上げの一種で、デフレがひどいと起きます。

「実質的値上げ」以外に「ステルス値上げ」なんて新語もあります。

・インフレ = 物価が上がり続ける現象(好景気になるので理想だが・・・)
・デフレ  = 物価が下がり続ける現象(不景気になるので最悪)

デフレとは、物価が下がり、お金の価値が上がり、お金が貴重になってしまい、使いたくない現象です。

デフレの最大ポイントは、「お金を使いたくない」という消費の低迷です。

物価の数字だけを見ると、相対性という引っかけにやられます。

物価の数字だけみてもだめ?

物価以上に所得が上がる適正インフレと、所得は下がる悪性インフレがあります。

・デマンドプル型インフレ  = 景気拡大する値上げ(給料が大きく上がる)
・コストプッシュ型インフレ = 景気縮小する値上げ(給料が下がりやすい)

平成時代に中味が減った最初は、おそらくちくわでした。98円で5本入りが4本に減り、短めの5本に変わったり。最終的には短めの4本とか。価格は同じで、穴の直径を大きく肉薄につくる細工もあるかも。

ちくわは材料コストが大きい分野らしく、材料を削ればコストカットできます。

スナック菓子も値段が同じまま、80グラムから64グラムなどへ減っています。

令和に入り生麺が減りました。昔からうどんは一袋200グラムが多く、やきそば、ちゃんぽん、和そばは150グラムが多かったのです。それが最近は140グラムに減っています。1袋の単位で食べることが多いから、国民は今後やせて体力も落ちます。

メーカーの苦しい決断?

生麺が140グラムに減った原因は、消費税増税10パーセント化です。

増税で製麺工場の従業員の生活費は上がります。軽減税率8パーの食品とて、出荷価格を108分の110倍より低いにせよ上げるはめになります。しかし上げない工場も多かった。

デフレ下での狂気の増税に対して、出荷価格に転嫁できず内部で吸収しました。物が売れないデフレが強まるのだから、据え置きにしないと客離れする恐れがあるから。

ちなみに、狂気なのに国民が黙って従うのは、税金は財源だと壮大に勘違いしているからです。知識がないと、突っ込みの一言も出せません。

増税すれば物価は上がるのだし

消費税増税で店頭価格はおおむね上がり、インフレと呼ぶ現象は必ず起きます。それさえ知らない人が多いし。「増税で晴れてインフレ達成」はブラックジョークですよね。

大局をみるべき?

このような実質的値上げは、インフレ好況の1960年代にも起きました。上げ底食品がやたら増えました。袋や箱の底に大きい詰め物を入れて、かさあげするなど。

それに対抗して、消費者センターのような非営利団体が各地に生まれ、詐欺的な商品への批判が始まったのです。空洞が多いアンパンなどは日本で嫌われます。

それだと品質まで落ちているわけで

そこです。実質的値上げは、材料をニセモノに取り替えたりも併用され、粗悪品や欠陥品や危険物が増えるのが常です。平成に起きた「産地偽装ブーム」もそれでした。

カレー専門店がISO14001に従い、古い豚肉を廃棄物処理業へ出すと、処理業者が弁当の会社へ横流しして、トンカツ弁当に転用された事件もそれでした。

業者にすれば、従業員を解雇するまいと必死です。

不景気なのに値が上がる仕組みは?

デフレがますます重症化しているのです。直接の原因は消費税増税です。

デマンドプル型インフレは好景気です。よく売れて品不足になり強気価格をつけるのが、全国民が幸福になるインフレです。所得も上がり好況に向かいます。

それに対して近年の実質的値上げは、物の数が売れない業績悪化のカバーです。売れ数が少ないから、一個を高くしないと採算割れするわけです。

量産効果、スケールメリットが消えるほどのひどい不景気であり、コスト下げ競争で資本主義が崩壊した、典型的なデフレ貧困化です。

日本はデフレがひどすぎるからこそ、インフレだと勘違いする人が多いわけです。

インフレとデフレは、本当はどちらが怖い現象なのか

世間にはインフレは怖いという声が強く、これもよくあるデマです。

適正インフレは理想で、過剰インフレは確かに問題です。

しかし過剰インフレで人は飢えません。自殺や過労死や無理心中や餓死が起きないタイプの経済不調です。何しろ金余り現象の、金満の行きすぎが過剰インフレですから。

過剰インフレは、適正インフレの後に来ます。幸福な気分が続いているから、ブラックではないわけで。

お金の価値が下がっても、意気消沈した放置は起きないし。活発な中で解決されます。

適正インフレと過剰インフレの違いを、皆知らないし

それに対してデフレは金欠だから、飢えて死者が増えていくのが特徴です。金欠だから解決するお金もなく。家の中で餓死した遺体の発見が、平成半ばから増えました。

デフレは土砂くずれに似て、良い面というのがないのです。

この違いを知らないと、インフレを恐れてデフレで亡くなる不合理が起きます。お湯はやけどが一番怖いんだよと言いながら、凍傷の足を氷で冷やして切断する失敗です。

デフレだと生命が失われやすい?

インフレは経済膨張ですが、デフレは経済縮小です。デフレは要するに恐慌で飢饉です。世界史に出てきますね。

キキンの後には、暴動や紛争や戦争が起きます。日本史の「何とかの乱」もそうでしょ。直前に飢饉がありました。生存が脅かされると、人はカッとなります。

デフレが進むと、誰でもいいから殺したい気持ちが集団伝染します。日本でもそのうち、「ガソリンも危険だから規制しろ」なんて販売制限でもやりかねません。

世界で日本人だけがインフレ恐怖症らしいから

お金を増やすと大変なことになるから、みんなが飢え死にする方がましだ、犠牲者を増やしてよいからインフレにさせるなと、奇妙な論法が日本で大手を振るっています。

デフレの今、インフレを心配するのは奇行の一種でしょう。

冷え切った部屋で凍えながら、「暖房したら、あたり一帯焼け野原になるー」。

インフレの行きすぎはどう止める?

所得税をちびちび増税します。これ意外にも、ごく新しい発見です。

最も恐ろしい経済現象、デフレスパイラルは今その最中

1990年代から、デフレスパイラルの語をよく聞きます。

デフレスパイラルは、ネガティブスパイラルの典型です。

・ 所得が下がると、物価を下げざるを得ない
・ 物価が下がると、所得を下げざるを得ない

二つが延々とループします。今の日本がこれです。

国民は、際限のない価格破壊は悪なのに、良いことだと誤認してきました。

テレビで安売りを歓迎したし

1990年代半ばから、価格破壊バンザイと特集番組で叫び続けましたね。物価はもっと下がれ、どこまでも下がれと。ゼロを目指せと。出費が減れば暮らしやすくなり、世は天国じゃ、楽園になるのじゃと。

支払いが少なくて済むから、お金が減らない、理想の社会だ、バンザーイと。

下がった今がこの斜陽国?

安売りしたら、作った人も、売った人も、儲かりません。

この連鎖で、日本列島の店や製造業の売り上げは小さくなります。一人一人に入って来るお金が減っていきます。所得減です。低所得の別名が貧困ですから。

売る側は死んでしまう?

見落としがちですが、店員や製造業者たちは買い物客と同一人物ですよ。別世界に住む、知らない別の集団ではなく。

買う人と売る人は、同じ顔ぶれなんです。

バラ色の報道はそれを黙っていた?

別に悪意はなく、単に買う立場だけを考えたのでしょう。

安売りブームでお互いに相手の商品を買わなくなれば、価格破壊が進み、やがて安くても買えなくなります。前の半額に下がっても、高いなあと言い出して。

この連続で社会全体がデフレスパイラルとなり、いくらでも全員が貧乏に落ちます。最終的には全員が短い命になる理屈です。

やがて外国の目に、日本の何もかもがバーゲン価格に映り、買いあさられます。生産技術や特許や国土までも、国外へ流出します。お家芸も奪われます。

デフレ下の勝ち組たちは安泰なのか?

貧困は底辺層だと考えますね。それが素人の浅はかさで、強い立場のテレビ放送も貧困化しています。

最近、ネット記事をネタにしたトーク番組が増えていますよね。あれはネットによい情報があるから使おうぜという、楽する道ではありません。

放送局の台所が苦しいから、出張と取材を減らしたのです。手抜きの番組が増えたのは、勝ち残って支配する業界も、ひそかに貧困化しているからです。

そういえばスタジオも地味だし

テレビプロデューサーだって、資金があれば独自取材したいに決まっています。

中身を減らしたお菓子みたいな番組が、自分の実力だと思われたくないはず。

日本の格差社会は、富裕者全体で百万得て、貧困者全体で百万失う関係ではありません。富裕者が十万失い、貧困者が百万失うような、トータルが大幅マイナスの現象です。

勝ち誇る富裕者さえ、インフレ好況下にくらべると貧困化しています。

記事→ 国税とは何か

記事→ 消費税とは何か

お菓子の値段が変わらず量が減る実質的値上げは、デフレが続くとよく起きます。流れ全体を見ずに値段にこだわると、インフレ達成だと錯覚します。
Photo: 10015389によるPixabayからの画像