好景気は明るく楽しい

好景気は明るく楽しい

ハイパーインフレって何:バブル時代の日本はどんな好景気?

バブル時代。国民の大半がゴルフ、スキー、テニスのどれかに加わり、お金を使うために明るく楽しく笑いが絶えなかった時代。その頃は景気が異常に過熱して、ハイパーインフレだったのでしょうか。
好景気は明るく楽しい

戦後の高度成長はバブルよりも好景気で夢あふれ

東京五輪後の1960年代の高度成長は、政府が国民の所得を倍に上げると宣言し、そうなる政策をとりました。世界の基本対策は、政府財政出動と減税です。そのセオリーに沿い、地域文化にも目を向けた意図的な好景気でした。
好景気は明るく楽しい

バブル時代の好景気では人の価値は高く幸せな期間だった

バブル時代はバラ色の時代だったのに、悪く言う人が多い。バブル後が平成デフレ不況という順序なので、バブル犯人説があるのです。本当はバブルの後処理をミスして、突然日本解体へと逆走した人災です。二つの人災が国の無駄削減と消費税増税です。