税金は誤解のデパート

日本を無税国家にする前に所得税と法人税と消費税のどれがじゃまなの

貨幣を発行すれば済む国家財政の仕組みを国民が信じない理由に、無税国がまれである現実があります。お金が生めたら、税金はいらんじゃんと。話をどうにでもつなげたこの逆立ちした論理を、順を追って考えてみます。
実は日本に財政危機はない

財源論の呪いにやられた日本の天才エリートに喝!庶民は貧困に勝つ?

財源論とは、本来は貨幣価値の安定目的に回収するマネーを、国家予算の準備金と見立てる特殊な宗派のこと。そのカルト化によって日本は貧困化が進み、国際競争力が衰えて、今ではこんなになっちゃったー。
経済学は今も中身が古いまま

国債発行で金利が乱れる経済専門家の警告は平成破綻するする詐欺

経済学の教科書や授業が間違いだらけな理由は、現代のお金の存在自体が抽象化しているからです。これは具象画はわかるが抽象画はわからない現象と共通した、人類が脳内で解析できる範囲の境界まで経済メカニズムが広がるからです。
これを貧困化という

料亭の使い回しと鳥インフルエンザの無駄な没落も日本の貧困化

緊縮財政と消費税増税が生んだ日本の貧困化は、庶民だけの所得減でなく、有力企業も所得減に陥っています。大きい会社が意外に不正事件や、合法のサービス低下に陥っているのは、モラルの崩壊なのではなく、単純にマネーの削減がまねいた日本の斜陽です。
税金は誤解のデパート

死刑囚の執行が延期されると税金の無駄づかいで国民には負担増か

死刑囚がいつまでも執行されない、あるいは長い懲役刑も、税金の無駄づかいと言われます。そう思っている人がたいへんに多いので、日本は外圧ではなく、自滅で傾いていると判定できます。
金回りをよくする方法

障がい者支援と土建行政に血税を奪われる不満と恐怖は財源論が根拠

障がい者への支援は、地震の復興と似ています。単に税金の負担増とマイナスでみるのが財源論です。倫理や道徳の人権問題で救済する話になっています。それは違います。国家財政の本質に照らせば、円を発行して国力を上げるのに好適な買い物なのです。
日本病の正体はこれだ

ドイツ、スイス、スウェーデン、北欧の福祉国を目指す自己責任国日本

日本の消費税率をできるだけ上げたい目的意識に、福祉が行き届いた北欧国の模倣があります。しかし自己責任論を思想信条として、共食いで同志の死滅を願う日本のトレンドに、かみ合うかはあなたしだいです。
金回りをよくする方法

小惑星探査機はやぶさやアポロとルナの月面着陸は税金の無駄づかいか

宇宙探査や開発は税金の無駄づかいだと言われます。実は180度逆で、宇宙開発によってデフレ不況はなくなります。ならばなぜ元々の大国しか宇宙開発を目指さないかは、ロケットを飛ばせる腕を持つ資源と人材がない悪循環です。
これを貧困化という

本や雑誌が売れない原因分析が常に的を外してフェイク情報になる

21世紀に日本の雑誌は次々休刊しました。雑誌社が読者の関心と合わない企画力不足の分析は、一種のフェイク情報です。買うお金がなければ誰も買わないわけで、日本に起きている貧困化がない前提で語る評論は無意味です。
金回りをよくする方法

政府財政出動、バラマキ、財政健全化の三つで、悪魔はどれか

デフレ不況時の正攻法である政府財政出動を、誰が妨害するのか。やり始めた総理大臣が複数いたのに、国民が評価せずお払い箱にした過去がありました。国際機関や外国政府が日本をつぶす陰謀以前に、国民が日本つぶしを続けてきた現実があります。
景気悪化は陰謀のせいか

ユダヤ系国際金融が日本をつぶそうとしている陰謀論は本当なの?

令和時代の日本は緊縮財政と消費税増税で起きた平成デフレ不況を続けています。それは日本の意思ではなく、闇組織が強要しているとの陰謀説がいくつもあります。自滅の道を日本人が選ぶ異常ぶりが不自然だからで、陰謀は本当なのか検証してみると。
景気悪化は陰謀のせいか

マスコミ報道は日本をつぶす目的だとの陰謀説は本当なの?

日本がデフレ不況を長く続けている理由は、マスコミが国民に間違った情報を教えるからだと言われます。そこには嘘で国民を扇動する明確な意図はあるのか。あるとすれば何が背後に隠されているのか。
日本病の正体はこれだ

経済の話題に日本人が触れたくない理由はお金の怖さか汚さか

日本人に経済に関わりたくない意識があります。だから国家経済に関するネットコンテンツにアクセスが非常に少ないのです。原因は何かはっきりしませんが、関心がないせいで悪い結果を招いています。関心がある人とない人で結論が逆になる現象がそれです。
日本病の正体はこれだ

国民が国からはお金をもらっていないと誤解している構造とは

日本経済を悪化させて国を倒す方向へ体重をかけてきている者は誰なのか。国会議員が最も怪しいのですが、実際には議員を叱りつける国民がいるのです。貧困化を解消する方向へ動くと、それによって貧困から抜けられる国民が、反対する恐ろしいやりとりが存在します。
金回りをよくする方法

就職氷河期以後も若者が社会から搾取され続ける将来不安

就職氷河期とはバブル後の1995年以降のリクルートで、高学歴でも就職できずにフリーターやニート化した者が多い社会問題です。業務の基礎訓練からもれて家族も持てません。本気の解決を誰も思わないのは、25年経てもデフレ不況がまだまだ続いているからです。
お金の発行はおもしろい

日本で打ち出の小づちを振って貨幣発行する上限は何円まで?

各国が持つ通貨発行権で、増やせるお金の金額はいくらまでなのか。この課題は、理解した少数と、理解しない多数の対立の構図のまま、どちらのタイプが政治を主導するかで国の明暗が分かれています。当面は中国が明で日本は暗です。
これを貧困化という

マツコ・デラックス「もうみんな限界」の意味はこういうことだった

マツコ・デラックス「もうみんな限界」は平成デフレ不況下での国民のギスギスを表し、その正体は哺乳類としての共食い現象です。他人を倒さないと自分が生きられない状態が、少しずつ深まっていることを憂いた言葉です。
これを貧困化という

シェアハウスでは物余りの飽食時代に若者がこれを求めた!

シェアハウスの流行はフェイク報道の典型で、若者が社会的な共同生活を求め、他人との絆を深めようとした新たな思想だとの作り話が広められました。東日本大震災の頃の流行で、日本の貧困化を隠して言い換える表現が増えた頃です。
金回りをよくする方法

経済効果って何?日本ではちゃんと活用しているの?

日本の民間に残る伸びしろのひとつは、経済効果への消極性です。誰かが新たな商売を始めた時、商売を汚いと思う心が、不景気を助長しているのです。商売を楽しむ気持ちになれば、マクロ経済を多少でも押し上げる力になるのです。
日本病の正体はこれだ

有力企業ユニクロの会長が日本経済の診断を誤るのはなぜ

日本の経済悪化に対して、原因や改善を指南する企業人がいます。その発言内容はひどい間違いだらけで、日本をもっと経済悪化する提言が並んでいます。良心的なアドバイスがなぜ病状を悪化させる方角なのか。
お金の発行はおもしろい

お金の正体は借用証だと理解するヒントはハンバーガー

お金の実体は借用証であり、使用権を貸与する抽象概念です。日本が経済を傾けた敗因の理解に、お金の正体は大事な役目です。お金を使い惜しむ気持ちには、美しくデザインされているせいでアートの価値を感じる失敗があります。
日本病の正体はこれだ

日本に起きた経済悪化を一人の人間にたとえると簡単すぎ

日本経済が傾いた理由の経済学的説明は、99パーセントが間違っています。なぜ間違うのか。それは経済学が間違っているからで、実は内情は科学より哲学や宗教に近い傾向が強いことと関係します。クラウディングアウトもその一例です。
税金は誤解のデパート

税金ドロボーと言われるよりも言う方が恥ずかしい?

税金泥棒は間違った概念で、本来は貨幣価値の安定目的の国税を、国家予算の財源だと誤認することで派生する、被害妄想の一種です。この誤認で破産した国がギリシャであり、そうだと全然知らない人も多いのです。
好景気と不景気はどう違う

お菓子の量が減る実質的値上げはインフレなの?デフレなの?

お菓子の値段が同じで、量が減る実質的値上げ。物価上昇だからインフレか、それともデフレか。見分け方は値段だけを見ないで、主婦の目線になればよいだけです。
日本病の正体はこれだ

ネットと景気の関係が日本でのみ理解しにくい謎を解く

日本にとっては、パソコン時代と不況時代と21世紀という三つの時間帯は、重なって一致します。そのため不況はネットのせいで起きたという、因果関係のこじつけ解釈が多い。この責任転嫁で、未来を投げる心理が起きやすいのです。
これを貧困化という

キャンピングカーの旅行と原価厨のコスパと付加価値

キャンピングカーは非常に無駄の多いハイコストの趣味です。それが非常に不合理に思えて、批判したくなる気持ちが不景気の証しです。無駄が目に余るうちは、日本国民はビンボーです。
これを貧困化という

コンビニの24時間営業をやめる原因は当然あれでしょ

コンビニの24時間運営をやめて夜消灯する案が出てきます。なぜ出てくるかはデフレ不況だから。物が売れないから人件費や電気代が払えなくなってきた貧困化で、経済のデフレスパイラルが悪循環しています。
実は日本に財政危機はない

日本の借金1100兆円が嘘と知られるまでが長かった

日本の借金1100兆円がデマと知られるまでが長かった謎と、お金を物体の価値ではないと説明しにくい、固定観念の堅固さについて、一般の生活者の視点で解明してみると。
これを貧困化という

相模原障害者施設殺傷事件は自己責任論プラスあれ

相模原19人刺殺事件は、日本の財政破綻が近いとのデマを信じる元施設職員が、人減らしを買って出て日本人の負担軽減を目指した、ヒーロー願望事件でした。根底に税を払わない者は国の負担との財源論があり、信じる国民が背中を押したかたちです。
税金は誤解のデパート

消費税を減税する話に国民が喜ばないのはなぜ?

消費税増税に反対する意見に多いのは、消費税は大事なんだけど、今は生活が苦しいから延期して欲しいというもの。苦難の原因は増税だから、循環論が堂々巡りするのです。消費税を国家予算だと間違った思想のせいで、どこまでも歯車が狂う日本人の姿です。
日本病の正体はこれだ

国の無駄づかいを減らすほど貧困になるすっきりした理由

お金を使えば減るから節約せよ、が日本の貧困化の直接原因です。現に国の無駄を努めてなくして以来、逆に貧困化し国際的な地位が落ちました。無駄が目に余る個人感情が多く集まって、日本人の未来を失わせる奇妙なメンタルビンボーが生じています。
これを貧困化という

日本企業が外国に買われて喜ぶのはおかしくない?

生活水準低下など軽度の貧困化でも、日本は大きく傾きます。倒産したり外資による企業買収もそう。技術や製造法や特許や人材が根こそぎ海外に奪われます。それが新たな原因となり、さらに貧困化します。国際化した時代を喜ぶのは悪い風潮です。
お金の発行はおもしろい

国会議員はタダでお金を発行する?それって打ち出の小づち?

政府の打ち出の小づちである貨幣プリンターは、具体的には国債発行と日銀当座預金から繰り出す、財政出動のワンツーです。それに伴う犠牲はゼロです。なぜなら通貨発行権と呼ぶ貨幣プリンターがあるから。ところが非常に大勢がどうしても理解できません。
お金の発行はおもしろい

お金を生み出す神様はどこの誰?→その辺の銀行でした

日本国を衰退させた原因にも原因があり、銀行の信用創造を知らなかったり、誤解した人があまりに多いからです。マネー・クリエイションと呼ぶ打ち出の小づちは、イギリス金融界が発明したおもしろ現代経済の基本原理で、知ってて損はありません。
これを貧困化という

若者の車離れの理由をこじつけすぎ本当の原因はあれでしょ

若者の車離れという言い方は意味不明で、国民の大半が車のグレードを下げる時代が長いのです。だから軽自動車ブームなわけ。原因は緊縮財政と消費税増税による平成デフレ不況で、故意に経済縮小させる間違い政策で、内需がしぼんだ片鱗です。
これを貧困化という

少子化で不況になったのはウソで本当は順序が逆だった

日本の少子化の分析は、ウソと俗説だらけ。最も多いウソは若者の草食化が原因で、物が売れなくなったというあべこべの因果関係です。ところ実は一理あるのです。先進文明国の人間は、所得が多いほど性格が肉食化するからです。所得が減り若者は仮死状態です。
税金は誤解のデパート

消費税は福祉はウソ!実は超インフレを防ぐため?

消費税は本来はバブル金満と爆買いを制限する目的です。それを財源とみる勘違いで日本は貧困化しました。しかも上級国民が国民の誤解を悪用する時代になりました。誰から税金を取るかを変更すると、人の幸不幸も好きに変更できます。
税金は誤解のデパート

国税は財源はウソで、本当はお金の価値を保つ目的?

国の税金を国家予算の財源だと誤解したせいで、日本は必然性もなく無意味に貧困化しています。しかし単なる集団勘違いでは済まず、ウソの財源論をあえて広めたくなる困った立場もあるのです。国家予算の財源だとウソをつく心理面を考えます。
好景気は明るく楽しい

戦後の高度成長はバブルよりも好景気で夢あふれ

東京五輪後の1960年代の高度成長は、政府が国民の所得を倍に上げると宣言し、そうなる政策をとりました。世界の基本対策は、政府財政出動と減税です。そのセオリーに沿い、地域文化にも目を向けた意図的な好景気でした。
好景気は明るく楽しい

バブル時代は好景気で人の価値が高く幸せだった?

バブル時代はバラ色の時代だったのに、悪く言う人が多い。バブル後が平成デフレ不況という順序なので、バブル犯人説があるのです。本当はバブルの後処理をミスして、突然日本解体へと逆走した人災です。二つの人災が国の無駄削減と消費税増税です。
実は日本に財政危機はない

みんなの家庭と政府は何が違う?貨幣プリンターって何?

家庭の台所の会計と、政府財政の会計の違いは、政府に打ち出の小づちがある点です。家計と国家財政を混同する間違い発言が後を絶たないのは、通貨発行権が秘密に包まれているから。銀行の役割を知れば、なーんだという話。
実は日本に財政危機はない

国民は政府から年に何円のお金をもらっているのか

日本国のGDPは540兆円。日本政府が国内に出した財政出費は240兆円。国の無駄づかいとは何でしょう。GDPの半分近くは政府が出した国の出費です。まずこの現実を知り、国の出費削減で日本沈没した平成時代を考えましょう。
日本病の正体はこれだ

日本の問題は山積みでなく実は一個だけだって?

日本は多くの問題が山積みなのではなく、ひとつの大問題が多くの問題を引き起こしています。諸悪の根源がデフレ不況です。インフレは好況になり、デフレは不況になります。主婦の友と福島第1原発は同じ原因で倒れました。
好景気と不景気はどう違う

今は好景気か不景気かどっち? 2019年末の日本はどうなる

景気が良いか悪いかの違いは気分的なものかと思えば、実はそうなのです。景気の判断は、普通の女性が一番正確に言い当てられるので、ウソを広める対抗者が情報戦を仕掛けてきます。景気は気のもので、節約、節減、倹約、削減ブームは不景気の証明です。